ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1013956 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰山「近畿の山も雪でした。その2」

日程 2016年11月24日(木) [日帰り]
メンバー kuroyuri2702
天候曇り後粉雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行者還トンネル西口駐車場1日1000円
ここまでのアクセスが大変。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
15分
合計
4時間46分
S行者還トンネル西口10:5211:34奥駈道出合11:53弁天ノ森12:15聖宝ノ宿跡13:00弥山小屋13:00弥山13:00弥山小屋13:25大峰山13:3013:50弥山小屋14:0014:28聖宝ノ宿跡14:51弁天ノ森15:05奥駈道出合15:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行者還トンネル西口〜奥駈道出合:急登、マーキング少なし
奥駈道出合〜聖宝ノ宿跡:特に問題なし
聖宝ノ宿跡〜弥山小屋:急登
弥山小屋〜八経ヶ岳:下って登り

装備

個人装備 ハードシェル タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 バラクラバ 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS カメラ

写真

行者還トンネル西口駐車場。ここへくるまでの国道309号線が命がけ。
2016年11月24日 10:51撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還トンネル西口駐車場。ここへくるまでの国道309号線が命がけ。
10:52 出発。駐車場管理人のおじさんから「山頂は雪積もってるよ、4時過ぎたら暗くなるから気を付けてください」とアドバイスをもらう。今日初めて人と会話した。
2016年11月24日 10:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:52 出発。駐車場管理人のおじさんから「山頂は雪積もってるよ、4時過ぎたら暗くなるから気を付けてください」とアドバイスをもらう。今日初めて人と会話した。
風情のある橋。
2016年11月24日 10:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風情のある橋。
1
11:34 奥駈道出合通過。
2016年11月24日 11:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:34 奥駈道出合通過。
奥駈道には要所要所に看板有り。
2016年11月24日 11:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駈道には要所要所に看板有り。
11:53 弁天の森通過。
2016年11月24日 11:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:53 弁天の森通過。
弁天の森というより妖精の森。
2016年11月24日 11:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天の森というより妖精の森。
水溜りも幻想的です。
2016年11月24日 11:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水溜りも幻想的です。
12:15 聖宝の宿跡通過。
2016年11月24日 12:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:15 聖宝の宿跡通過。
行者様に登山の安全を祈願。
2016年11月24日 12:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者様に登山の安全を祈願。
雪の量が多くなってきた。
2016年11月24日 12:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の量が多くなってきた。
3
標高を上げると一面銀世界。
2016年11月24日 12:26撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げると一面銀世界。
4
近畿とは思えない雪の量。
2016年11月24日 12:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近畿とは思えない雪の量。
7
13:00 弥山小屋通過。
2016年11月24日 13:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:00 弥山小屋通過。
1
これが避難小屋かな?
2016年11月24日 13:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが避難小屋かな?
1
鳥居もありました。
2016年11月24日 13:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居もありました。
2
標高1895m 弥山。
2016年11月24日 13:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1895m 弥山。
2
ここにも鹿防護柵。
2016年11月24日 13:08撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも鹿防護柵。
1
鹿防護柵も所々倒れてしまっています。
2016年11月24日 13:18撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿防護柵も所々倒れてしまっています。
1
13:25 八経ヶ岳山頂に立つ。
2016年11月24日 13:26撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:25 八経ヶ岳山頂に立つ。
7
なんにも見えません。
2016年11月24日 13:27撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんにも見えません。
1
標高1914m 。
2016年11月24日 13:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1914m 。
1
発育中の海老の尻尾。
2016年11月24日 13:36撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
発育中の海老の尻尾。
1
13:50 弥山まで戻ってきたところで、カップラーメンの昼食。
2016年11月24日 13:50撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:50 弥山まで戻ってきたところで、カップラーメンの昼食。
大台ヶ腹でもそうだったけど、一時的にパーと日が差すと周囲の山々が見える。
2016年11月24日 14:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台ヶ腹でもそうだったけど、一時的にパーと日が差すと周囲の山々が見える。
2
15:05
2016年11月24日 15:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:05
きれいな沢。
2016年11月24日 15:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな沢。
15:38 無事下山。靴とストックの洗い場が作ってありました。お陰で靴もハードシェルのパンツもきれいになりました。
2016年11月24日 15:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:38 無事下山。靴とストックの洗い場が作ってありました。お陰で靴もハードシェルのパンツもきれいになりました。

感想/記録

長期休暇の最後は近畿に初遠征し大台ヶ原山と大峰山に登ってきました。
せっかくの休みも奥歯の治療で台無しになって結局、奥秩父の方には行けなかった。近畿はまだ雪は降らないだろうと思って狙ったが、大台ヶ原ビジターセンターの雨も日出ヶ岳山頂では雪に変わっていたし、大峰山に至っては積雪30から40cmもあってびっくり。どちらの山頂もガスで周囲の山々は見えなかったけど、途中何度か日が差してガスが切れ、美しい大峰山脈が見れたのには感動した。
大峰山では、本年9月18日に入山した男性が行方不明となり、10月3日に遺体で発見されているし、同じく10月8日に一人で大峰山登山に出かけた島根県土木部長が行方不明となり、12日から捜索するも発見されず20日に捜索が打ち切られていたところ、23日に登山道で立っているところを13日ぶりに発見救助されたとのニュースがあったばかりだから、普段以上に気を引き締めて登った。
これで日本百名山30座達成。
これは和歌山市内のインターネットカフェからアップ。今日は高野山に行ってきます。
訪問者数:387人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/18
投稿数: 597
2016/11/27 12:24
 遠征お疲れ様でした。
行かれるとは伺っていましたが、1日で2座とは、、さすがですね
大峰山は雪山になっているんですね。これは行かなくては(^^ゞ
一時的でも眺望があって良かったですね。持ってますね〜
運転お疲れ様でした
登録日: 2013/9/24
投稿数: 46
2016/11/27 17:49
 Re.お疲れ様でした。
ni-shiさん、毎度様です。
こちとら近畿方面の土地勘がないもので、大台ヶ原山と大峰山、もっと近いのかと思ってたらとんでもなかったです。
おかげさまで奈良〜三重〜和歌山の山ん中相当走り回りました。大峰山は登り甲斐があるいい山でした。ni-shi さんには是非、山上ヶ岳〜八経ヶ岳縦走していただきたいものです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ