ヤマレコ

記録ID: 988181 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

八海山 険し楽しい紅葉周回ルート 屏風道〜新開道  

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
屏風道
中間部から上で鎖場等連続しますが、要注意は肩の脆そうなトラバース部

稜線
足がかりの少ない鎖場の下降もあるので、慣れてないと難儀するかも。

新開道
稜線から分岐直後、長い梯子の先から始まる、連続トラバース。
木々で視界があまりないので、標高差を感じませんが相当です。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

AM6:00行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AM6:00行きます。
2
登山ポストがあります。2合目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポストがあります。2合目
2
増水時の渡渉装置?でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増水時の渡渉装置?でしょうか。
2
山麓部はなだらかなです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山麓部はなだらかなです。
2
四合目辺りから切り替わります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目辺りから切り替わります。
1
鎖場の始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場の始まり。
1
険しい山容がぐんぐん近づいてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい山容がぐんぐん近づいてきます。
1
オー!と見とれる景色と傾斜です。正面右の大きな樹の脇を上がるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オー!と見とれる景色と傾斜です。正面右の大きな樹の脇を上がるようです。
3
すごく得した感じでテンションあがります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごく得した感じでテンションあがります。
1
稜線はまだ先です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はまだ先です。
1
長い鎖場が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い鎖場が続く。
1
こんな感じのやせ尾根もあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じのやせ尾根もあり。
2
紅葉も映える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も映える。
3
少し沢を遡上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し沢を遡上。
1
こんな脆そうなトラバース部が数箇所あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな脆そうなトラバース部が数箇所あり。
2
でも振り返ると見事な景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも振り返ると見事な景色。
3
樹林帯を抜けると稜線も近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると稜線も近い。
3
左の尾根が下山ルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の尾根が下山ルート。
3
小屋が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えた。
2
千本檜小屋着。3時間弱楽しい上りでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千本檜小屋着。3時間弱楽しい上りでした。
1
下山は禁止です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は禁止です。
1
稜線行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線行きます。
1
地蔵岳から振り返り見下ろし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳から振り返り見下ろし。
2
不動岳 ここから先は有名な連続鎖場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳 ここから先は有名な連続鎖場。
2
確かに!見事なギャップの連続。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに!見事なギャップの連続。
3
ギャップの底から駒ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギャップの底から駒ケ岳
2
どうやって行くのかな?とはじめてのルートは楽しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやって行くのかな?とはじめてのルートは楽しい。
2
色々な要素とイベントが続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色々な要素とイベントが続く。
1
晴れてて、風も心地良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてて、風も心地良い。
1
まだまだ続きますね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続きますね!
3
溝沿いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溝沿いです。
2
その先の下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先の下り。
2
少しお話した方。年120日以上で10月は7日目。自分より20歳上との事ですが、考えられないほど健脚でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しお話した方。年120日以上で10月は7日目。自分より20歳上との事ですが、考えられないほど健脚でした。
3
入道山手前から振り返り、険しい紅葉です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道山手前から振り返り、険しい紅葉です。
7
入道山、沢山人がいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道山、沢山人がいました。
2
駒ケ岳。中ノ岳から周回ルート素晴らしいとの事ですが、大変そうなのがよく分かりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳。中ノ岳から周回ルート素晴らしいとの事ですが、大変そうなのがよく分かりました。
5
帰ります。稜線はロープウエイからの方が到着し始めて大渋滞になってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ります。稜線はロープウエイからの方が到着し始めて大渋滞になってました。
3
稜線直下のトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線直下のトラバース
2
数箇所注意ポイントが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数箇所注意ポイントが続きます。
1
帰ってきました。楽しいルートでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってきました。楽しいルートでした。
2

感想/記録
by STsnow

紅葉の進む八海山を屏風道から周回してきました。
標高差1100mの険しい山容の紅葉、初めてのルート、久ぶりに心躍る
楽しい時間を歩いてきました。

屏風道の中間から上は、鎖がなかったら、7番標識から明神5峰へ続く
キツイ樹林帯より、明らかに厳しいだろうし、
稜線の鎖場も表妙義よりコンパクトに、色々な状況がまとまっていて
見晴らす景色も雄大で、明らかに 楽しさを感じます。
人気で、渋滞するほどなのも分かります。

スキー場の方は久しく行ってませんが、タイミングが合えば
深雪が楽しめるので、行ってみようかな。


今回、無線機(VX-8D)を持っていきました。
2mと430で入感を試していましたが、アンテナは7.5cmのSRHF10だったせいか
はっきりした入感は2mだけで、妙義など関東周辺では430ばかりな感じとは違ってました。
近くの谷川岳山頂と遠くは南八ヶ岳山頂からの2mのコールがありました。
10末か11始めの穂高最終にタイミングが合えば、6mも使えるアンテナ持って行こうと思っています。
訪問者数:196人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ