ヤマレコ

記録ID: 812073 全員に公開 山滑走札幌近郊

1117台地断念

日程 2016年02月03日(水) [日帰り]
メンバー
 Treken(記録)
, その他メンバー1人
天候時々快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国際スキー場駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間27分
休憩
47分
合計
4時間14分
S札幌国際スキー場08:3611:16標高1000M12:0312:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
いつものスノーブリッジは危険
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

左がミニブリッジ。
2015年02月03日 12:40撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左がミニブリッジ。

感想/記録
by Treken

今シーズン初のBC。
同行はBC仲間kenta-rowing。
今回は山スキー。

国際スキー場から1117台地を目指し出発。
ゲレンデ登攀中、パトロールの方からスノーブリッジがヤバいとの情報。
到着するとゲレンデ側から林道側へ、高さ約10M近い下り斜面。

スキーを履いたままエッジを効かせ降りようと試みた瞬間!
10年以上前の山スキーならではの幅細さに加え、
シールによってエッジが効かない・・・

川の方へ斜面が落ち込んでいることもあり、体が吸い込まれていく・・
その瞬間、kenta-rowingの両ストックが差し出され、必死につかまる。
悶絶しながらも体勢を整え、無事ゲレンデ側への平地に戻る。
川へ向かっている斜面を見ると落下者がいると思える。
渡渉は、スキーを脱いで横の斜面を慎重に下った。

前日の降雪もあったようで、膝ラッセルが続く。
途中、白井岳へ向かう単独の方と分岐まで話しながら、
ラッセルなど、お世話になりました。

あれやこれやで、体力と時間を予定以上に消耗したため、
本日は標高1000M付近でPEAK&昼食とする。

下りは源頭までの斜面はパウダーノートラック最高。
沢伝いは、若干の登り返しはあるものの、通常下り林道を降りる。
スノーブリッジは数十メートル下のミニブリッジを利用。
ゲレンデ側からよーく見ると入り口あり。

訪問者数:124人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ