また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > hamburgさんのHP > プロフィール

プロフィール

ブラックステージ hamburg Premium

プロフィール

ユーザ名 hamburg(最終ログインは4時間以内)
登山経験 山行日数 621日
現住所 東京都八王子市
性別 男性
山以外の趣味 乗り鉄・ドライブ・読書・映画鑑賞・・今は休み中
自己紹介 山を歩くきっかけは「高尾山・景信山・陣馬山 登山詳細図」(吉備人出版)に出会ったことがきっかけです。当初は家の周りを歩いていたのが、この地図に出会い、高尾山周辺を歩くようになりました。
そして「高尾山・景信山・陣馬山 登山詳細図」は、ほぼ歩いたので、次の目標を昭文社「山と高原地図」の高尾エリアと奥多摩エリアの全ルートの走破(赤線部分・車道を含む)としました。「山と高原地図」の高尾エリアは、かなり歩きました。2019年中には全走破できそうです。
並行して「山と高原地図」の奥武蔵エリアの全ルートの走破も目標としました。

また、私には百名山制覇はできないので、2015,2016,2017年は年100レコを目標とし達成しました。
2018年も年100レコを目指しましたが、11月に入院したこともあり達成出来ませんでした。
年100レコは、かなり大変なので、2019年以降は目標としないことにしました。

2019年の目標は
‐綉記載の「山と高原地図」の高尾エリアの全制覇
∋獲百名山の60座達成
4愿貮柑海60座達成
です。

渋描き隊長の名前のゆえんの「赤線(歩いた軌跡)繋ぎ」も私の山歩きの楽しみの一つです。私のマイマップをご覧頂けると嬉しいです。
(2019/1/27更新)


--(以下2013/7/21記載)--
最近、山梨県東部(大月市、上野原市周辺)のを歩き回っています。
ヤマレコのコメントに複数のユーザーから、“渋い”ルートを歩いていると絶賛?されました。
特に尊敬する半袖t-shirt隊長からは、「渋沢栄一か渋柿隊か渋谷駅か」というお褒めの言葉?!をもらいました。
そこで、半袖t-shirt隊長の公認を得て、半袖隊支部隊「渋描き隊長」(渋いルートをマイマップで描く。 )を名乗ることに致しました。

「渋い」の意味を調べると
one渋柿を食べたときなどの、舌がしびれるような味である。「―・いお茶」
twoはででなく落ち着いた趣がある。じみであるが味わい深い。「―・い声」「―・い色のネクタイ」「目の付け所が―・い」
three不愉快そうな、または、不満そうなようすである。「―・い顔をする」
とあります。
褒められたのか、貶されたのか、紙一重の様ですが、褒められたと勝手に解釈し、ヤマレコの「シブかき隊」をめざします。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-319578.html
参照

--(以下2013/4/14記載)--
最近、笹本陵平さんの「南極風」(祥伝社)という本をよみました。ニュージーランドの3000m級の山を登る話で、私のレベルとは雲泥の差ですが、共感できる記述がありましたので紹介します。

山は人間が登るためにつくられたわけじゃない。好きで登っているのは我々なわけで、こちらの勝手な注文に山は応じてくれません。大事なのは、山の心を理解することなんですよ。
山の心・・それを無視すると、山は手痛いしっぺ返しをしてきます。挑戦するとか、征服するとはという考えは捨てて、その懐で遊ばせてもらう。それが山との一番幸福な付き合い方だと思うんです。(第7章から引用)

(遭難事件後) にもかかわらず山を愛する人がいる。なぜかと自問しても確たる答えは浮かばない。ただ好きだから、そこに身を置くことが幸福だから・・そんな理屈にもならない答えしかでてこない。(第11章から引用)
ページの先頭へ