また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > Y-chanさんのHP > プロフィール

プロフィール

ブラックステージ Y-chan Premium

プロフィール

挑戦中の山リスト [?]

未登録
ユーザ名 Y-chan
登山経験 1995年〜 (登山歴26年) / 山行日数 468日
現住所 山梨県南アルプス市
性別 男性
誕生日 7月7日
血液型 O型
出身地 神奈川県
山以外の趣味 映画
職業 自営業
自己紹介 中高年。

日帰り中心登山を楽しみます。
2018年から通訳ガイドのお仕事です。
その為、山に行くことが少なくなりました。
繁忙期と閑散期とありますので、閑散期には山に登りたいな、、と思っています。

普通の登山者です。
でも頑張り屋で、長い距離も歩くことがあります。
スピードは出ません。

トレーニングは、自分なりに走ったりしています。
でも、
マラソンには興味が出ません。
トレランも無理ですね。

山は県内の山が中心です。
鳳凰三山、北岳などは、裏山と思っています、、。
櫛形山は本当の裏山です。
八ケ岳、奥秩父も良く行きます。

遠出はまれです。
時々、シーズンなら北アルプス、中央アルプスか、、。

岩は苦手です。

継続して山に登るのが目的です。
足腰と歯は大切にしたいです。
健康寿命を長くしたいですからね。

2013年11月頃から、目のトラブル。
目のトラブルはモノが二重にみえること。
甲状腺の病気、、いわゆる、バセドウ病に
よる影響です。

バセドウ病って、様々な症状があり、
目などいろいろな
ところに影響出る病気のようです。

そのバセドウ病、2011年だったかな、発症。
一応、完治しています。
再発もあるようなので、注意。

私のバセドウ病の症状では、
身体がいつも全力疾走の状態でした。
今は症状はありませんが、
走ると息が切れ、山に登っても苦しかった。
バセドウ病と判明するまで、
なぜだろう、、なんて、思っていました。
そんな病気ですから、知らずに身体がどんどん代謝し
体重は減りました。
バセドウ病と知らず、52kgまで落ちたボクサーのような
身体を、、「トレーニングの成果だ」なんて、
馬鹿なことを思ったりしました。

現在は、息切れ等の症状もありません。

バセドウ病と診断されるまでには、
原因が分からず、病院を転々ということあるようですね。
私は、一回で診断されて、良かったです。

そのバセドウ病が目に来たんですね。
2014年6月にはステロイド大量投与の為、3週間入院。
効果なく、9月に手術。

手術も正面が二重に見えることを改善させるもので
一応、正面は二重になることが少なくなりました。

でも左右など、やはり二重に見えるエリアがあって、
また朝晩、疲れたときなど、正面でも
二重に見えるときもあり、
運転への不安から、遠くの山には、なかなか行けないかもです。
でも、目の症状も今ではほとんど収まっています。
ページの先頭へ