ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 大茂峠

大茂峠(だいもんとうげ)

最終更新:2015-04-27 22:18 - tancro
基本情報
場所 北緯36度29分43秒, 東経139度23分07秒
4方向に踏み跡が残る峠であるが、指標や祠は見当たらない。また、東西ともに100mも下れば立派なアスファルト道に突き当たる。(2015年4月)

大茂峠 (基準標高616.7m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
8.1
平均気温
2.5
最低気温
-2.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 6 時間/日
降水量 0.9 mm/日
最深積雪 12 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

指標も祠もない大茂峠
あっ、谷川が見える 西黒から本峰、一ノ倉、茂倉 手前は清水峠に七ッ小屋か その右は大源太
冬路ノ頭〜七ッ小屋〜大源太〜大栗ノ頭 大源太の左奥は茂倉 左端は清水峠で、送電線監視所の建物が見える
さて、ここからは、こないだ買って読んだばかりの「奥武蔵・秩父 峠歩きガイド」(大久根茂 著)を参考にしたルートです。
この茂来山は98年に初めて林道ツーリングで走って以来、毎年必ず1度は走ってきまして、色々と詳しく周辺の林道も含めて調査した結果、北は富岡街道から南は三国峠まで(山梨も加えると大弛峠まで)、縦に未舗装林道をつないで走れると言う、やたら舗装&閉鎖される近年にあって、大変稀有なエリアなんです。その中心にあたる広域基幹林道茂来線ゆかりの茂来山に、自分の足で登ることになるなんて、登山を始めるまでは思いもよりませんでした。いつも国道299号の川久保の集落から望む茂来山が、まるで丹沢大山みたいにドーンと鎮座まします山容に、いつも素敵な山だなと思っていました。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「大茂峠」 に関連する記録(最新10件)

日光・那須・筑波
  81    16 
2015年04月26日(日帰り)
ページの先頭へ