また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 486861 全員に公開 沢登り丹沢

水無川水系 源次郎沢(沢登り講習)

日程 2014年07月30日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢
・15台程度駐車可
・トイレあり
・登山届ポスト秦野警察臨時派出所(普段は閉鎖)横にあるが
 今季中に撤廃予定(戸川林道が崩壊すれば回収不可になるため)
 ※撤廃後は大倉バス停、山岳スポーツセンター、渋沢駅北口、秦野駅北口に
  提出してください。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■沢登り講習(マウントファーム登山学校)
 http://mt-farm.info/

 対象:沢登り初心者〜初級者
 集合:小田急線渋沢駅南口ロータリー8:00
 受講費:¥9,000 + 交通費
 お問合せ・申込先 [email protected]

 滝登りが楽しめる初級者定番の沢です。

■水無川水系 源次郎沢

 遡行グレード:1級〜1級上
 クライミンググレード:卦蕁棔淵襦璽箸砲茲雖元蕁檗
過去天気図(気象庁) 2014年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ クイックドロー スリング ロープスリング セルフビレイランヤード ハンマーバイル ナイフブレード 渓流シューズ トポ ルート図

写真

源次郎沢下部
2014年07月30日 10:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎沢下部
2条10m滝
流芯左のカンテをクライミングする(卦蕁
2014年07月30日 11:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条10m滝
流芯左のカンテをクライミングする(卦蕁
左壁を登る(卦蕁棔
2014年07月30日 12:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左壁を登る(卦蕁棔
F6の終了点
2014年07月30日 12:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F6の終了点
F6を登ってくるKMさん
2014年07月30日 12:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F6を登ってくるKMさん
1
F8はほぼ看板のみ
2014年07月30日 13:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F8はほぼ看板のみ
1
F9チムニー滝
中央を登りCS右側から越える(卦蕁
2014年07月30日 13:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F9チムニー滝
中央を登りCS右側から越える(卦蕁
F9登るKMさん
2014年07月30日 14:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F9登るKMさん
1
F10−CS10mは右も左壁も登れる(検檗銑掘棔砲、今回は左側から高巻き練習とする
2014年07月30日 14:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F10−CS10mは右も左壁も登れる(検檗銑掘棔砲、今回は左側から高巻き練習とする
1
おやおや咲いていましたか
2014年07月30日 14:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやおや咲いていましたか
1
最後はスズタケ帯を登る
2014年07月30日 15:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はスズタケ帯を登る
花立山荘に出る
2014年07月30日 15:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘に出る
大倉尾根から天神尾根を下降した
2014年07月30日 16:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根から天神尾根を下降した
1

感想/記録
by kamog

沢2回目(1回目は葛葉川本谷)の受講者さんと源次郎沢。
前回は時間の都合上途中まででしたが今回は頑張って最後まで詰めました。
少しずつ不安定な沢歩きとクライミング、地図読みにも慣れてきた印象でした。
沢は様々な登山の技術や文化が含まれていますので
今後も一歩ずつ頑張ってください。

今日の源次郎沢はここのところ降雨があまりないためか
普段よりも水量少な目。
そのせか、暑さのせいか、ヒルちゃん1匹も見かけず。
訪問者数:2150人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

高巻き
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ