ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 640154 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

来馬岳のマイナー?コース

日程 2015年05月17日(日) [日帰り]
メンバー
天候小雨にち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
『ふぉれすと鉱山』正面のやや幅の狭い舗装路を暫く進むと、左側に『鉱山町コース』の案内板あり。林道を暫く進むと登山口。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
18分
合計
4時間34分
Sスタート地点11:2113:28来馬岳13:4615:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特別危険な個所はなし。
コースの7割くらいは、以前の作業道?を歩く。
本峰に差しかかって傾斜が急になった所に鎖があり、この辺りからヤブ漕ぎっぽい感じになるが、ルートは明確。
ヤブ漕ぎといえばダニ。
適宜、ダニの確認を!
その他周辺情報コンビニ等での買い物は幌別の街で。
周辺にはこれといった温泉はなかったような?
過去天気図(気象庁) 2015年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス カメラ

写真

登山口の記帳箱。
今年に入ってから、数名の方が記帳していた。
ちなみに、記帳箱の中にペンは無し。
2015年05月17日 11:22撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の記帳箱。
今年に入ってから、数名の方が記帳していた。
ちなみに、記帳箱の中にペンは無し。
2
こんな感じの道をひたすら歩く。
2015年05月17日 11:33撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの道をひたすら歩く。
2
木々に覆われており、眺望は殆どなし。
2015年05月17日 11:53撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々に覆われており、眺望は殆どなし。
1
たまに倒木。
2015年05月17日 12:12撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに倒木。
2
何度か、小さな沢水を渡る。
沢を渡ったところに分かれ道。
左へ。
2015年05月17日 12:20撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か、小さな沢水を渡る。
沢を渡ったところに分かれ道。
左へ。
分かれ道その2。
ここには下り用の案内板がある。
左へ。
2015年05月17日 12:27撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かれ道その2。
ここには下り用の案内板がある。
左へ。
1
たまに倒木。
2015年05月17日 12:35撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに倒木。
薄紫色のスミレ。
2015年05月17日 12:39撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄紫色のスミレ。
6
このコースの利用者は少ないようだが、管理は確りされているよう。
ありがとうございます。
2015年05月17日 12:48撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコースの利用者は少ないようだが、管理は確りされているよう。
ありがとうございます。
2
来馬岳が見え始めると、やる気が出る!
っと言うよりは、「山も見えたし戻るかな〜」
何て気分に(笑)。
2015年05月17日 13:09撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来馬岳が見え始めると、やる気が出る!
っと言うよりは、「山も見えたし戻るかな〜」
何て気分に(笑)。
4
プチヤブ漕ぎ。
2015年05月17日 13:16撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチヤブ漕ぎ。
2
鎖。
なくても登れるが、ズルッと滑った時に尻もちをつかないですむ。
2015年05月17日 13:18撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖。
なくても登れるが、ズルッと滑った時に尻もちをつかないですむ。
2
巨石が見えたら、辺りも開けて山頂間近。
2015年05月17日 13:29撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨石が見えたら、辺りも開けて山頂間近。
6
山頂付近のシラネアオイは、見ごろまでもう少しかかりそう。
2015年05月17日 13:33撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近のシラネアオイは、見ごろまでもう少しかかりそう。
1
静かな山頂。
2015年05月17日 13:34撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな山頂。
19
山名板とオロフレ山やホロホロ・徳瞬瞥。
2015年05月17日 13:35撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名板とオロフレ山やホロホロ・徳瞬瞥。
15
風が強かったこともあってか、空気が澄んでいた。
2015年05月17日 13:36撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強かったこともあってか、空気が澄んでいた。
4
オロフレ山アップ。
2015年05月17日 13:36撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オロフレ山アップ。
14
橘湖とクッタラ湖。
2015年05月17日 13:46撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橘湖とクッタラ湖。
4
山頂は風が強く寒かったので、ササッとアンパン食べて下山。
2015年05月17日 13:47撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は風が強く寒かったので、ササッとアンパン食べて下山。
2
下りのプチヤブ漕ぎ。
視線が高くなるので、登りの時ほど苦にならない。
2015年05月17日 13:57撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りのプチヤブ漕ぎ。
視線が高くなるので、登りの時ほど苦にならない。
2
この日が山開きのカムイヌプリ。
2015年05月17日 14:00撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日が山開きのカムイヌプリ。
1
下りの分かれ道。
案内板のある右へ。
2015年05月17日 14:40撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの分かれ道。
案内板のある右へ。
フッキソウ。
2015年05月17日 15:09撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フッキソウ。
4
登りの時には気が付かなかったが、下りで目についた小さなスミレ。
2015年05月17日 15:23撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの時には気が付かなかったが、下りで目についた小さなスミレ。
7
撮影機材:

感想/記録

以前、このコースを歩いたのは2003年だったろうか。
当時も、利用する人は少なかったように思う。

昨年、サンライバスキー場から歩いた時に「鉱山町からのコースは健在なのか???」などど少々気になっていたので、足慣らしもかねて歩いてみた。
写真のコメントにも記載したが、山頂手前の一部が少々笹に覆われている以外は、整備の行き届いたコースだった。
ただ、7割程度が変化のないコースということで、ある意味《忍耐》が必要なコースともいえるかも。
訪問者数:833人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

シラネアオイ 倒木
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ