ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 小朝ノ頭

小朝ノ頭(こあさのかしら)

最終更新:2011-07-13 19:54 - alpsdake
基本情報
標高 1120m
場所 北緯35度32分14秒, 東経136度20分27秒
山頂

小朝ノ頭の日の出・日の入り時刻

12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日)
日の出 6時43分 6時44分 6時44分 6時45分 6時46分 6時47分 6時48分
日の入り 16時49分 16時49分 16時49分 16時49分 16時49分 16時49分 16時49分

小朝ノ頭 (標高1120m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
2.7
平均気温
-0.7
最低気温
-4.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 3.1 時間/日
降水量 5.5 mm/日
最深積雪 36 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

小朝ノ頭
小朝ノ頭。
行く手に小朝ノ頭。
小朝ノ頭到着です。
小朝ノ頭から金糞岳。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

金糞岳(かなくそだけ、きんぷんだけ)は、近畿地方最北東部、中部地方西部に位置し、滋賀県長浜市上草野地区と岐阜県揖斐郡揖斐川町の境界に所在する、標高1,317 mの山。伊吹山地に属する。
滋賀県内では伊吹山に次ぐ標高第2位の山であり、また、「関西百名山」および「ぎふ百山」に選定されている。
かつて滋賀県側の麓では「ノタ」または「ミタニ」と呼ばれていた。草野川東俣谷に古い鉱山跡があり、周辺には製鉄遺跡がある。鉱石を溶精する際に生じる金屎(かなくそ)が、山名の由来であるとする説がある。1824年(文政7年)の『古絵図』には「カナスソガ嶽」と記載されている。民話の『竹生島の話』で伊吹山に首を切られて、伊吹山より低い山になったと伝えられている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「小朝ノ頭」 に関連する記録(最新10件)

近畿
  11    11 
taku1022, その他10人
2016年12月04日(日帰り)
近畿
  55   14  2 
2016年10月30日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  9   13 
2016年10月16日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  7    22 
donive, その他1人
2016年09月17日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  14    38 
2016年05月28日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  18     2 
ma-bou, その他2人
2016年05月21日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  83     51  2 
2016年05月06日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  
2016年05月03日(日帰り)
近畿
  8   2 
2016年05月02日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  21     17 
2016年04月30日(日帰り)
ページの先頭へ