ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 焼石岳

焼石岳(やけいしだけ)

基本情報
標高 1548m
場所 北緯39度09分49秒, 東経140度49分43秒
山頂

焼石岳の日の出・日の入り時刻

12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木)
日の出 6時36分 6時37分 6時38分 6時39分 6時40分 6時40分 6時41分
日の入り 16時23分 16時23分 16時23分 16時23分 16時23分 16時23分 16時24分

焼石岳 (標高1548m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-4.5
平均気温
-6.4
最低気温
-9.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 2.2 時間/日
降水量 5.9 mm/日
最深積雪 202 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

焼石岳
ピークからの焼石岳
振り返って焼石岳
先週の焼石岳
焼石岳山頂と紅葉

山の解説 - [出典:Wikipedia]

焼石岳(やけいしだけ)とは、岩手県南西部、奥州市と和賀郡西和賀町の境にある火山である。標高1,548メートル。奥羽山脈中部に属し、牛形山、駒ヶ岳などからなる焼石連峰の主峰で、栗駒国定公園の一部。日本二百名山の一つである。
第四紀に噴出形成した火山で、周囲には規模の小さい火山が集まっている。尚、現在は死火山である。山体が輝石安山岩などから構成され、山頂周辺に焼けたような石が見られることが名称の由来とされる。
ブナの原生林に覆われ、山腹には小沼が多く分布しミズバショウや高山植物も豊富。東麓の尿前川の渓谷は無数の滝をつくり、とくに紅葉期は美しい。月山、八甲田山とともに残雪の多い山で、登山路は北東麓の夏油温泉からのコースが変化に富んでいる。頂上からの展望は雄大で八幡平、岩手山、早池峰山、鳥海山、月山および飯豊山など東北の主な山々が遠望できる。
標高と比較して高山植物が豊富である。中腹にある中沼と上沼は雪解けから盛夏まで高密度に湿性植物が咲く。山頂直下の姥石平は6月上旬から晩夏まで広大なお花畑を展開する。焼石沼周辺のミヤマキンポウゲのお花畑や、焼石沼上部のお花畑も優れている。東北地方トップクラスの花の山である。
山頂には一等三角点が設置され1547.65mとなっている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「焼石岳」 に関連する記録(最新10件)

栗駒・早池峰
  16    32  7 
2016年11月21日(日帰り)
栗駒・早池峰
  44    44 
2016年11月13日(日帰り)
栗駒・早池峰
  10    36  7 
2016年11月07日(日帰り)
栗駒・早池峰
  47    14 
2016年10月22日(日帰り)
栗駒・早池峰
  63    12 
2016年10月16日(日帰り)
栗駒・早池峰
  24    43  4 
mikipom, その他1人
2016年10月15日(日帰り)
栗駒・早池峰
  49    16 
2016年10月14日(日帰り)
栗駒・早池峰
  38    15 
2016年10月10日(日帰り)
東北
  
tarehashi, その他1人
2016年10月10日(日帰り)
栗駒・早池峰
  16    19 
2016年10月07日(日帰り)
ページの先頭へ