ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 比叡山

比叡山(ひえいざん)

最終更新:2012-08-09 14:42 - matoyan
基本情報
標高 848m
場所 北緯35度03分56秒, 東経135度50分03秒
一等三角点。別名、大比叡
山頂

比叡山の日の出・日の入り時刻

01/24(火) 01/25(水) 01/26(木) 01/27(金) 01/28(土) 01/29(日) 01/30(月)
日の出 6時56分 6時55分 6時55分 6時54分 6時54分 6時53分 6時52分
日の入り 17時23分 17時24分 17時25分 17時26分 17時27分 17時28分 17時29分

比叡山 (標高848m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
2.3
平均気温
-1.3
最低気温
-4.6
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 3.4 時間/日
降水量 1.9 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

比叡山(ひえいざん)は、滋賀県大津市西部と京都府京都市北東部にまたがる山。大津市と京都市左京区の県境に位置する大比叡(848.3m)と左京区に位置する四明岳(しめいがたけ、838m)の二峰から成る双耳峰の総称である。高野山と並び古くより信仰対象の山とされ、延暦寺や日吉大社があり繁栄した。東山三十六峰に含まれる場合も有る。別称は叡山、北嶺、天台山、都富士など。
比叡山は、滋賀県大津市の西南、滋賀・京都県境に位置する、標高848mの山である。古事記には淡海(おうみ)の日枝(ひえ)の山として記されており、古くから山岳信仰の対象とされてきた
国土地理院による測量成果では、東の頂を大比叡、西の頂を四明岳、総称として比叡山としている。「点の記」では、東の頂に所在する一等三角点の点名を「比叡山」としている。この三角点は大津市と京都市の境に位置するが、所在地としては大津市にあたる。なお、比叡山は、丹波高地ならびに比良山地とは花折断層を境にして切り離されているため、比叡山地、あるいは比叡醍醐山地に属するとされる。
京都側から見た場合、四明岳と大比叡をともに確認することができ、重量感のある印象である。だが、京都盆地から比叡山を見た場合、四明岳は確認できるが、大比叡の頂は四明岳に隠れてしまう。このときのバランスのとれた三角形の外観は、「都富士」ともいわれる。また、大比叡がみえない場合、四明岳を比叡山の山頂だと見なすことがあり、京福電気鉄道叡山ロープウェイにおいては、四明岳の山頂をもって比叡山頂駅と設定している。
比叡山の山頂からは、琵琶湖や京都市街のほか、比良連峰などの京都北山も眺めることができる。
比叡山は、登山も盛んである。京都市左京区修学院から登る雲母(きらら)坂(四明岳まで2時間30分かかるという)は古くから京都と延暦寺を往復する僧侶・僧兵や朝廷の勅使が通った道であり、現在も登山客は多い。滋賀県側からは、日吉大社の門前町・坂本から表参道を経て、無動寺谷を通って登る登山道などがある。山内には大津から京都大原方面へ抜ける東海自然歩道が通っている
なお、四明岳の表記、あるいは読みには多数の説があり、国土地理院による「四明岳(しめいがたけ、しめいだけ)」のほか、「京都市の地名」では「四明ヶ岳(しめがたけ)」、「四明峰(しみょうのみね)」などを挙げている。比叡山の別称である天台山、ならびに四明岳の名称は、天台宗ゆかりの霊山である中国の天台山、四明山に由来する。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「比叡山」 に関連する記録(最新10件)

京都・北摂
  27    13 
2017年01月22日(日帰り)
京都・北摂
  47    24 
2017年01月14日(日帰り)
京都・北摂
  25    13 
2017年01月14日(日帰り)
比良山系
   1 
2017年01月10日(日帰り)
京都・北摂
  
2017年01月08日(日帰り)
比良山系
  
2017年01月07日(日帰り)
近畿
  
2017年01月06日(日帰り)
京都・北摂
  97    17 
2017年01月04日(日帰り)
比良山系
  
2017年01月02日(日帰り)
ページの先頭へ