ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1008424 全員に公開 ハイキング甲信越

初冬の鍋倉山(茶屋池から往復)

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー hina1048, その他メンバー9人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・豊田飯山ICから約32km、50分〜1時間。
・温井集落から関田峠までは例年11月上旬(2016年は11月14日)から冬期通行止めとなります。年によって変わるので「長野県北信事務所・道路情報」をチェック。
http://www.pref.nagano.lg.jp/hokuken/doro/kisei.html
平成28年度・北信建設事務所管内冬期閉鎖区間(PDF:47KB)
http://www.pref.nagano.lg.jp/hokuken/doro/documents/toukiheisa-kasyo.pdf
・今回は直前の降雪で期日前に一時的に閉鎖されましたが、当日は解除されて関田峠まで通行できました(新潟県方面から上がって来る車もありました)。
・登山口は奥から関田峠、茶屋池、巨木の谷入口など何ヶ所かありますが、それぞれ駐車スペースはあります。あふれても道幅が広い所に路駐可能です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間16分
休憩
34分
合計
2時間50分
S茶屋池08:5609:48黒倉山09:5810:17鍋倉山10:4010:54黒倉山11:36関田峠11:3711:46茶屋池G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標準CT:3時間05分(山と渓谷社・分県登山ガイド「新潟県の山」)
コース状況/
危険箇所等
・道は整備されており、標識も要所要所にあります。
・茶屋池と関田峠周辺は池廻りコースなど散策路があり、入下山で組み合わせて複数の歩き方ができる。
・標高差はありませんが、アップダウンがあるので平坦と思って歩くと疲れます。
・雪が積もって融けかかっていたためか、ぬかった部分が多く、靴を汚さないように歩くのに苦労しました。
・倒木が多く、腰をかがめて通過したり、跨いだりと意外と疲れました。
その他周辺情報帰路は戸狩温泉や野沢温泉があり、日帰り入浴施設も豊富です。
http://www.togarionsen.jp/tour/spa/
http://www.togari.jp/spa/
http://www.nozawakanko.jp/spa/sotoyu.php

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 サブザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

茶屋池はうす前の空き地に駐車しました。道幅が広いので路肩に数台駐車できます。
2016年11月13日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋池はうす前の空き地に駐車しました。道幅が広いので路肩に数台駐車できます。
1
茶屋池はうす。この時期は閉鎖されています。
2016年11月13日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋池はうす。この時期は閉鎖されています。
1
茶屋池や関田峠周辺には森林浴歩道が数コース整備されています。
2016年11月13日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋池や関田峠周辺には森林浴歩道が数コース整備されています。
1
茶屋池はうすの左奥にトイレ棟があります。
2016年11月13日 08:48撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋池はうすの左奥にトイレ棟があります。
1
茶屋池は朝早いと波風が立っていないので水面が鏡のようです。
2016年11月13日 08:54撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋池は朝早いと波風が立っていないので水面が鏡のようです。
2
対岸の落葉樹が水面に綺麗に映っていました。
2016年11月13日 08:55撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸の落葉樹が水面に綺麗に映っていました。
2
茶屋池はうす前から池廻りコースを時計回りに入ってハイキング開始。茶屋池を堰き止めた堰堤の上を行きます。
2016年11月13日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋池はうす前から池廻りコースを時計回りに入ってハイキング開始。茶屋池を堰き止めた堰堤の上を行きます。
1
堰堤が終わると登山道に上がります。
2016年11月13日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤が終わると登山道に上がります。
歩いて来た堰堤を振り返った写真。
2016年11月13日 08:58撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて来た堰堤を振り返った写真。
雪が出て来ました。
2016年11月13日 09:02撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が出て来ました。
しばらく茶屋池を右手に見ながら歩きます。
2016年11月13日 09:03撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく茶屋池を右手に見ながら歩きます。
1
池廻りコースと別れて鍋倉山。黒倉山方面に向かいます。
2016年11月13日 09:06撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池廻りコースと別れて鍋倉山。黒倉山方面に向かいます。
1
こちらは池廻りコースの道。
2016年11月13日 09:06撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは池廻りコースの道。
関田峠から来る道と合流しました。帰路はここを関田峠に向かいました。
2016年11月13日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関田峠から来る道と合流しました。帰路はここを関田峠に向かいました。
筒方峠と言う標識がありました。
2016年11月13日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筒方峠と言う標識がありました。
筒方峠のそばには池があり、蓮のような葉の水生植物が群生していました。花の時期に見たいものです。
2016年11月13日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筒方峠のそばには池があり、蓮のような葉の水生植物が群生していました。花の時期に見たいものです。
筒方峠から水芭蕉の森まで1.2kmと書いてあります。我々は黒倉山に向かいます。
2016年11月13日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筒方峠から水芭蕉の森まで1.2kmと書いてあります。我々は黒倉山に向かいます。
光ヶ原牧場とその向こうに日本海が見えました。
2016年11月13日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光ヶ原牧場とその向こうに日本海が見えました。
急な登りもあります。
2016年11月13日 09:46撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な登りもあります。
遠くに米山が見えます。手前にある緑色の建物は光ヶ原高原のグリーンパル光原荘です。
2016年11月13日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに米山が見えます。手前にある緑色の建物は光ヶ原高原のグリーンパル光原荘です。
黒倉山頂上。1242mと書かれています。
2016年11月13日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒倉山頂上。1242mと書かれています。
1
こちらの黒倉山頂上標識には1247mと1245mと書かれています。3通りの標高があって、どれを信じれば良いのでしょうか?
2016年11月13日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの黒倉山頂上標識には1247mと1245mと書かれています。3通りの標高があって、どれを信じれば良いのでしょうか?
1
久々野峠
2016年11月13日 10:02撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々野峠
久々野峠から巨木の谷に行けるようです。
2016年11月13日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々野峠から巨木の谷に行けるようです。
鍋倉山に着きました。1288mと書かれていますが、細かくは1288.8mなので、鍋倉山は一般的には1289mです。
2016年11月13日 10:33撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋倉山に着きました。1288mと書かれていますが、細かくは1288.8mなので、鍋倉山は一般的には1289mです。
1
残雪期しか来たことがなかったので360度の展望を期待していましたが、展望は一部方向のみでした。でも見えた方向に妙高連峰があり、良かったです。
2016年11月13日 10:27撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪期しか来たことがなかったので360度の展望を期待していましたが、展望は一部方向のみでした。でも見えた方向に妙高連峰があり、良かったです。
1
火打山をアップ。
2016年11月13日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打山をアップ。
2
妙高山をアップ。
2016年11月13日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙高山をアップ。
1
頂上から南側に進むと展望が開け、千曲川が俯瞰できました。
2016年11月13日 10:39撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から南側に進むと展望が開け、千曲川が俯瞰できました。
信越トレイルの三平峠、仏ヶ峰方面に続く道。
2016年11月13日 10:39撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信越トレイルの三平峠、仏ヶ峰方面に続く道。
南側から鍋倉山頂上一帯を見たところ。
2016年11月13日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側から鍋倉山頂上一帯を見たところ。
1
鍋倉山の頂上標識と祠。
2016年11月13日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋倉山の頂上標識と祠。
1
鍋倉山を辞して黒倉山に戻ります。
2016年11月13日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋倉山を辞して黒倉山に戻ります。
黒倉山を通過
2016年11月13日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒倉山を通過
筒方峠にある池
2016年11月13日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筒方峠にある池
落ち葉が埋まった池
2016年11月13日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が埋まった池
1
帰りは緩い下りでブナ林の中をルンルン下ります。
2016年11月13日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは緩い下りでブナ林の中をルンルン下ります。
雪もなく気持ちよいブナ林の道。
2016年11月13日 11:29撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪もなく気持ちよいブナ林の道。
最後になって登りになったブナ林。
2016年11月13日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後になって登りになったブナ林。
関田峠に着きました。
2016年11月13日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関田峠に着きました。
1
関田峠は6セクションから成る信越トレイルの第4と第5セクションの境界にあります。
2016年11月13日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関田峠は6セクションから成る信越トレイルの第4と第5セクションの境界にあります。
1
関田峠にあった残雪で汚れた靴の泥を落とします。
2016年11月13日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関田峠にあった残雪で汚れた靴の泥を落とします。
信越トレイルの第5セクションの入口。梨平峠に続く道。
2016年11月13日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信越トレイルの第5セクションの入口。梨平峠に続く道。
跡は茶屋池に舗装道路を下るだけ。
2016年11月13日 11:40撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
跡は茶屋池に舗装道路を下るだけ。
途中、池廻りコースの入口があり、茶屋池が望めました。
2016年11月13日 11:43撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、池廻りコースの入口があり、茶屋池が望めました。
1
こちらから眺める茶屋池も良い感じ。
2016年11月13日 11:43撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらから眺める茶屋池も良い感じ。
1
茶屋池はうすに帰着。
2016年11月13日 11:45撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋池はうすに帰着。
茶屋池の水面は、もう波風がたって鏡のようではありませんでしたが、風情はたっぷりとありました。
2016年11月13日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋池の水面は、もう波風がたって鏡のようではありませんでしたが、風情はたっぷりとありました。
1
撮影機材:

感想/記録

・紅葉は終わっていましたが、周囲に落葉樹が繁る茶屋池は絵になっていました。
・茶屋池や関田峠から往復する黒倉山や鍋倉山は標高差も少なく、手軽なハイキングにお勧めです。
・ブナの新緑や紅葉の時期に訪れてみたい。
・信越トレイルとして歩いてみたい。
・巨木の谷も道がぬかっていない時期に来てみたい。
訪問者数:119人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 倒木 高原 ブナ 堰堤 時計回り
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ