ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815241 全員に公開 ハイキング奥武蔵

伊豆ヶ岳[イズガタケ] … 日溜りハイキング

日程 2016年02月19日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東京都道・埼玉県道53号青梅秩父線の「名栗元気プラザ」の駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
1時間33分
合計
4時間23分
S名栗げんきプラザ09:5510:35長岩峠10:4010:56五輪山11:26伊豆ヶ岳11:4112:01古御岳13:0213:25伊豆ヶ岳13:3713:51五輪山14:01長岩峠14:18名栗げんきプラザ14:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所:男坂を登った後に正面に岩が現れ、その左側に回り込んで岩をトラバースした時に少し危険を感じました。右側に回り込むのが正解のようです。
登山ポスト:見当たりませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ゲイター アイゼン

写真

9時40分に名栗げんきプラザの第一駐車場に駐車(東京都道・埼玉県道53号青梅秩父線)しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時40分に名栗げんきプラザの第一駐車場に駐車(東京都道・埼玉県道53号青梅秩父線)しました。
1
9時55分、青梅秩父線歩きから登山開始です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時55分、青梅秩父線歩きから登山開始です。
1
青梅秩父線を山伏峠方向に向かって歩きます。右上の建物は名栗げんきプラザです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅秩父線を山伏峠方向に向かって歩きます。右上の建物は名栗げんきプラザです。
1
伊豆ヶ岳の道標があったのに車道を直進してしまい、100m程進んだところで引返してきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳の道標があったのに車道を直進してしまい、100m程進んだところで引返してきました。
しかし、林道ゲートを直進すべきところ右側の道に入ってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、林道ゲートを直進すべきところ右側の道に入ってしまいました。
その道は山伏峠に通じる道と分かり、再びゲートから直進の林道に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その道は山伏峠に通じる道と分かり、再びゲートから直進の林道に戻ってきました。
3
林道に戻ると直ぐに伊豆ヶ岳への道標が出てきました。ここまでで20分近くロスしてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に戻ると直ぐに伊豆ヶ岳への道標が出てきました。ここまでで20分近くロスしてしまいました。
1
林道から小沢に下り、そこに架けられた橋を渡ると直ぐに尾根道となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から小沢に下り、そこに架けられた橋を渡ると直ぐに尾根道となりました。
3
積雪の無い登山道を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪の無い登山道を登ります。
10時28分、林道から登山道に入って12分で「ツガの木台」と書かれた標識を通過しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時28分、林道から登山道に入って12分で「ツガの木台」と書かれた標識を通過しました。
「女坂」通行止めの案内があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「女坂」通行止めの案内があります。
長岩峠が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長岩峠が見えてきました。
1
10時35分、長岩峠に到着。暑いので5分間の休憩をとりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時35分、長岩峠に到着。暑いので5分間の休憩をとりました。
長岩峠からは平に近いなだらかな道となった、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長岩峠からは平に近いなだらかな道となった、
と思ったら階段が出てきました。右も行けますとの案内表示があるものの、右の道は積雪があるので階段を登ることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったら階段が出てきました。右も行けますとの案内表示があるものの、右の道は積雪があるので階段を登ることにしました。
階段を登り終えると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登り終えると、
また階段となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また階段となりました。
5
階段を登り終えるとベンチのある平らなところに出て、五輪山の標識がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登り終えるとベンチのある平らなところに出て、五輪山の標識がありました。
10時58分、男坂と女坂の分岐に到着、男坂を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時58分、男坂と女坂の分岐に到着、男坂を目指します。
分岐から見る男坂の岩場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から見る男坂の岩場です。
男坂には先行者が1人見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂には先行者が1人見えました。
暫し先行者が登るのを待ち、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫し先行者が登るのを待ち、
1
先行者が見えなくなったので、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者が見えなくなったので、
1
登りを開始しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りを開始しました。
3
凍っている所も少しあるものの、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍っている所も少しあるものの、
4
10分ほどで登り終えると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで登り終えると、
2
正面に岩が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に岩が出てきました。
1
岩を左側に回り込んで抜けると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を左側に回り込んで抜けると、
1
進入禁止のロープが張られていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進入禁止のロープが張られていました。
11時26分、伊豆ヶ岳頂上に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時26分、伊豆ヶ岳頂上に着きました。
9
頂上で15分間休憩して、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上で15分間休憩して、
古御岳に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古御岳に向かいます。
1
伊豆ヶ岳・古御岳間の鞍部です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳・古御岳間の鞍部です。
古御岳頂上の東屋が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古御岳頂上の東屋が見えてきました。
1
12時1分、伊豆ヶ岳から20分で古御岳頂上に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時1分、伊豆ヶ岳から20分で古御岳頂上に着きました。
5
頂上からの高畑山方面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの高畑山方面です。
二子山(右)と焼山(中央左)も樹間から見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山(右)と焼山(中央左)も樹間から見えています。
前武川岳・武川岳(右端)と大持山・子持山(中央)です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前武川岳・武川岳(右端)と大持山・子持山(中央)です。
蕎麦粒山・川苔山方面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山・川苔山方面です。
古御岳頂上から東方に伸びる尾根上から見た古御岳頂上です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古御岳頂上から東方に伸びる尾根上から見た古御岳頂上です。
同じく伊豆ヶ岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく伊豆ヶ岳です。
棒ノ折山とその奥に大岳山も見えました。風が無くて暖かいため頂上で1時間のんびり休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ折山とその奥に大岳山も見えました。風が無くて暖かいため頂上で1時間のんびり休憩しました。
1
セルフで記念写真を撮って13時2分に伊豆ヶ岳を目指して戻り始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セルフで記念写真を撮って13時2分に伊豆ヶ岳を目指して戻り始めました。
6
13時25分、伊豆ヶ岳に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時25分、伊豆ヶ岳に戻ってきました。
伊豆ヶ岳頂上で記念にセルフで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳頂上で記念にセルフで。
4
頂上から女坂を下り始めると直ぐに名栗げんきプラザ(中央右のコの字形の建物)が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から女坂を下り始めると直ぐに名栗げんきプラザ(中央右のコの字形の建物)が見えました。
雪で凍った道を慎重に下るKさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪で凍った道を慎重に下るKさん。
3
雪の無い道になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の無い道になりました。
本来の女坂との分岐に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来の女坂との分岐に着きました。
13時49分、男坂との分岐に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時49分、男坂との分岐に着きました。
五輪山の手前です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五輪山の手前です。
1
13時51分、五輪山に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時51分、五輪山に戻ってきました。
14時1分、長岩峠に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時1分、長岩峠に戻ってきました。
長岩峠の正丸峠・名栗げんきプラザ分岐です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長岩峠の正丸峠・名栗げんきプラザ分岐です。
1
小沢の橋とその先の林道が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢の橋とその先の林道が見えてきました。
14時13分、登山道から林道に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時13分、登山道から林道に出ました。
林道ゲートが見えてきて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲートが見えてきて、
1
14時18分、駐車場に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時18分、駐車場に戻ってきました。
1

感想/記録

以前より一度登ってみたいと思っていた伊豆ヶ岳ですが、殆どの登山を車で行くため、正丸駅付近の有料駐車場に車を置いて伊豆ヶ岳から子ノ権現まで行って下ると出発地点まで長い車道歩きか電車を利用する必要があることがネックとなっていました。
そこで西側の名栗げんきプラザ側から伊豆ヶ岳に登ることを考えましたが伊豆ヶ岳だけの往復では歩行距離が短過ぎ、子ノ権現までの往復をするのも気乗りがせず、結局高畑山までを往復する計画を立てました。

これでも時間にゆとりがあるため自宅を出発したのは8時過ぎで、名栗げんきプラザの第一駐車場には9時40分に着きました。
9時55分に道路(青梅秩父線)を山伏峠方向に歩くところから登山を開始。
直ぐに林道が出てきて「伊豆ヶ岳」の標識があったのですが、地図をよく確認していなかったため道路をさらに100m程進んだところで標識のある林道分岐まで引返しました。
しかし、林道に入って直ぐの右側に登山道のような道があったので、またしてもそちらの道を進んでしまいました。
その後漸くおかしいと気付いて地図を確認、林道に戻ることにしました。
この辺りは林業用と思われる道が沢山ついていました。
林道に戻ると直ぐ先に伊豆ヶ岳への案内標識があり、そこからは登山道となりました。

積雪は殆ど無く、無風で暖かい道を登って10時58分に男坂と女坂の分岐に到着し、男坂を目指しました。
男坂の鎖場には先行者が1人居たので、その人が見えなくなるまで取付き基部で待つことにしました。

男坂の鎖場は一部凍っているところも有りましたが難なく登りきることができました。
登りきった先は伊豆ヶ岳頂上かと思っていたら、正面に岩が現れました。十分確認しないまま岩の左側に回り込みましたが、道らしきものはついているものの一カ所トラバースで嫌らしいところがありました。
そこを過ぎると直に伊豆ヶ岳頂上に着きましたが、最初道を間違えたことや同行のKさんが今年初めての登山ということもあって頂上には計画より50分遅れての到着となりました。

頂上で15分間休んで古御岳に向かいましたが、古御岳には計画より1時間遅れの12時に到着。
ここで昼食を取り始めたら無風でぽかぽかと暖かくて気持ちがよいので、高畑山まで行くのを止めて古御岳頂上でのんびりすることに変更しました。

13時に下山を開始し、伊豆ヶ岳頂上からは女坂を下ることにしました。下り始めは積雪と凍った箇所もありましたが、直に雪の無い登山道となり14時18分に駐車場に戻りました。

男坂は鎖を使わずに登ればフリークライムの気分が少し味わえるように感じました。また、登山道は整備されていて歩き易い道でした。
訪問者数:599人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 鎖場 林道 東屋 道標 登山ポスト
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ