ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1003313 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

熊の気配感じた三頭山

日程 2016年11月08日(火) [日帰り]
メンバー tennka
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き(平日)
奥多摩〜深山橋(丹波行き 奥10 ) 7:00発 7:30着

帰り(平日)
温泉センター〜武蔵五日市(武蔵五日市駅行き 五滝10) 14:51発 15:50着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間34分
休憩
35分
合計
6時間9分
S深山橋07:3109:20ヌカザス山10:35三頭山11:1011:37大沢山12:38槇寄山13:40数馬温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヌカザス山抜けた辺り 休憩10分
三頭山山頂 昼食25分
コース状況/
危険箇所等
※利用しなかった、見つけなかったなど実際と違うこともあるので参考程度に

<コース状況>
 深山橋登山口〜ヌカザス山
  表示板が錆び読めない状態。倒木も複数。
  しかし普通に行けばまず迷うことはない程度。
 槇寄山〜登山口
  逆ルートでこちらから登って行くなら登山口が分かりにくい。
  民家を抜け畑の間を入っていく。登山道に入ってしまえば問題ない。
          
<危険個所>
 ヌカザス山周辺に熊(?)の痕跡があった。熊対策をオススメ。
 登山口〜ヌカザス山まで登山者少なく落ち葉で不明瞭。

<登山ポスト>
 奥多摩駅

<水場>
 コース上にはなし

<トイレ>
 深山橋を渡った先
 三頭山避難小屋内
 数馬の湯

<自販機>
 深山橋渡った先
 数馬の湯
その他周辺情報数馬の湯 820円
 紅葉の時期の平日14時〜15時頃でもすいてた。5人程度の利用。
 食事処、マッサージあり
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 時計 タオル カメラ

写真

深山橋
奥多摩湖、水面に靄がかかってた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山橋
奥多摩湖、水面に靄がかかってた。
2
登山口
入ってすぐの急坂。ここを登ってくのかってぐらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
入ってすぐの急坂。ここを登ってくのかってぐらい。
3
誰も居なくて静か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰も居なくて静か
2
良い感じの紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い感じの紅葉
2
ヌカザス山へ
ちょいちょい急坂がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカザス山へ
ちょいちょい急坂がある
1
ヌカザス山手前
落ち葉を掘り返した跡
複数個所にあった。熊か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカザス山手前
落ち葉を掘り返した跡
複数個所にあった。熊か?
1
良い紅葉
奥の山の方は真っ赤
隣りの山は紅く見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い紅葉
奥の山の方は真っ赤
隣りの山は紅く見える
ぐんぐん高度上げてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐんぐん高度上げてます
ツネの泣き坂(だったかな)
ロープで登るけどロープ無い場所の方が急坂だったような…
ちなみにこの直後のヌカザス山頂上は見どころ無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツネの泣き坂(だったかな)
ロープで登るけどロープ無い場所の方が急坂だったような…
ちなみにこの直後のヌカザス山頂上は見どころ無し
ヌカザス山山頂〜三頭山
二か所あった。
これは熊だよね!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカザス山山頂〜三頭山
二か所あった。
これは熊だよね!?
8
こっちの山は黄色
隣りの山は赤く見えてきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちの山は黄色
隣りの山は赤く見えてきれい
1
坂の下で「ザザン、ザザン、ザザン」と走り抜けるような音…
音の進行方向はこちらに向かっていなかったが坂の下をのぞき込む勇気は無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂の下で「ザザン、ザザン、ザザン」と走り抜けるような音…
音の進行方向はこちらに向かっていなかったが坂の下をのぞき込む勇気は無し
3
岩の間を抜けラストスパート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の間を抜けラストスパート
1
三頭山山頂(東頂)
誰もいない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山山頂(東頂)
誰もいない
4
三頭山山頂(中央頂?)
見晴らしイマイチ…ここで昼食
食事中に人来るも皆、通りぬけるだけ。
おかしいなぁと思ってた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山山頂(中央頂?)
見晴らしイマイチ…ここで昼食
食事中に人来るも皆、通りぬけるだけ。
おかしいなぁと思ってた。
4
三頭山(西頂)
富士山!
山々を超えた向こうに雄大な姿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山(西頂)
富士山!
山々を超えた向こうに雄大な姿。
4
三頭山(西頂)
こっちの方が見晴らし良かった。
皆さん、こっちで昼食してました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山(西頂)
こっちの方が見晴らし良かった。
皆さん、こっちで昼食してました。
4
三頭山避難小屋
キレイ。これなら泊まってみたい。
トイレも掃除が行き届きキレイでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山避難小屋
キレイ。これなら泊まってみたい。
トイレも掃除が行き届きキレイでした。
3
三頭山避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山避難小屋。
4
大沢山
都民の森には行かずずんずん進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢山
都民の森には行かずずんずん進む
良い時期に来れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い時期に来れました。
富士山
山に詳しくなくても富士山だけはいつどこから見ても「富士山」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
山に詳しくなくても富士山だけはいつどこから見ても「富士山」
3
槇寄山山頂
富士山までの抜けの景色
最高でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槇寄山山頂
富士山までの抜けの景色
最高でした。
数馬の湯
13:40着、バスまで約一時間ゆっくりと
お客さん少なく快適
温泉入って締めのソフトクリーム、お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数馬の湯
13:40着、バスまで約一時間ゆっくりと
お客さん少なく快適
温泉入って締めのソフトクリーム、お疲れ様でした。
5

感想/記録
by tennka

奥多摩駅からのバス乗車2名。
深山橋バス停下車は自分だけ。プライベート登山開始。
誰も居ない山を登るいい時間を過ごしていた。
一時間半程の場所で獣臭い(動物園のような匂い)を感じた。
熊が出る前は獣臭いと聞いたことがあったような…
地面見ると40センチ四方を軽く掘り返した跡を発見。
進んでいくとあちこちにある。
さっきまでは自分ひとりの山でウキウキだったが急に怖くなる。
ヌカザス山はこれといって何もないのでそのまま通り過ぎ。直後の木の幹に傷が!
10分歩いた場所で休憩するもなんか落ち着かない。水分補給とパンをかじり速出発。
三頭山まで30分ぐらい手前で登山道の下を並行に走り抜けるような音。
怖くて怖くて早足に。
三頭山でやっと人に会えて安心。
恐怖心も無くなり再び快適登山。下りなのでサクサク進む。
バスまで一時間程だったので予定通り最後は温泉でさっぱり。
帰りのバスは満員、一時間立ったままな上に暑い+軽く車酔い。
少し気分悪くなってしまった。

思い直すと前半のビビりが滑稽に思えるがその時は本当に怖かった。
日帰り荷物だったからか疲れ知らず。ズンズン進み気持ち良かった。
休憩すると寒いので防寒着。歩いているときは長袖シャツで快適。
訪問者数:614人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ