ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 二上山

二上山(にじょうざん)

最終更新:2015-12-28 23:02 - pinojp
基本情報
標高 517m
場所 北緯34度31分32秒, 東経135度40分39秒
以前は入山料200円を徴収されることがありましたが、最近はないようです。
山頂
トイレ 雄岳、雌岳の鞍部にあり無料。
展望ポイント 雌岳よりの展望良し。雌岳山頂下の大阪側山腹に展望台あり(立入自由)。

二上山の日の出・日の入り時刻

01/24(火) 01/25(水) 01/26(木) 01/27(金) 01/28(土) 01/29(日) 01/30(月)
日の出 6時57分 6時56分 6時56分 6時55分 6時54分 6時54分 6時53分
日の入り 17時23分 17時24分 17時25分 17時26分 17時27分 17時28分 17時29分

二上山 (標高517m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
5.5
平均気温
1.3
最低気温
-2.9
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 3.4 時間/日
降水量 1.7 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

二上山(にじょうざん)は、奈良県葛城市と大阪府南河内郡太子町にまたがる山。かつては大和言葉による読みで「ふたかみやま」と呼ばれた。
金剛山地北部に位置し、北方の雄岳(517m)と南方の雌岳(474m)の2つの山頂がある双耳峰である。
また、石器に使われた讃岐岩(サヌカイト)の産地である。二上山の北側の春日山付近の地域で遺跡が多く発見されていることから二上山北麓遺跡群とも呼称されている。後期旧石器時代から弥生時代にかけての多量の剥片・砕片・石核・くさび形石器・敲石類が採集されており、遺構としての採掘坑も確認されている。大阪みどりの百選に選定されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「二上山」 に関連する記録(最新10件)

未入力
  
2017年01月23日(日帰り)
未入力
  
2017年01月22日(日帰り)
葛城高原・二上山
  20    7 
2017年01月22日(日帰り)
葛城高原・二上山
  21    15 
2017年01月22日(日帰り)
金剛山・岩湧山
  18    20 
2017年01月22日(日帰り)
葛城高原・二上山
  9   14 
2017年01月21日(日帰り)
未入力
   2 
2017年01月21日(日帰り)
葛城高原・二上山
  15    8 
2017年01月21日(日帰り)
葛城高原・二上山
  2   1 
2017年01月21日(日帰り)
ページの先頭へ