ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 907293 全員に公開 講習/トレーニング八ヶ岳・蓼科

白駒池からニュウ

日程 2016年06月28日(火) [日帰り]
メンバー Collina2016, その他メンバー22人
天候雨と霧
アクセス
利用交通機関
バス
白駒池入口駐車場より
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
50分
合計
5時間10分
S白駒の池 駐車場11:5012:10白駒の池12:20白駒荘12:4014:20ニュウ14:4016:30白駒荘16:4016:40白駒の池17:00白駒の池 駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 白駒池周回コースの道はともかく、それ以降の登山道は木が横たわり大きな岩や石があるところが多く、しかも雨の後だったので、登山道は大きな水たまりが多く、登山道沿いに木々の間を少しだけ藪漕ぎのような状態で進みました。土の部分は苔や落ち葉で覆われ、踏み抜くようなことはありませんでしたが、ところどころ下に穴があいているところもありました。白駒池周辺の木道は尾瀬などとは違って古い木道が多く、雨の後なのでかなり滑りやすかったです。小幅で気を付けて進むしかありませんでした。滑りやすい道だったのでコースタイムの倍くらいの時間がかかっています。
 ニュウの山頂付近のみ岩稜となっており三点確保で登ります。
その他周辺情報■白駒池駐車場のトイレは有料50円です。
■横谷温泉郷など温泉はたくさんあります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 防寒着

写真

白駒池駐車場から見た苔の森の入口。神秘的な雰囲気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒池駐車場から見た苔の森の入口。神秘的な雰囲気です。
3
白駒荘までやって来ましたが、池の向こう側も見えないほどです。平日なので山荘はお休みでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒荘までやって来ましたが、池の向こう側も見えないほどです。平日なので山荘はお休みでした。
1
上を見上げるとこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上を見上げるとこんな感じ
木々の下にはシダ類が生えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の下にはシダ類が生えています。
登山道はこんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はこんな感じです。
1
苔で覆われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔で覆われています。
1
近くによってみるとこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くによってみるとこんな感じ
1
登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道です。
1
ニュウ山頂直下のコイワカガミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニュウ山頂直下のコイワカガミ。
1
本日、目立った植物は、オサバグサ(これが一番多かった)、コイワカガミ、この2種類でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日、目立った植物は、オサバグサ(これが一番多かった)、コイワカガミ、この2種類でした。
湿原では鹿の親子がのんびり草を食べていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原では鹿の親子がのんびり草を食べていました。
1
入口までもどって来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口までもどって来ました。
4

感想/記録

 登山教室の山歩き講座(歩き方の練習)のため、写真を撮りたい時に止まるわけにはいかず写真は少ないです。
 雨の後で、かなり滑りやすく、写真にもあるように、大きな木が横たわっていたり、岩々していたりして、歩きずらい道でした。森の落ち葉や砂利の上は比較的歩きやすかったです。
 この道の魅力は何と言っても、苔の美しさです。ニュウ山頂まで行かずとも、白駒池を周回すれば、様々な苔の素敵な写真が撮れるような気がしました。白駒池入口付近では三脚で接写での写真を撮っている人が何人かいました。
 眺望が臨めなかった今回のコースのハイライトはオサバグサ(東北や北八ヶ岳で見られるそうです)、とコイワガガミでした。オサバグサを見たのは、初めてで、スズランがもう少し開いて上からツリガネソウのようになっている小さな花でした。特徴的なのはシダのような葉です。たくさん咲いていたのに写真を撮れなかったのが残念です。コイワガガミは前回、池之平湿原で見たものよりもかなり小粒で、種類が違うのか、季候(気温や日光とか)の違いによるものかはわかりません。
 今回は学ぶというより、良く滑る道で歩くのに一所懸命だった気がします。時間はかかりましたが、生徒一同、誰一人転ぶことなく歩けたペースを作ってくれたガイドさんに感謝です。
訪問者数:324人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

イワカガミ 藪漕ぎ 木道 オサバグサ
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ