ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 755997 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大杉谷 日本三大渓谷の秘境の地へ

日程 2015年11月01日(日) [日帰り]
メンバー chotobimechabi
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道422号線〜県道53号線を通って宮川第三発電所まで。
いずれの道路も道幅が狭い箇所があります。
県道53号線は新大杉橋を過ぎると小さな落石がゴロゴロしています。

宮川第三発電所にトイレあり(100円)。ペーパーは切れていました。
7台ぐらい駐車可能です。
宮川第三発電所の手前(少し距離はありますが)にも
駐車スペースは2ヶ所ありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
1時間36分
合計
6時間50分
Sスタート地点07:4408:55京良谷出合09:0309:40千尋滝09:5710:40シシ渕10:5010:50ニコニコ滝11:18シシ渕12:1113:37京良谷出合13:4514:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストもありましたが、登山届用紙は切れていました。

とても整備され歩きやすい道ですが、渓谷沿いを歩くので
滑ると滑落の危険性が常にあります。
登山靴であれば問題ないと思いますが、雨が降ると危険度が増します。
その分、鎖はしっかりあります。

標高差はあまりありません(150mぐらい)が、アップダウンが続くので
意外と疲れます。
その他周辺情報GPSのログがおかしなことになっています。
歩行距離が27kmを越えていますが、実際は10kmも歩いていないと
思います。渓谷沿いなので精度が落ちるようです。

開山期間は11月23日まで。
http://oosugidani.jp

出発時に7人の若者が先行、往路は32人、復路は10人ぐらいとすれ違いました。

写真

宮川第三発電所前に駐車。トイレあり。
2015年11月01日 07:45撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮川第三発電所前に駐車。トイレあり。
4
振り返って。すでに5台駐車していた。ここからスタート。12.3℃
2015年11月01日 07:45撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。すでに5台駐車していた。ここからスタート。12.3℃
2
大杉渓谷は、中級の登山コースで、増水の早さは想像以上との事
2015年11月01日 07:45撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉渓谷は、中級の登山コースで、増水の早さは想像以上との事
2
発電所の横を通り抜けて行く
2015年11月01日 07:47撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
発電所の横を通り抜けて行く
2
黄色のランプが回っていた。放流中らしい
2015年11月01日 07:48撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色のランプが回っていた。放流中らしい
1
「危ない!!」の看板も
2015年11月01日 07:49撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「危ない!!」の看板も
1
ここから日出ヶ岳まで14.1kmか。遠いなあ
2015年11月01日 07:49撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから日出ヶ岳まで14.1kmか。遠いなあ
3
警告!ここは遊歩道ではないと。肝に銘じて進む
2015年11月01日 07:50撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
警告!ここは遊歩道ではないと。肝に銘じて進む
2
早速、岩を削ったこんな道を通る
2015年11月01日 07:50撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速、岩を削ったこんな道を通る
6
でも鎖があるので大丈夫。川の水の色は青ではなく緑だ
2015年11月01日 07:52撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも鎖があるので大丈夫。川の水の色は青ではなく緑だ
8
標識。今歩いてきた鎖場は大日瑤鮑錣辰燭澆燭い
2015年11月01日 07:57撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識。今歩いてきた鎖場は大日瑤鮑錣辰燭澆燭い
1
いつも頑ななリンドウ。開いているのをあまり見せてくれない
2015年11月01日 07:59撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも頑ななリンドウ。開いているのをあまり見せてくれない
7
最初の吊橋、「大日吊橋」を渡る
2015年11月01日 08:04撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の吊橋、「大日吊橋」を渡る
4
下を流れている宮川に目を移すと、大きな岩がゴロゴロしている
2015年11月01日 08:07撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を流れている宮川に目を移すと、大きな岩がゴロゴロしている
3
前方の山も紅葉はこれからという感じだ
2015年11月01日 08:08撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方の山も紅葉はこれからという感じだ
4
渓谷沿いをこんな感じでトラバースして歩いて行く
2015年11月01日 08:11撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓谷沿いをこんな感じでトラバースして歩いて行く
3
二つ目の能谷吊橋
2015年11月01日 08:18撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の能谷吊橋
3
能谷川原を通過
2015年11月01日 08:19撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能谷川原を通過
1
三つ目の地獄谷吊橋
2015年11月01日 08:24撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ目の地獄谷吊橋
5
揺れる揺れる。でも高所恐怖症の私でも全然大丈夫だった
2015年11月01日 08:25撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
揺れる揺れる。でも高所恐怖症の私でも全然大丈夫だった
7
ヒザのバネね、なるほど。あまりきかせてなかったなあ
2015年11月01日 08:25撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒザのバネね、なるほど。あまりきかせてなかったなあ
3
こんなアップダウンを数えきれないほど越えなければならない
2015年11月01日 08:26撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなアップダウンを数えきれないほど越えなければならない
7
渓谷はこんな感じだろうなというイメージそのままの風景が目に飛び込んでくる
2015年11月01日 08:32撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓谷はこんな感じだろうなというイメージそのままの風景が目に飛び込んでくる
8
苔ゾーンに突入
2015年11月01日 08:41撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔ゾーンに突入
3
ろくろっ首みたいな木。一回転する必要があったんだろう。でもどうして?
2015年11月01日 08:43撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ろくろっ首みたいな木。一回転する必要があったんだろう。でもどうして?
6
写真で見ると難所に見えるが、実際はそうでもない
2015年11月01日 08:44撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真で見ると難所に見えるが、実際はそうでもない
2
でも滑って滑落するとかなり危険だ
2015年11月01日 08:44撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも滑って滑落するとかなり危険だ
3
ジンジソウ?

ダイモンジソウ。
sskamosikaさんに教えて頂きました
2015年11月01日 08:48撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジンジソウ?

ダイモンジソウ。
sskamosikaさんに教えて頂きました
2
京良谷出合の河原で小休憩。11.7℃
2015年11月01日 08:53撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京良谷出合の河原で小休憩。11.7℃
3
川の透明度に目を奪われる。川底が深ければ青色になるんだろうか
2015年11月01日 08:57撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の透明度に目を奪われる。川底が深ければ青色になるんだろうか
7
時折紅葉もチラホラと
2015年11月01日 09:11撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折紅葉もチラホラと
4
四つ目の日浦杉吊橋
2015年11月01日 09:24撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四つ目の日浦杉吊橋
3
吊橋の途中で深い谷を見下ろしてみる
2015年11月01日 09:24撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋の途中で深い谷を見下ろしてみる
2
千尋(せんぴろ)滝まであと少しだ
2015年11月01日 09:35撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋(せんぴろ)滝まであと少しだ
1
見えた。これが千尋滝か。思ったよりスケールが小さいなあと思っていたら、
2015年11月01日 09:41撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えた。これが千尋滝か。思ったよりスケールが小さいなあと思っていたら、
1
なんのなんの上部を見ると落差140mほどのスケールの大きな滝だった。傾斜をきつくしたナメ滝のよう
2015年11月01日 09:44撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんのなんの上部を見ると落差140mほどのスケールの大きな滝だった。傾斜をきつくしたナメ滝のよう
9
千尋滝の東屋に到着。ここで滝を見ながら小休憩。14.7℃
2015年11月01日 09:45撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋滝の東屋に到着。ここで滝を見ながら小休憩。14.7℃
2
紅葉もところどころ楽しめる
2015年11月01日 10:08撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉もところどころ楽しめる
2
今日は私も相方もストックを使わなかった。ストックよりも鎖が役立つ
2015年11月01日 10:18撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は私も相方もストックを使わなかった。ストックよりも鎖が役立つ
4
すごい生え方をしている木だな。石を抱き込んでいる
2015年11月01日 10:21撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい生え方をしている木だな。石を抱き込んでいる
2
シシ渕までもうひと踏ん張りだ
2015年11月01日 10:33撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ渕までもうひと踏ん張りだ
3
ナナカマドかな?これから赤に染まりそうだ
2015年11月01日 10:35撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドかな?これから赤に染まりそうだ
2
1mほどのハシゴだが、相方曰くここが一番の難所だったらしい。頑丈だったが見た目は脆そうだったので
2015年11月01日 10:38撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1mほどのハシゴだが、相方曰くここが一番の難所だったらしい。頑丈だったが見た目は脆そうだったので
3
この辺りがシシ渕だろう
2015年11月01日 10:42撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りがシシ渕だろう
3
秘境感満載の場所にやって来た
2015年11月01日 10:42撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秘境感満載の場所にやって来た
6
水が滴る岩の間をくぐって行く
2015年11月01日 10:43撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が滴る岩の間をくぐって行く
7
ここにもジンジソウ?

ダイモンジソウ。
sskamosikaさんに教えて頂きました
2015年11月01日 10:44撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにもジンジソウ?

ダイモンジソウ。
sskamosikaさんに教えて頂きました
8
両岸絶壁の奥に見えるのがニコニコ滝のようだ。このロケーションに絶句
2015年11月01日 10:48撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両岸絶壁の奥に見えるのがニコニコ滝のようだ。このロケーションに絶句
13
縦バージョンのニコニコ滝
2015年11月01日 10:49撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦バージョンのニコニコ滝
9
この場所はテンションが上がる
2015年11月01日 10:49撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所はテンションが上がる
3
もう何枚も撮っているが、この透明度を見るとついシャッターを押してしまう
2015年11月01日 10:49撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう何枚も撮っているが、この透明度を見るとついシャッターを押してしまう
12
この岩の大きさ。相方と比較すると、とんでもない大きさだ
2015年11月01日 10:49撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩の大きさ。相方と比較すると、とんでもない大きさだ
3
ニコニコ滝を見つめる相方。よし、もう少し近づいてみよう
2015年11月01日 10:50撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニコニコ滝を見つめる相方。よし、もう少し近づいてみよう
4
登山道に戻って岩場を登っていく
2015年11月01日 10:53撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に戻って岩場を登っていく
3
ここの登山道の鎖はどれも支柱毎に固定されているので、一本の鎖なのに揺れが干渉しない。素晴らしい
2015年11月01日 10:53撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの登山道の鎖はどれも支柱毎に固定されているので、一本の鎖なのに揺れが干渉しない。素晴らしい
4
扉?があった。ニコニコ滝への入口だろうか
2015年11月01日 10:55撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扉?があった。ニコニコ滝への入口だろうか
4
二段50mの高さのニコニコ滝の全容。千尋滝より流れがストレートで力強さを感じる
2015年11月01日 11:02撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二段50mの高さのニコニコ滝の全容。千尋滝より流れがストレートで力強さを感じる
8
今日はここまで。
Uターンして引き返すことに
2015年11月01日 11:13撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここまで。
Uターンして引き返すことに
2
シシ渕に戻ってのんびり昼食タイム
2015年11月01日 11:22撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ渕に戻ってのんびり昼食タイム
8
この絶壁で紅葉が進むとどんな感じだろう
2015年11月01日 12:12撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この絶壁で紅葉が進むとどんな感じだろう
3
夏なら泳いでみたくなる
2015年11月01日 12:15撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏なら泳いでみたくなる
5
ゆっくりと贅沢な時間を過ごして、下山開始
2015年11月01日 12:18撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくりと贅沢な時間を過ごして、下山開始
4
最後にもう一度振り返る。渓谷なので壮大ではないが、人が小さく見えてスケールの大きさを感じる
2015年11月01日 12:19撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう一度振り返る。渓谷なので壮大ではないが、人が小さく見えてスケールの大きさを感じる
3
下山時に登りがあると、精神的にもちょっとキツイな
2015年11月01日 12:21撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時に登りがあると、精神的にもちょっとキツイな
2
とにかく鎖が有り難かった。ここにあったらなという所には必ずあった
2015年11月01日 12:42撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく鎖が有り難かった。ここにあったらなという所には必ずあった
3
千尋滝まで戻ってきた
2015年11月01日 13:00撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋滝まで戻ってきた
3
こんなルートばかりなので景色を楽しむには、チラ見か立ち止まらないと危ない
2015年11月01日 13:11撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなルートばかりなので景色を楽しむには、チラ見か立ち止まらないと危ない
4
で、立ち止まって一枚
2015年11月01日 13:33撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、立ち止まって一枚
2
吊橋を何度か渡って、
2015年11月01日 14:08撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋を何度か渡って、
3
駐車地に到着。16.5℃。お疲れ様でした
2015年11月01日 14:34撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地に到着。16.5℃。お疲れ様でした
7

感想/記録

黒部峡谷、清津渓谷とともに日本三大渓谷の一つの大杉谷に行ってきました。
まず、登山口まで自宅から4時間かかりました。
県道53号線で小さな落石を除去しながらだったので30分ほどロスがありましたが、それでも長かったです。

登山口までのドライブだけで奥深い所にやって来たなあと思いましたが、
宮川沿いの渓谷を歩いているだけで秘境感たっぷり、シシ渕ではもう
オオ〜と言葉では言い表せない感動を味わえました。
今までそんなに滝を見てきたわけではないですけども、ニコニコ滝を見た時は
ここまで歩いてこなければ見られないという満足感がありました。
ニコニコ?って変な名前ですが、由来は諸説あるようです…。
紅葉にはまだ早かったですし、桃の木山の家辺りまで行きたかったですが
十分堪能できました。

こうなったら七ツ釜滝や光滝、堂倉滝も見てみたいですね。
一泊しないと無理かなあ。
訪問者数:542人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 296
2015/11/3 14:37
 いいなあ
僕も行きたいと思っている所です。
こんな絶壁をくりぬいた道は他では黒部の下流しか浮かびません、いい体験しましたね。ここ一週間ほどは紅葉を見に来るトレッカ−が多く入山するでしょうね。GPSの軌跡が荒れている分本当に歩いた距離より多くなったのではと思います。あのきれいな花はダイモンジソウではと思います。
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2015/11/3 15:21
 Re: いいなあ
sskamosikaさん、こんにちは。

遠かったですが、何とか日帰りで行ける距離にこんな秘境があるんですね。
夏はヒルが多そうですが、ここは何度でも訪れたい場所になりました。
出来ることなら、ここから日出ヶ岳まで歩きたくなりますね。
開山期間は11月23日までですが、ギリギリまで紅葉を楽しめそうです。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2015/11/3 17:46
 モルツ!
chotobiさん、 mechabiさん、こんにちは。
あのシシ淵の水の滴る岩くぐりの登山路?強引過ぎて笑ってしまったことを思い出します。帰りは川原の岩の上を歩いてエスケープしたなぁ・・。
ぷしゅ〜がリッチにプレモルだぁ。
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2015/11/3 19:53
 Re: モルツ!
DCTさん、こんばんは。

えっ、エスケープできるんですか?
素直な性格なもので、ルートを外れてはいけないと思いそのまま岩の下を
くぐりましたけど。この日は滴る水の量も大したことありませんでしたし。

私、ビールはモルツ派なので、酒屋で見つけてしまい思わず買ってしまいました。プレモルじゃなく普通のモルツでいいんですけどね。。。
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2015/11/3 19:57
 Re: いいなあ
sskamosikaさん、こんばんは。

大杉峡谷はなんだか危険そうだなーと思っていましたが、今回のルートでは写真で見るほどコワイ感じはなかったです。
でも、足を滑らしたりつまづいたら・・・。
川の流れを見ながら、滝の音を聞きながら気持ちの良い山歩きができました。

ダイモンジソウですね。ありがとうございます。
小さいけど可愛いお花でした。
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2015/11/3 23:41
 Re: モルツ!
DCTさん、こんばんは。

岩くぐり!濡れた石が滑るので絶対こけたくない と緊張して通り抜けました。
川原は楽しいですね。登山道は川の流れを見ながら歩けるので退屈しませんでした。アップダウンの繰り返しは少々キツイ、ワタシには。
川原はでぷしゅ〜の一口がたまりませんね。
Dさんに教えてもらった至福の時間
登録日: 2014/9/12
投稿数: 1540
2015/11/4 16:08
 ♪文字の〜乱れ〜は線路のきしみ〜
なんなの、この標高?グラフのビリビリは!
まるで私の登山中の脈のようでございます・・・

ごきげんよう
いつも私のことを上から目線叱りつけてくれる人がいないので
大岩や巨木をみると
ヒトメボレ してしまい、こちらからすすんでひれ伏します。
こーゆーとこ、ほんと好きです。
いーなー、近くにこんなとこがあって・・・
って、遠〜っ
メチャビ〜ノ、ほんとは奈良じゃないんじゃないの〜smile
家の庭は和歌山だとかsmile

落石をよけながら・・・って、
だからあれほどジムニーにしろとthink
運転はメチャビーノなわけだから
車おりておいせおいせとのけたのは
チョトビーノなんでしょ?
そこんとこの写真ないの?みたかったなぁ〜smile
で、車の中から写真撮ってたら
それに気をとられて車が動き出し、
ブレーキとアクセルが・・・
チョトビーノ、気をつけてくださいねthink
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2015/11/4 21:40
 Re: ♪文字の〜乱れ〜は線路のきしみ〜
ちゃめさん、こんばんは

そちらからはちょっと遠いですね。ビタロさんに頑張ってもらいましょ。
いいところでしたよ。(ここはちゃめさん、絶対好きや)と思ってました 。
チャメれる川原がすぐそばに

「石を蹴らせたら日本一」とmechabiに言われていつも黙々と蹴ってます。
登山前の石蹴りはウォーミングアップになることもあるし、余分な体力を使ってしまい後々苦しいことも。クロックスのつま先はボロボロですが(=_=;)

な〜ぬ〜!背後からメチャビーノが・・・
B級映画やん
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2015/11/4 21:55
 Re: ♪文字の〜乱れ〜は線路のきしみ〜
姐ごん、こんばんは。

まずは生中からですよね。ウイ〜ス、お疲れース。
叱りつけてくれる人がいないんすか、やっぱりかかあ天下っすか?
大杉谷は良かったっすよ。遠いですけど行く価値ありますよ。

焼き鳥きましたよ。やっぱり皮が美味いっすよね。
そうそうジムニー。候補には入ってたんすけど、別のにしましたよ。
もうすぐ報告しまっす。

メインの地鶏しゃぶしゃぶが出てきましたよ。
鶏のしゃぶしゃぶって初めてっす。
次は日本酒ですか。どんどんいってくださいよ。

そうそう、膝、大丈夫っすか?
いえね、13kmを6時間ちょっとということは、2km/時間でしょ。
ほぼコースタイムですよね。スタートダッシュといい今回頑張りはったな〜
と感心してて、膝のこと忘れちゃったんす。まあまあ、もっと飲みましょ。

それより、ずんぐり君って狛犬っすよね?そんなん貰っても置くトコ
ないっすよー。毎回言ってますけど、どこからこんなん見つけてくるんすか?

おっと、もうこんな時間。ここから奈良まで遠いんで
そろそろワタクシ、ドロンします。
ゴメスが飛ばして怒られたヤツ?
それはドローンやっ!
今のボケ、全然イケてませんよ。そんじゃ!
登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2015/11/4 22:13
 こんばんは〜
なんかなかなかレコないなと思ったら大杉谷でしたか。
私が「バカがする山登り」に嵌るきっかけとなった大杉谷。
ここも今シーズン中に再訪しようかと考えていたことも有りました。

山登りとは違う楽しさ・厳しさが在ると思います。
渓流沿い歩きだから楽そうに思えるが、私初めての歩きで片道7キロ4時間を歩けましたのが今に至るのスタート地点です。
mechabiさん、chotobiさんのレコは私には良いお手本なんですよ。
自身の知らないところは行きたいと思うし、同じような処へ行ったと知ると「同じようなこと考えているんだな」と共感しますよね。

もうこれはひとつのビョーキですな!
それこそ死んでも治らんな!!
そしていろんな意味で共感できる人たちに乾杯!という心境です。

明日も早いのでもう寝ます zzzzzzzzzzzzzzz
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2015/11/4 22:58
 Re: こんばんは〜
たーさん、こんばんは。

何を仰る、ウサギさん
私達もたーさんのレコを随分参考にさせて頂いてますよ。
ありがとうございます。

大杉谷のもっと奥まではいけませんでしたが心地良い雰囲気を味わえました。
日出ヶ岳から下ってもまた帰り道がね、
私の体力じゃね、
今ははまだ無理なんです。

えー!今日有休とってないんですね。びっくりsign01
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2015/11/5 0:00
 Re: こんばんは〜
ta_chanmさん、こんばんは。

そうそう、ta_chanmさんはここが最初だったんですね。
今レコ見てきました。最初にスゴイ所を選びましたね。
未経験者の人がハイキング気分で歩ける場所じゃないですから。

本当に山登りとは違う楽しさと厳しさがありました。
大峯も秘境感がありますが、ここは違う秘境感がありますね。
大杉谷の方が、「秘境」という言葉がぴったり当てはまると思います。

私の方こそ参考にさせてもらってますよ。
又剣、天和山、果無、白屋岳・・・
これからもお手本になるコース、よろしくです。
登録日: 2014/9/12
投稿数: 1540
2015/11/5 20:08
 エア・プレゼントの件
私、そんな石の犬なんか送ってません。
配送係りを半殺しにしときました。
送ったのはこれ↓です。

http://www.asunaro-world.com/xp/index.html

お返事はいりません。
お騒がせいたしました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ