ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 札幌五輪 滑降コース跡

札幌五輪 滑降コース跡(さっぽろごりん かっこうこーす あと)

最終更新:2013-11-19 15:20 - welcomecat
基本情報
標高 1126m
場所 北緯42度47分29秒, 東経141度16分36秒
恵庭岳の西南西斜面は、1972年(昭和47年)2月3日〜13日に開催された札幌オリンピックで滑降競技のコースとして使用されました。そのためにわざわざ山腹斜面の樹木が広範囲に渡り伐採されたことは、オリンピックによる自然破壊として一部から批判を浴びることになりました。当時の総事業費は7億9,400万円で、ちょうどX染色体のような配置の右上から降りてくる男子用がスタート標高1,126m、全長2,636m、最大斜度37度(平均斜度17度)、左上から降りてくる女子用がスタート標高870m、全長2,108m、最大斜度35度(平均斜度14度)。観客収容能力は7,300人で、31人乗りのゴンドラを吊るすロープウェイも設置され、1時間に400人を運ぶことが出来ました。オリンピック終了後に植林が実施されたものの、現在でも航空写真で見るとそのコース形状がわかる程度の回復具合です。なお、この会場で使われたゴンドラの内の二台は現在、登別クマ牧場の駐車場片隅にて倉庫として第三の人生を送っているとのことです。


■参考:

<LA84財団コレクション「札幌オリンピック冬季大会公式報告書」(※pdfファイルです。ファイルサイズは大きいですが、282ページに恵庭岳滑降コースの写真、284ページに平面図があります。英仏語です。)>
http://www.la84foundation.org/6oic/OfficialReports/1972/orw1972.pdf

<札幌オリンピック時のロープウェイ「オリンピック号」(※個人HPです。全国のロープウェイ廃線跡を探索しておられます。)>
http://8beat.com/ropeway/eniwa.htm

 

札幌五輪 滑降コース跡の日の出・日の入り時刻

12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木)
日の出 6時46分 6時47分 6時48分 6時49分 6時50分 6時51分 6時51分
日の入り 16時9分 16時9分 16時9分 16時9分 16時9分 16時9分 16時10分

札幌五輪 滑降コース跡 (標高1126m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-5.3
平均気温
-8.1
最低気温
-10.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 2 時間/日
降水量 3.7 mm/日
最深積雪 59 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

恵庭岳(えにわだけ、アイヌ語: e-en-iwa)は、北海道の支笏洞爺国立公園にある第四紀火山である。標高は1,320 mで、1991年に気象庁より活火山に指定されている。アイヌ語の山名、「エ・エン・イワ」は「頭が・尖っている・山」を意味する。恵庭市の名前の由来でもある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「札幌五輪 滑降コース跡」 に関連する記録(最新10件)

支笏・洞爺
  26    48  6 
2014年03月15日(日帰り)
支笏・洞爺
  46    3  1 
2011年10月13日(日帰り)
ページの先頭へ