ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 先山

先山(せんざん)

最終更新:2010-10-03 17:12 - otoh
基本情報
標高 448m
場所 北緯34度21分27秒, 東経134度50分19秒
国生み伝説の中で、最初に生まれた山とされる。
山頂部には先光寺がある。
先光寺の展望所は洲本八景のひとつ、市街や諭鶴羽山が見渡せる。
山頂

先山の日の出・日の入り時刻

12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火)
日の出 6時50分 6時51分 6時52分 6時52分 6時53分 6時54分 6時54分
日の入り 16時55分 16時55分 16時55分 16時55分 16時56分 16時56分 16時56分

先山 (標高448m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
8.8
平均気温
5.7
最低気温
2.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.6 時間/日
降水量 1.5 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

先山(せんざん)は、兵庫県の淡路島中部にある標高448mの山。洲本市上内膳に位置する千山山地の最高峰。愛称は淡路富士
山名は国生み神話でイザナギ・イザナミの二人の神が淡路島を創ったときに、最初にできた山がこの先山であるとされることから
領家変成帯の花崗岩でてきていて西側は緩やな津名丘陵が続き、東側には南北に通る先山断層を挟んで大阪層群の丘陵が広がっている。
山頂の展望台からは大阪湾はもとより四国まで望むことができ「洲本八景」の一つに数えられ、
また本山と諭鶴羽山(608m)、柏原山(569m)で「淡路三山」とも呼ばれる。
1804年(文化元年)、谷文晁が出版した『名山図譜』は全国の著名な88の山を水墨画で描いたものだが、この中に大阪湾を隔てて望んだ先山が富士山のような姿で描かれている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「先山」 に関連する記録(最新10件)

近畿
  29   6 
2016年02月07日(日帰り)
近畿
  30    14 
2016年01月23日(日帰り)
近畿
    6 
yamako2013, その他1人
2015年11月29日(日帰り)
近畿
  8    17 
Pikkel, その他21人
2015年01月11日(日帰り)
近畿
  20    16 
NyamiNyami, その他2人
2014年11月11日(日帰り)
近畿
  21    15 
jalajalan903, その他1人
2014年07月26日(日帰り)
近畿
  40    30  2 
lily-lis920, その他3人
2014年07月25日(日帰り)
近畿
  7    8 
himaya, その他4人
2014年05月23日(日帰り)
近畿
  13     1 
2014年01月25日(日帰り)
近畿
  13     18 
2013年01月12日(日帰り)
ページの先頭へ