ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 真念庵

真念庵(しんねんあん)

最終更新:2015-01-13 11:49 - higashino9
基本情報
場所 北緯32度54分27秒, 東経132度55分57秒

真念庵 (基準標高167.1m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
12.5
平均気温
8
最低気温
3.9
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.2 時間/日
降水量 2.3 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

真念庵
また一山越えていく。トンネルを抜けたら、真念庵分岐
分岐のところに、もう一本山道もある。これが真念庵への道
岩本寺・金剛福寺・延光寺の 中継地として作られた真念庵
12:00宗賀、右はあの迷い組3人の目指した真念庵から来る道 自分は左に進みます

山の解説 - [出典:Wikipedia]

真念庵(しんねんあん)は高知県土佐清水市に所在する仏堂である。本尊は地蔵菩薩。四国八十八箇所霊場番外札所。
江戸時代前期の天和年間(1681年 - 1683年)に大坂寺嶋(現在の大阪府大阪市中央区空堀商店街付近)在住で土佐出身と言われる真念によって大師堂が建立されたと伝えられている。
真念庵が建立された市野瀬地区は、札所間の距離が最も長い三十七番札所・岩本寺と三十八番札所・金剛福寺の中間地点にあり伊豆田峠の土佐清水側の麓にある。かつ、金剛福寺を打ち戻って三十九番・延光寺に向かう途中にあたる。真念庵は、善根宿として、また、金剛福寺から打ち戻る遍路の荷物置き場として利用された。
仏堂の前には、明治時代初期の庵主であった法印実道が四国を巡拝して浄財を集めて建立した八十八体の石仏が並んでいる。石仏を刻んだ石は地元民が集落の北にある山から切り出したものである。
ここから金剛福寺までは7里(28km)ある。真念は金剛福寺までの遍路道に1丁間隔で道標として丁石を350基立てた。これは「足摺遍路道三百五十丁石」と呼ばれている。丁石の多くは美作国(岡山県北東部)、播磨国(兵庫県南西部)、摂津国(兵庫県南東部・大阪府北部)、地元の有志により立てられた。現代では道路工事などで多くが失われている。
現在、真念庵の納経は麓の集落にある民家で受けることができる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「真念庵」 に関連する記録(最新10件)

四国
  28    17 
2015年04月12日(日帰り)
四国
  20    24 
2015年01月10日(3日間)
四国
  1     9  3 
2013年05月13日(日帰り)
四国
  24     8  1 
2012年10月19日(3日間)
ページの先頭へ