ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1013759 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山・中尾の背初見参

日程 2016年11月23日(水) [日帰り]
メンバー isanko
天候くもり
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
54分
合計
7時間30分
Sロープウェイ前バス停08:5709:17細尾谷出合09:25馬の背ルート分岐10:05金剛山遊歩道10:14山頂広場10:2510:43大日岳10:43六道の辻12:45石ブテ東谷・丸滝谷出合13:1013:10中尾の背取付き14:36六道の辻14:4515:20石ブテ西谷源流部経由大日岳15:28頂上広場15:3716:27登山口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中尾の背の取付きからの急傾斜での落石に注意。(特に上部に人がいる場合)

写真

寺谷出合の水場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺谷出合の水場
2
細尾谷への道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細尾谷への道
1
細尾谷の道(下部)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細尾谷の道(下部)
1
細尾谷から馬の背へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細尾谷から馬の背へ
3
社務所横から大日岳への道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社務所横から大日岳への道
1
石ブテ尾根分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ尾根分岐
丸滝谷、中尾の背、石ブテ東谷分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸滝谷、中尾の背、石ブテ東谷分岐
2
石ブテ東谷分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ東谷分岐
1
石ブテ東谷へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ東谷へ
石ブテ東谷へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ東谷へ
石ブテ東谷ツメ最上部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ東谷ツメ最上部
1
石ブテ東谷ツメ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ東谷ツメ
石ブテ東谷、崩壊部分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ東谷、崩壊部分
石ブテ東谷より丸滝谷、中尾の背取付きを望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ東谷より丸滝谷、中尾の背取付きを望む
1
中尾の背取付き
落石に注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾の背取付き
落石に注意。
2
石ブテ東谷最初の滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ東谷最初の滝
3
中尾の背取付きを上から見る
落石を起こさないように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾の背取付きを上から見る
落石を起こさないように
六道の辻で休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六道の辻で休憩
5
石ブテ西谷ツメ最上部大日岳直下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ西谷ツメ最上部大日岳直下
1
千早本道で下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千早本道で下山
2
下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しました。
5

感想/記録
by isanko

 初めて中尾の背を登りました。そのために石ブテ東谷を下降しましたが、雨上がりのせいか全体に土の部分がズルズルで固定ロープがある部分でも難儀しました。これは、石ブテ西谷のツメの部分も同様でした。アプローチ・シューズで歩きましたが、登山靴の方が良さそうです。
今回の最大のミスは、登山用の眼鏡を忘れたことです。
普段使用している遠近両用で来てしまったので、下降時の足元の距離感の実際との若干ずれがあり、一般の登山道では、そんなに問題にならなかったのですが、今回、石ブテ東谷の下降では、非常に歩きづらく時間がかかってしまいました。帰りに六道の辻の少し上で山道が分岐していたので、何処に行くのかなと思って歩いてみると石ブテ西谷の源流部に出ました。
訪問者数:77人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ