また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 62807 全員に公開 山滑走積丹・ニセコ・羊蹄山

蘭越幌内山

日程 2008年02月03日(日) [日帰り]
メンバー
 0v0
, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

林道入口(8:05) - 幌内山(12:00〜12:50) - 林道入口(14:25)
コース状況/
危険箇所等
幌内第二川を渡るところに橋は無い。スノーブリッジを探すか、渡渉となる。

P333から東に延びる尾根末端に、現在切り開きはほとんど認められない。
過去天気図(気象庁) 2008年02月の天気図 [pdf]

写真

登りの途中で後ろを振り返れば、妙に山頂の尖った昆布岳が目を引く(C550m付近から)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの途中で後ろを振り返れば、妙に山頂の尖った昆布岳が目を引く(C550m付近から)。

感想/記録
by 0v0

蟠渓温泉での HYMLオフミの翌日、参加者の呼びかけに乗った山行。この山は、ニセコ連峰の麓、蘭越町の南方にある。昆布川から柳の沢川が分かれる辺りが入山口。

昆布川左岸の林道を南へ進む。幌内第二川に橋は無く、スノーブリッジを探して渡る。

ガイド本によれば、P333から東に延びる尾根末端の林道から登っているが、林道は認められず、パンケ幌内川沿いの林道からP333西方の鞍部に上がる。

以後は尾根伝いに山頂へ。朝方、林道を歩いているときは軽い雪だったが、標高を上げるにつれて重い雪のラッセルを強いられる。

山頂からの展望は標高の割りに素晴らしくて、特にニセコ連峰が一望のもと。

帰路は、ほぼ往路に沿って滑り降りる。最後はP333から東に延びる尾根に沿って下った。末端の林道は、潅木が育ち不明瞭になったようだ。

全体に傾斜が緩く、滑りを楽しむなら残雪期向けか。
訪問者数:1172人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/1/29
投稿数: 256
2010/5/8 13:27
 懐かしい記録!(^^)!
yukiさん、今年も大活躍の北海道でしたね。
この蘭越幌内山でyukiさんとご一緒できたのは
とても素晴らしい機会でしたわ。
長かったけど、雪も素晴らしくて楽しめました。
つぼ岳にも登ってみてくださいね
0v0
登録日: 2010/4/12
投稿数: 18
2010/5/9 20:13
 Re: 懐かしい記録!(^^)!
marikkaさん、蘭越幌内山ではご一緒していただきありがとうございました。当日はとても天気がよく、ニセコをはじめ周囲の山々が良く見えましたね。良い思い出になりました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
さて、ヤマレコって、グループの山行報告を書くと、自動的にメンバー全員に共有されるんですね。面白い機能です。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ