また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5114952 全員に公開 ハイキング 東北

信夫山・金鉱跡を探して

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年01月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ、時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
護国神社駐車場に車を停める
護国神社側から車道を登り最初の分岐を左折し美術館方面に向かう
途中に金竜坑南口跡への入り口がある
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:38
距離
7.5 km
登り
532 m
下り
529 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間6分
休憩
1時間31分
合計
4時間37分
Sスタート地点10:2011:05地下工場入口跡11:0511:11金竜坑南口跡11:2411:38子守岩11:3911:58信夫山12:0112:02信夫山 烏ヶ崎展望デッキ12:2712:29信夫山12:2912:34信夫山 烏ヶ崎展望デッキ12:3912:55信夫山 地下工場山根坑入口12:5913:05曲松踏切登山口13:1713:20信夫山 地下工場山根坑入口13:3013:33曲松踏切登山口13:3414:04金竜坑北口14:2114:46第一展望台14:4714:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回歩いた金竜坑南口から湯殿山神社までのルート、及び金坑北口から湯殿山神社裏側迄のルートは正式な登山道では無いためご注意ください。
その他周辺情報護国神社

写真

写真中央が金竜坑への登り口
出合った地元の方から、この場所にある三十三観音は東日本大震災時に多くの石仏が壊れ今は半数程しか残っていないと教えて頂いた。
2023年01月22日 10:36撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央が金竜坑への登り口
出合った地元の方から、この場所にある三十三観音は東日本大震災時に多くの石仏が壊れ今は半数程しか残っていないと教えて頂いた。
土砂崩れで道路にはみ出した大岩の後にあるのが1番目の観音だそうだ。
2023年01月22日 10:39撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂崩れで道路にはみ出した大岩の後にあるのが1番目の観音だそうだ。
2
斜面のあちこちに石仏が点在する
地震で壊れた跡なのかコンクリートで補修されている物が多い
2023年01月22日 10:44撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面のあちこちに石仏が点在する
地震で壊れた跡なのかコンクリートで補修されている物が多い
2
岩の上にも数体の石仏がある
17体まで数えたが、足が止まってしまうので途中で止めることにした。
2023年01月22日 10:48撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上にも数体の石仏がある
17体まで数えたが、足が止まってしまうので途中で止めることにした。
更に登ると目的の「地下工場入口跡」が現れた。戦時中に飛行機のパーツを作っていた場所らしい。
2023年01月22日 11:05撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に登ると目的の「地下工場入口跡」が現れた。戦時中に飛行機のパーツを作っていた場所らしい。
2
入り口はコンクリートで塞がれている
2023年01月22日 11:05撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口はコンクリートで塞がれている
2
更に進むと、進行方向右側斜面に長いトラロープを発見
2023年01月22日 11:09撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に進むと、進行方向右側斜面に長いトラロープを発見
2
登ってみると「金竜坑南口跡」に到着
近くに立つとコンクリートの隙間から湿った温い風が吹き出してくる
この坑道は北口まで繋がっているそうだ。
2023年01月22日 11:11撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってみると「金竜坑南口跡」に到着
近くに立つとコンクリートの隙間から湿った温い風が吹き出してくる
この坑道は北口まで繋がっているそうだ。
4
細い道形を登ると幅広い道に出た
2023年01月22日 11:23撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細い道形を登ると幅広い道に出た
駐車場に出た
2023年01月22日 11:40撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に出た
間もなく湯殿山神社
2023年01月22日 11:47撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく湯殿山神社
烏ケ先展望台
今日は雪で霞んで遠くは見えない
2023年01月22日 11:58撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏ケ先展望台
今日は雪で霞んで遠くは見えない
2
烏ケ先から「曲松踏切登山口」方面に下る
2023年01月22日 12:38撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏ケ先から「曲松踏切登山口」方面に下る
2
分岐
右手「曲松踏切登山口」方面へ進む
2023年01月22日 12:48撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐
右手「曲松踏切登山口」方面へ進む
1
次は「地下工場山根坑入口」跡に向かう
2023年01月22日 13:05撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は「地下工場山根坑入口」跡に向かう
1
一旦「曲松踏切登山口」方面に下りたあと道を間違えた事に気づき、下りてきた階段を戻る
2023年01月22日 13:08撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦「曲松踏切登山口」方面に下りたあと道を間違えた事に気づき、下りてきた階段を戻る
1
石碑を通り過ぎ、分岐から反対方向に進むと「地下工場山根坑入口」に辿り着いた
2023年01月22日 13:21撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石碑を通り過ぎ、分岐から反対方向に進むと「地下工場山根坑入口」に辿り着いた
1
ここも入口はコンクリートで塞がれている
2023年01月22日 13:21撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも入口はコンクリートで塞がれている
4
再度石碑前まで戻り「曲松踏切登山口」方面の階段を下りる
階段の途中から右手に進む道形に沿って信夫山北側の山裾を進む
2023年01月22日 13:37撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度石碑前まで戻り「曲松踏切登山口」方面の階段を下りる
階段の途中から右手に進む道形に沿って信夫山北側の山裾を進む
この様な施設跡も有った
2023年01月22日 13:40撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この様な施設跡も有った
信夫山北側は藪、倒木などで荒れている
左手のすぐ下側に住宅街があるとは思えない
2023年01月22日 13:44撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信夫山北側は藪、倒木などで荒れている
左手のすぐ下側に住宅街があるとは思えない
1
竹藪も出てきた
2023年01月22日 13:45撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹藪も出てきた
1
「金竜坑北口」に行くにはこの右斜面を登る
道が荒れていて不安になるが誘うように目印のピンクテープが先へ先へと続いている
2023年01月22日 13:50撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「金竜坑北口」に行くにはこの右斜面を登る
道が荒れていて不安になるが誘うように目印のピンクテープが先へ先へと続いている
2
暫く道なりに進む
途中「金竜坑北口」のちいさな看板があった
2023年01月22日 14:00撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く道なりに進む
途中「金竜坑北口」のちいさな看板があった
ここが「金竜坑北口」跡だ
思ったより大きな穴で入口はネットで簡易に塞がれている
2023年01月22日 14:03撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが「金竜坑北口」跡だ
思ったより大きな穴で入口はネットで簡易に塞がれている
3
坑道跡から真っ直ぐ山裾を行きたいが藪が濃く進むのを躊躇する
湯殿山神社裏方向の急斜面を見上げると目印のピンクリボンが山上まで続いている
道には見えないがリボン頼りに坂を登ることにする
2023年01月22日 14:23撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坑道跡から真っ直ぐ山裾を行きたいが藪が濃く進むのを躊躇する
湯殿山神社裏方向の急斜面を見上げると目印のピンクリボンが山上まで続いている
道には見えないがリボン頼りに坂を登ることにする
2
急坂を登ると湯殿山神社右手に登りついた。
時間を見て本日の探索はここ迄で終了。
岩谷下観音方面の探索は次回のお楽しみとする。
2023年01月22日 14:31撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登ると湯殿山神社右手に登りついた。
時間を見て本日の探索はここ迄で終了。
岩谷下観音方面の探索は次回のお楽しみとする。
2
撮影機材:

感想/記録
by msnow

福島盆地の真ん中にある信夫山は標高は僅か272メートルだが横に長く存在感たっぷり。
公園も整備され市民の憩いの場として親しまれている。また古くから信仰の山として多くの神社があり、2月は暁参り、8月はわらじ祭りと折りに触れ親しんで来た。登山を始めてからは冬場、春先の体力作りに訪れる身近な山だ。

最近になって sakusakuhiroさん、tonpei55さんの信夫山ログを拝見し、昔信夫山に金鉱が有ったこと、戦時中は軍事工場として利用された歴史がある事を知った。
信夫山は奥が深い。
早速、金竜坑南口跡、地下工場入口跡、地下工場山根坑入口、金竜坑北口跡を探索する事にした。

今回の探索に当たりお二人のログを参考にさせていただきました。ありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:108人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ