また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 80985 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 十和田湖・八甲田

南八甲田 『旧県道』

情報量の目安: A
-拍手
日程 2010年10月03日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候曇り→雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

御鼻部山〔5:25〕→善光寺分岐〔6:35〕→前谷地〔7:37〕→大谷地〔8:15〕→枯木沼〔9:05〜9:45〕→松見ヘヤピン〔10:40〕→黄瀬萢〔11:58〕→櫛ヶ峰分岐〔12:20〕→一の沢〔13:28〕→矢櫃橋〔14:10〕→猿倉温泉〔15:25〕
コース状況/
危険箇所等
地図&コンパスは言わずもがな・・・サバイバル能力。ヤブの先を読む眼力。獣臭を探知する嗅覚。ヤブまたヤブにめげない根気・ガッツを要します!
過去天気図(気象庁) 2010年10月の天気図 [pdf]

写真

5:25 十和田湖畔「御鼻部山」からスタート
2010年10月03日 05:23撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:25 十和田湖畔「御鼻部山」からスタート
6:35 「善光寺平」分岐
2010年10月03日 06:34撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:35 「善光寺平」分岐
6:57 ソゼカ谷地
2010年10月03日 06:57撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:57 ソゼカ谷地
7:05 ソデカ杉
2010年10月03日 07:05撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:05 ソデカ杉
たまにはこんな快適な道も!
2010年10月03日 18:27撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまにはこんな快適な道も!
大谷地から北方入り口・・?
2010年10月03日 18:28撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷地から北方入り口・・?
竹薮じゃなくてもルートが不明
2010年10月03日 08:37撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹薮じゃなくてもルートが不明
熊さんの糞。周囲に獣臭も・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊さんの糞。周囲に獣臭も・・・
また、こんな快適道に!!
2010年10月03日 18:28撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、こんな快適道に!!
10:40 松見のヘヤピン
2010年10月03日 18:29撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:40 松見のヘヤピン
12:05 黄瀬萢
2010年10月03日 18:30撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:05 黄瀬萢
12:20 櫛ヶ峰分岐
2010年10月03日 18:30撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:20 櫛ヶ峰分岐
12:52 駒ヶ嶺分岐
2010年10月03日 12:52撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:52 駒ヶ嶺分岐
13:05 齊藤沼分岐
2010年10月03日 18:30撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:05 齊藤沼分岐
13:28 一の沢
2010年10月03日 13:28撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:28 一の沢
14:10 矢櫃橋
2010年10月03日 18:31撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:10 矢櫃橋
15:25 猿倉温泉
2010年10月03日 15:24撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:25 猿倉温泉

感想/記録

南八甲田・旧県道踏破          2010.10.3

タイム:御鼻部山口5:25―善光寺平分岐6:35~50―ソデカ谷地6:58~(ソデカの杉見学)~7:15―残置ヒュウム管7:24―前谷地7:37~45―大谷地8:12~25―枯木沼9:05~45―田堰沢ヘヤピンカーブ10:32~45―櫛ヶ峰登山口12:08~30―松次郎清水13:30~40―猿倉温泉15:30
内容:10/2青森・横内を4人で18時に発ち、猿倉温泉で2人と合流し、回送車をデポし、御鼻部山展望所駐車場へ。テントで久しぶりの顔合わせをし、22時頃就寝する。
10/3夜中に発って当日集合の5人も到着。朝飯を済ませ、テントを撤収し、身支度をして、登山口へ移動する。空には、まだ星が見えるが、予報は下り坂。出発の頃には、ヘッドランプも不用となる。しばらくは下りで、所々ぬかるみのある道路跡を進む。皆の足取りは軽やか。少しばかりのアップダウンを繰り返し、ヂネカ森手前から緩い上りとなり、S字状にグルリと回りこみ善光寺平分岐へ下り、初めての休憩。ここから数分で、ソデカ谷地に。ソデカの杉を見学して戻る。道路跡脇にも杉の樹が1本。曇り空ながら櫛ヶ峰はじめ、乗鞍岳、赤倉岳が遠望されて満足。湿原の周りが赤、黄色の紅葉で彩られている。数分で、右の林の中にヒュウム管が、忘れられたかのように鎮座している。気付かれた方は何人か。ゆるい尾根を越えると前谷地が、ここは南八甲田の山々の格好の展望所となっている。休憩し、展望を楽しむ。更にゆるい尾根を越えると広々とした大谷地に着く。櫛ヶ峰の上岳、下岳を一目に出来る。湿原の周りの紅葉がまたまた鮮やかで素晴らしい。歩き始めてすぐに熊の糞。鶯色の大、少し離れて小と各1個ずつ。中間付近では、熊の臭いもした。トップが、笛を吹き続ける。枯木沼に付き、早めの昼食タイム。ここからは松森をグルリと廻り、更に櫛ヶ峰登山口までヤブ漕ぎ連続の区間だ。道路跡には、ダケカンバの幼木が林立して、それを示している。田堰沢側のヘヤピンカーブで休憩中、雨が落ちてきたので雨具を着ける。途中我々3人が遅れてしまい、先行者の足跡がないと、金釜さんと泉澤さん。8人の大人数だからハッキリした靴跡がなければならないのに。大声で叫んでみたが応答なし、大分離れているからのだろう。大人数だから大丈夫と先を進むと、汚れた雨具の上が。ポケットには、今回と同じく、私が作って参加者に渡した地図が入っていた。去年のものだ。更にサングラスが。次の休憩を櫛ヶ峰登山口としていたこともあり、更に前進。やっぱり登山口には、人影なし。一息入れてから捜索に引き返そうとしたところ、呼ぶ声がして8人が現れて一件落着。前にも道を踏み外したことがあり、今回も其の付近のようだ。そこは、松森から、枯れ木沼方面へ伸びている広いゆるい尾根なので道路跡と脇との段差がハッキリせず、踏み違え易いところだ。前述したダケカンバの幼木林の有無を確かめれば判断できるのだが。櫛ヶ峰の登山口から猿倉温泉までは刈り払いもされていて、ここからは3時間の道。疲れたが、雨の山は早く暮れるので、途中の清水峠(松次郎清水)でのどを潤して猿倉温泉を目指す。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1496人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ