また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 509952 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

山王帽子山 太郎山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
08:25 東武日光駅 (08:43発東武バス)
09:57 光徳温泉バス停

     三本松バス停 (15:28発東武バス)
17:00 西参道バス停 (徒歩)
17:17 東武日光駅 (17:39発東武線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

    光徳牧場バス停 (10:00発)
10:38 山王峠
11:22 山王帽子山 (昼食休憩 11:35発)
12:28 小太郎山 (12:33発)
12:54 太郎山 (13:00発)
14:08 林道分岐
14:20 太郎山・志津分岐
15:06 光徳・三本松分岐
15:18 三本松バス停
コース状況/
危険箇所等
小太郎山~剣ヶ峰 岩場あり
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

山王峠周辺から山王帽子山方面
今日一番の青空
2014年09月14日 10:40撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山王峠周辺から山王帽子山方面
今日一番の青空
6
三王帽子山山頂
太郎山方面
2014年09月14日 11:30撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三王帽子山山頂
太郎山方面
3
小太郎山山頂
奥は太郎山
2014年09月14日 12:28撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山山頂
奥は太郎山
7
小太郎山山頂から1
戦場ヶ原と中禅寺湖
2014年09月14日 12:29撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山山頂から1
戦場ヶ原と中禅寺湖
3
小太郎山山頂から2
太郎山へ続く稜線
2014年09月14日 12:32撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山山頂から2
太郎山へ続く稜線
2
太郎山山頂
2014年09月14日 12:54撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎山山頂
4
太郎山直下お花畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎山直下お花畑
5
新薙周辺から
左から女峰山、小真名子山、大真名子山
2014年09月14日 13:19撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新薙周辺から
左から女峰山、小真名子山、大真名子山
4
撮影機材:

感想/記録

この二ヶ月近親者や友人の事故等が相次ぎ、夏山シーズンにも関わらず山から遠ざかっていた。詳しくは↓
http://www.yamareco.com/modules/diary/83154-detail-80019

折角の連休で、長野方面は天気予報も悪くない内容であったが、土曜日が出勤だったので今年最初で最後のチャンスにも関わらず北アの縦走は断念した。近場の山域で検討をしていたが、実家に持っていく物があったので、日光方面の太郎山に決めた。
前回の表日光縦走の際見て気になっていた山だった。

日曜日始発列車で地元駅を出発した。乗り継ぎがよくないので途中駅で40分弱待つことになった。日光方面の東武快速は比較的混雑していたが運よく座ることが出来た。
湯元行のバス乗り場も長蛇の列が連なり、臨時便が出ていた。

光徳温泉にてストレッチ後出発した。山王峠付近では一部青空も見えたが、事前の予報から天気は期待していなかった。山王帽子山は木々に囲まれ展望が無かった。昼食後、小太郎山へ向かった。

体がなまっていたので、小太郎山への登りはキツかった。山頂は開けていたが、雲が多く、特に男体山は雲に隠れていた。太郎山へ向かうと直ぐ高度感のある岩場が現れた。慎重に降り、剣ヶ峰の岩場は巻き道を辿った。その後は特に危険な個所は無く太郎山へ到着した。単独の男性に写真撮影を頼まれ、少し談笑した後下山を開始した。

下ってすぐお花畑が開けていた。初夏であれば高山植物を楽しめそうだった。新薙を過ぎどんどん下った。林道と合流し、橋の近くで志津林道と合流した。

志津乗越まで足を延ばそうか迷ったが、車が多く、時折苦手な排気ガスを吸ってしまうので、帰ることにした。途中猿が一匹林道を横断した以外は退屈な林道歩きであった。バスの時間を意識して急いだため、三本松には余裕をもって到着した。

バスに乗って暫く進むと中禅寺湖畔で大渋滞に巻き込まれた。イロハ坂にて一旦解消したが、西参道付近で再度混雑していた。混雑度合が不明だが、走っても鉄道に間に合うと判断し、西参道から走った。ところが思っていたより距離があり、バスよりは早く駅に着いたが、電車には間に合わず骨折り損になってしまった。次発の区間快速は混雑していたが、下今市駅で運よく空席を見つけることが出来た。

翌日も日光に行こうか迷っていたが、実家で天気予報を確認したところ、雨が降る可能性もあった事に加え、翌日睡魔と酷い筋肉痛で起きることが出来なかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:638人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ