ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5876900
全員に公開
ハイキング
八ヶ岳・蓼科

ニュウ

2023年08月27日(日) [日帰り]
 - 拍手
whitefox terra その他1人
体力度
2
日帰りが可能
GPS
05:16
距離
8.5km
登り
485m
下り
482m
歩くペース
ゆっくり
1.21.3
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
5:07
休憩
0:07
合計
5:14
9:24
9:24
3
9:27
9:31
5
9:45
9:45
42
10:27
10:28
31
10:59
10:59
20
11:19
11:20
73
12:33
12:33
13
12:46
12:47
2
12:49
12:49
53
13:42
13:42
1
13:43
13:43
29
14:12
14:12
2
14:14
14:14
11
14:26
ゴール地点
天候 快晴
過去天気図(気象庁) 2023年08月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
白駒池入口駐車場には9時頃に到着.登山口駐車場情報には「夏季シーズンは早い時間に満車になる」と書いてあったので駐車できるか心配だったが、未だ7〜8台位の空きがあった.1日600円.
コース状況/
危険箇所等
白駒池周辺の遊歩道は木道が整備されていて歩きやすい.白駒池から白駒ニュウ分岐間は所々ぬかるんでいて、濡れた岩や丸太は滑りやすい.白駒ニュウ分岐からニュウ山頂までは大きな岩がゴロゴロしていて傾斜もきつく初心者には厳しい.ニュウ〜中山間は岩が少なく傾斜も緩いので比較的歩きやすい.中山〜高見石間と高見石〜白駒池間も大きな岩がゴロゴロしていて、白駒池周辺のハイキングの延長で登って来ると下りで苦戦する.
登山ポストはおみやげ屋にある.横のトイレの使用料は50円.
9時頃に白駒の池入口駐車場に到着.駐車できるかどうか心配しましたが、まだ数台の空きがありました
2023年08月27日 09:10撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:10
9時頃に白駒の池入口駐車場に到着.駐車できるかどうか心配しましたが、まだ数台の空きがありました
白駒池に向かいます
2023年08月27日 09:12撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:12
白駒池に向かいます
森の中は緑の絨毯で覆われています
2023年08月27日 09:17撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:17
森の中は緑の絨毯で覆われています
幻想的な苔の森を通って白駒池に向かいます
2023年08月27日 09:22撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
1
8/27 9:22
幻想的な苔の森を通って白駒池に向かいます
青苔荘への分岐
2023年08月27日 09:23撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:23
青苔荘への分岐
青苔荘前の桟橋
2023年08月27日 09:28撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:28
青苔荘前の桟橋
池の反対側に白駒荘が見えます
2023年08月27日 09:29撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:29
池の反対側に白駒荘が見えます
青苔荘.昨年の冬、ここに泊まりました.横はキャンプ場になっています
2023年08月27日 09:31撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:31
青苔荘.昨年の冬、ここに泊まりました.横はキャンプ場になっています
暫く池の周りの遊歩道を歩きます
2023年08月27日 09:42撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:42
暫く池の周りの遊歩道を歩きます
遊歩道から分かれてニュウ・稲子湯方面に向かいます
2023年08月27日 09:55撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:55
遊歩道から分かれてニュウ・稲子湯方面に向かいます
白駒湿原を通ります
2023年08月27日 09:56撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 9:56
白駒湿原を通ります
セイタカスギゴケ
2023年08月27日 10:14撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 10:14
セイタカスギゴケ
稲子湯方面との分岐.ここから大きな岩がゴロゴロした登山道に変わり、傾斜もきつくなります
2023年08月27日 10:27撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 10:27
稲子湯方面との分岐.ここから大きな岩がゴロゴロした登山道に変わり、傾斜もきつくなります
空が見えて来ました.もうすぐニュウです
2023年08月27日 11:06撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 11:06
空が見えて来ました.もうすぐニュウです
樹林帯を抜けると目の前にニュウの岩峰が現れます
2023年08月27日 11:11撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 11:11
樹林帯を抜けると目の前にニュウの岩峰が現れます
ニュウの頂上.頂上は360度の大パノラマが広がります
2023年08月27日 11:15撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 11:15
ニュウの頂上.頂上は360度の大パノラマが広がります
稲子岳の向こうに天狗岳と硫黄岳が見えます
2023年08月27日 11:15撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 11:15
稲子岳の向こうに天狗岳と硫黄岳が見えます
中山に向かいます
2023年08月27日 12:33撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 12:33
中山に向かいます
岩の道を下ります
2023年08月27日 12:38撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 12:38
岩の道を下ります
中山の頂上
2023年08月27日 12:44撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 12:44
中山の頂上
中山展望台.南アルプスや蓼科山、天狗岳などが望めます
2023年08月27日 12:49撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 12:49
中山展望台.南アルプスや蓼科山、天狗岳などが望めます
岩ゴロの急坂を下って高見石小屋に向かいます
2023年08月27日 13:21撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 13:21
岩ゴロの急坂を下って高見石小屋に向かいます
高見石小屋.外のテーブルで揚げパンを食べ赤いドリンクを飲んでいました
2023年08月27日 13:39撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 13:39
高見石小屋.外のテーブルで揚げパンを食べ赤いドリンクを飲んでいました
白駒荘に到着.観光客で賑わっています.ソフトクリームは並んでいて時間が掛かりそうだったので諦めました
2023年08月27日 14:10撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 14:10
白駒荘に到着.観光客で賑わっています.ソフトクリームは並んでいて時間が掛かりそうだったので諦めました
白駒荘から青苔荘方面
2023年08月27日 14:11撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 14:11
白駒荘から青苔荘方面
観光客で賑わう苔の森を抜けて駐車場に戻ります
2023年08月27日 14:16撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 14:16
観光客で賑わう苔の森を抜けて駐車場に戻ります
セイタカスギゴケ
2023年08月27日 14:18撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 14:18
セイタカスギゴケ
イワダレゴケ
2023年08月27日 14:20撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 14:20
イワダレゴケ
駐車場に戻りました
2023年08月27日 14:24撮影 by  TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
8/27 14:24
駐車場に戻りました

装備

個人装備
長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

感想

駐車場が空いているか不安だったが無事駐車することが出来た。駐車場の標高は2094mで車から降りた時は少し肌寒く感じられた。幻想的な苔の森を通って白駒池に向かう。暫く池の周りの遊歩道を歩いたあと、白駒荘方面とは道を分けニュウ・稲子湯方面に向かう。所々ぬかるんでいる。濡れた丸太や石で滑り易い。白駒湿原を抜け稲子湯との分岐を過ぎると大きな岩がゴロゴロした道に変わり傾斜も急になる。
樹林帯を抜けると視界が開け目の前にニュウの岩峰が現れる。ニュウの頂上には360度の大パノラマが広がる。右手に天狗岳、その奥に硫黄岳、遠くに南アルプスを望み、眼下には白駒池が見える。しばし絶景を愉しみ中山に向かう。
ニュウから中山の間は緩やかな登りで岩も少なく歩き易い。中山の頂上は森の中だが、さらに進むと素晴らしい見晴らしの中山展望台に出る。残念ながらやや雲が多く南アルプスや北アルプスを望むことは出来なかった。
中山から岩の登山道を下り50分程で高見石小屋に辿り着いた。観光客と思われる子供連れの家族などの姿も見受けられた。白駒池に下る岩の登山道は傾斜がきつく、家族連れや年配の登山者は苦戦している。
白駒池は一般観光客で賑わっている。苔の森では皆スマホをかざし神秘の世界を写真に収めていた。私も釣られて苔の前にしゃがみ何枚かシャッターを押してみた。
ニュウの由来は、刈り取った稲を円錐形に積み上げる「にう」や山の形が「乳」に似ているなどの説があるらしい。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:228人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科 [日帰り]
白駒池から東天狗岳
利用交通機関:
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5
ハイキング 八ヶ岳・蓼科 [日帰り]
白駒の池駐車場から池経由、にゅうへ
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
1/5
体力レベル
2/5
ハイキング 八ヶ岳・蓼科 [日帰り]
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら