ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1004283 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

東日原〜鷹ノ巣山 トレーニングのため2度ピストン

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー nerima2010
天候曇り・山頂での眺望なし。
アクセス
利用交通機関
電車バス
奥多摩駅から東日原バス停まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間11分
休憩
1時間21分
合計
9時間32分
S東日原バス停08:5709:09中日原バス停09:1010:13稲村岩の鞍部10:3913:25ヒルメシクイノタワ13:3014:06鷹ノ巣山14:4115:05ヒルメシクイノタワ15:0916:50稲村岩の鞍部16:5918:18中日原バス停18:1918:29東日原バス停G
日帰り
山行
8時間47分
休憩
1時間7分
合計
9時間54分
東日原バス停08:4908:57中日原バス停10:01稲村岩の鞍部10:1912:50ヒルメシクイノタワ12:5113:34鷹ノ巣山14:0914:43ヒルメシクイノタワ16:37稲村岩の鞍部16:5018:34中日原バス停18:43東日原バス停
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
通常計画するときはコースタイムの1.3倍を見ている。

トレーニングと思い、鷹ノ巣山を2度ピストン。つくづく体力の衰えを痛感した。
9/3と9/30山行の比較
登り:コースタイム3時間05分   (計画では4時間)
 9/03 4時間27分+休憩53分 計5時間20分
 9/30 4時間32分+休憩18分 計4時間50分

下山:コースタイム2時間35分   (計画では3時間30分)
 9/03 3時間18分+休憩29分 計3時間48分
 9/30 4時間28分+休憩05分 計4時間33分
コース状況/
危険箇所等
分岐はなく山頂まで一本道
トレーニングのため、稲村岩コースで鷹ノ巣山ピストンを単独山行。
上段が9/3、下段が9/30の行程です。

その他周辺情報奥多摩駅のお店は朝はほとんど営業していません。飲料・食料は事前に用意する必要があります。

写真

右に稲村岩、左に続く尾根を登る。
2016年09月03日 09:03撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に稲村岩、左に続く尾根を登る。
ここが最低点の巳ノ戸橋
2016年09月03日 09:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが最低点の巳ノ戸橋
巳ノ戸橋付近の水量は多め
2016年09月03日 09:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巳ノ戸橋付近の水量は多め
20分ほどで橋を渡ります
2016年09月03日 09:36撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分ほどで橋を渡ります
1時間で稲村岩のコル
2016年09月03日 10:16撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間で稲村岩のコル
稲村岩のコルからの登り
2016年09月03日 16:54撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村岩のコルからの登り
疲れました。ここで昼食休憩30分。
2016年09月03日 12:12撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れました。ここで昼食休憩30分。
ヒルメシクイノタワ到着13:23
休憩45分を含んで4時間20分
2016年09月03日 13:23撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒルメシクイノタワ到着13:23
休憩45分を含んで4時間20分
山頂到着は14:10
休憩53分を含んで5時間20分かかりました。
2016年09月03日 14:10撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着は14:10
休憩53分を含んで5時間20分かかりました。
新しく移設されたのでしょうか
2016年09月03日 14:11撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しく移設されたのでしょうか
立派な山頂標識が新設されていました。
2016年09月03日 14:11撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な山頂標識が新設されていました。
ガスがかかっています
2016年09月03日 14:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがかかっています
この方向に富士山が見えるはずですが
2016年09月03日 14:41撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この方向に富士山が見えるはずですが

感想/記録

過去の山行記録(登り)とも比較すると衰えは明らか。
2014/09/03 4時間16分+休憩17分 計4時間33分(単独)
2015/04/29 3時間49分+休憩09分 計3時間58分(会山行)

疲れのため途中の休憩が増え、年々山頂到着が遅くなっている。
単独山行はさぼりがちで遅くなる。

9/30は32分速く山頂を発ったが、足元がぬかるんでいたため下山時間が予想外にかかり、稲村岩のコル到着までに20分余計にかかった。稲村岩のコルを下り切った地点(1725頃)で日没となり、登山道は足下しか見えなくなった。この時点でヘッドランプを取り出したが不調で点灯せず、思いついて携帯のフラッシュを連続で焚き、足元を照らしながら何とか下った。
携帯電話のフラッシュを連続で焚きながらの下山で危うく遭難かの危機。
9/3に比べ日没時間が短くなっていることを計算に入れていなかった。ヘッドランプの点灯試験を事前にしていなかった。猛省。

後日スマートフォンにはライトを点灯する機能があることを知った。

 
訪問者数:24人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ