また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 94671 全員に公開 沢登り丹沢

寄沢水系 宮沢〜宮沢右岸尾根

日程 2011年01月12日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ(寄の気温10℃ 今日は比較的暖か)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

県道710号/中津山荘前12:56-
中津山荘右脇から宮沢へ入渓-
13:27標高410m二俣状-
右俣へ-
13:43標高470m二俣-
一旦左俣へ行くがすぐに沢状終わりに見えたので
堰堤の多い右俣を見ながら中間尾根を少々登る-
14:07標高520m林道-
これ以上沢状を成していないので林道を南へ下る-
標高480m林道を離れ右岸尾根を下降-
標高450〜420m間、再び舗装林道が現れたので使用-
標高420mで再び林道を離れ右岸尾根へ-
14:40中津山荘上部「山友会」の小屋脇-
14:47県道710号/中津山荘対岸
コース状況/
危険箇所等
■寄水系(中津川水系)宮沢

  遡行グレード:1級下(1.5m小滝とあとは堰堤のみの沢歩き)

  まず遡行する人もいないと思う。
  寄バス停から県道710号を稲郷に向かう途中、中津川の対岸にある
  中津山荘のすぐ右の谷。
  堰堤と取水ポンプと最後は横断林道など人工物から解放されない
  一般的には沢登りの遡行対象とはならない小沢。

  ヾ鵐丱皇笋ら稲郷に向かって歩いても徒歩5分くらいで対岸に見える
   古い中津山荘右脇から入る。
   中津山荘には木橋を使わせてもらい寄沢を渡れる。
   沢へ降りると右岸が蛇篭(じゃかご:針金網の中に石を詰めた護岸堤)で
   水は涸れている。

  △垢阿5m堰堤は両側とも手摺があり楽に越えられる。
   続く5m堰堤は手摺がなく、右側の竹やぶから一旦左岸尾根に乗って
   巻く。左側には「山友会」の小屋があるが、私有地で立入禁止に
   なっているので不法侵入になるから×。
   右から巻いて沢へ降りると古い木橋が架かっており右岸へ渡って
   次の堰堤を巻く。

  I弦410mで二俣状。しかし地形図では左沢は判断できないくらい
   すぐに終わっているようだ。ただその左沢の方が水量比3:1と多い。
   おそらく水源があるのだろう。
   水量の少ない右沢へ進む。

  けβ瑤愼るとこの沢唯一と言っていい1.5m小滝。
   教蕕らいで簡単。
   その後は7m堰堤が5つ続く。すべて両岸に手摺がついているので
   問題なく越せる。

  5つ目の堰堤を越せば周囲は植林帯となり標高470m二俣。
   沢床の高さから見ても水量を見ても右俣が本流のようだ。
   左俣は完全に涸れている。
   右俣には表面が灌木で中はコンクリの堰堤が5つ続いている。
   地形図だと左俣の方がシダンゴ山山頂に詰めあがれそうなので
   一旦左俣を登るが、すぐに沢状は終わりになって見えた。
   右俣も見ながら植林の中間尾根を登ると、何と!
   舗装林道が横断している。
   その上流はほとんど沢状を成していないので、ここで遡行終了。
   林道の行く末でも見ようかと下降する。
   どうやら寄大橋からシダンゴ山を繋ぐ一般登山道のようだった。
   
ファイル 20110112miyazawa.xls (更新時刻:2011/01/12 11:28)
過去天気図(気象庁) 2011年01月の天気図 [pdf]

写真

県道710号の対岸にある中津山荘
2011年01月12日 12:53撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道710号の対岸にある中津山荘
宮沢へ入るため渡らせてもらう
2011年01月12日 12:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮沢へ入るため渡らせてもらう
宮沢へ降りると涸れた小沢だ
2011年01月12日 12:57撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮沢へ降りると涸れた小沢だ
3つほど堰堤を越すと古い木橋
左岸から右岸へ渡る
2011年01月12日 13:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つほど堰堤を越すと古い木橋
左岸から右岸へ渡る
取水ポンプの綻びから噴射したシャワーが植物にかかり凍結している
2011年01月12日 13:17撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取水ポンプの綻びから噴射したシャワーが植物にかかり凍結している
中津山荘の取水ポンプがしばらく伸びている
2011年01月12日 13:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津山荘の取水ポンプがしばらく伸びている
標高410m二俣状
左沢は地形図からも読み取れないほどの小沢だが水量比は3:1と本流より多い。
2011年01月12日 13:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高410m二俣状
左沢は地形図からも読み取れないほどの小沢だが水量比は3:1と本流より多い。
右沢へ入るとこの沢唯一の1.5m小滝
2011年01月12日 13:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右沢へ入るとこの沢唯一の1.5m小滝
さらに堰堤は続くが両岸に手摺があるので容易に越せる
2011年01月12日 13:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに堰堤は続くが両岸に手摺があるので容易に越せる
この堰堤の上で標高470m二俣
周囲は植林帯となってくる
2011年01月12日 13:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この堰堤の上で標高470m二俣
周囲は植林帯となってくる
中間尾根から右俣
堰堤が5つ連続している
2011年01月12日 14:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間尾根から右俣
堰堤が5つ連続している
標高520mで林道が横断していた
2011年01月12日 14:07撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高520mで林道が横断していた
もう沢状も終わっている感じなので、ここで遡行を終了し林道を下る
2011年01月12日 14:08撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう沢状も終わっている感じなので、ここで遡行を終了し林道を下る
シダンゴ山と寄バス停を結ぶ一般登山道
2011年01月12日 14:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダンゴ山と寄バス停を結ぶ一般登山道
一昨日の積雪もほとんど消失している
2011年01月12日 14:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一昨日の積雪もほとんど消失している
送電線(新秦野線)の手前から林道を離れ宮沢右岸尾根を下る
2011年01月12日 14:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線(新秦野線)の手前から林道を離れ宮沢右岸尾根を下る
右岸尾根を下る
2011年01月12日 14:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸尾根を下る
再び舗装林道に出くわす足長おじさん
2011年01月12日 14:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び舗装林道に出くわす足長おじさん
新秦野線36号鉄塔
2011年01月12日 14:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新秦野線36号鉄塔
中津山荘上部の山友会の小屋脇を通過させてもらう
2011年01月12日 14:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津山荘上部の山友会の小屋脇を通過させてもらう
中津山荘キャンプ場
2011年01月12日 14:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津山荘キャンプ場
寄沢(中津川)を渡ります
2011年01月12日 14:42撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄沢(中津川)を渡ります
鍋割、雨山峠方面
2011年01月12日 14:43撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割、雨山峠方面

感想/記録
by kamog

数日前から左肩が痛いのに、一昨日湯河原幕岩で
左腕を多用する「憧れのハワイ航路」をやったため
ますます悪化?
本当は滝郷沢でも行こうかと考えていたが
お気楽そうな短い小沢「宮沢」にトレースでも残そう。

やはり堰堤、取水ポンプなど人工物に占拠され
水もほとんどしょぼく沢登りではなく沢歩きの沢だった。
懸念していた一昨日未明の積雪もほとんどなく
気温も最高10℃くらいでポカポカ。

最後?は立派な林道が沢を横断しており
その上流はほとんど沢状を成していないので
ここで遡行終了。

まぁたまにはいいさ、こんな沢歩き。
訪問者数:1491人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ