ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 761421 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

近いうちに一般登山道になる?【巨摩山地 最南部縦走】湯島-小菅山-岡松山-倉尾山-十谷峠-御殿山-富士見山-薬袋

日程 2015年11月07日(土) 〜 2015年11月08日(日)
メンバー Gipfel
天候11/7 sun
11/8 rain
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:JR中央本線   高尾    22:26-25:58 甲府
   JR身延線    甲府    05:20-06:21 下部温泉
   早川町乗合バス 下部温泉駅 07:26-08:24 下湯島

復路:早川町乗合バス 角瀬    14:31-14:59 下部温泉駅
   JR身延線    下部温泉  15:57-17:15 甲府
   JR中央本線   甲府    17:30-19:07 高尾
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間34分
休憩
40分
合計
8時間14分
S下湯島バス停08:3810:28湯島三角点10:3811:431755ピーク11:5312:14小菅山12:2413:461884ピーク13:53大峠山分岐14:021884ピーク14:43岡松山15:21倉尾山15:3116:52十谷峠
2日目
山行
5時間24分
休憩
20分
合計
5時間44分
十谷峠06:1606:49御殿山07:26堂平分岐07:35御殿山への分岐07:41富士見山見晴台07:57富士見山08:0708:51大天上09:051376ピーク(シッコ山)09:441107ピーク10:19富士見山林道10:32堀向三角点10:4211:43薬袋集落11:52早川町役場12:00七面山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般的にヤブはない

◆下湯島〜小菅山
 テープ無し、踏跡なし

◆小菅山〜足馴峠
 古くは湯島道と呼ばれた廃道がある。

◆足馴峠〜十谷峠
 登山道が整備中
 踏み跡明瞭テープ多数
 岡松山、倉尾山に道標あり

◆十谷峠〜富士見山
 一般登山道

◆富士見山〜薬袋集落
 テープあり、踏み跡薄い
 今後、登山道として整備予定らしい
その他周辺情報七面山温泉ひのや 500円
http://www.hinoya-ryokan.com/bath.php
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

下湯島からスタート
もちろん、下車したのは自分だけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下湯島からスタート
もちろん、下車したのは自分だけ
1
この鳥瞰図…欲しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鳥瞰図…欲しい!
2
仙城沢を渡った後に、山へ取り付く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙城沢を渡った後に、山へ取り付く
2
急な斜面を登っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な斜面を登っていく
送電線用の道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線用の道標
2
紅葉し、明るい林の中を進んでいく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉し、明るい林の中を進んでいく
1
ヤブはなく、歩きやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブはなく、歩きやすい
痩せ尾根になると小菅山は近い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根になると小菅山は近い
1
小菅山の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小菅山の三角点
2
ここから先は湯島道を進んでいく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は湯島道を進んでいく
"みち"と書かれている?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
"みち"と書かれている?
1
"道なり"?
おそらく仙城沢下降点かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
"道なり"?
おそらく仙城沢下降点かな?
1
1844ピークからの源氏山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1844ピークからの源氏山
2
今回は1884ピークから南下するものの、
どこで主稜線から分かれているか気になったので、
北へ進んでみたところ、大峠山分岐が十字路になっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は1884ピークから南下するものの、
どこで主稜線から分かれているか気になったので、
北へ進んでみたところ、大峠山分岐が十字路になっていた。
2
真新しすぎて、設置した人の手の跡が残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真新しすぎて、設置した人の手の跡が残っていた。
3
スズタケは見る影もない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スズタケは見る影もない
下ってきた急斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた急斜面
枯れたスズタケのヤブ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れたスズタケのヤブ
別当代山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別当代山かな?
2
十谷峠(じっこくとうげ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十谷峠(じっこくとうげ)
2
古い道標もあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い道標もあり
集落の名前は"じゅっこく"
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落の名前は"じゅっこく"
1
御殿山三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山三角点
1
富士見山展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見山展望台
山頂まで意外とある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで意外とある。
富士見山三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見山三角点
1
1516ピークに山頂標があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1516ピークに山頂標があった
古い道筋が残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い道筋が残っていた。
シッコ山の電波施設
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シッコ山の電波施設
植林帯を右に見ながら下っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を右に見ながら下っていく
小さなアンテナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなアンテナ
富士見山林道に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見山林道に出た
林道の三叉路へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の三叉路へ向かう
650m付近の鉄塔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
650m付近の鉄塔
薬袋集落が間近に見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬袋集落が間近に見えてきた
1
下ってきた沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた沢
林道が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が見えてきた
林道に降り立った地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に降り立った地点
ゲートを抜けて、薬袋集落へ入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを抜けて、薬袋集落へ入る。
建て替え中の早川町役場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建て替え中の早川町役場
1
2年ぶりの角瀬バス停
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年ぶりの角瀬バス停

感想/記録
by Gipfel

去年の春に櫛形山へ登り、先月は夜叉神峠との間の稜線を歩いたので、
今回は櫛形山より更に南側の稜線を歩いてみることにしました。


【1日目】

早川町乗合バスで下部温泉駅から1時間ほど乗り、下湯島で降りました。
登山者は七面山で降りただけでした。

仙城沢を渡り、右岸の急斜面を登っていきました。
途中で、送電線鉄塔用の整備道を横断しましたが、尾根伝いには踏み跡さえありませんでした。

1311.9mにある湯島三角点まで来ると、斜面もゆるくなっていき岩が減りました。

1553m標高点を通り過ぎると再び急斜面になり、岩が多くなりました。
1755mまで来ると、またなだらかになり岩が減りました。
ヤブの少ないただの平坦な尾根を進んでいきました。

少ピークから少し右に折れて、痩せ尾根を進んでいくと1818.0mにある三角点がありました。
真北に急斜面を30mほど下ると、とても古い登山道が現れました。
そこから東へ進みました。

踏めば崩れるほどの脆くなった木の階段もありましたが、
踏み跡は明瞭で歩きやすかったです。

1884ピークの北西に付けられたトラバース道や、仙城沢へ下っていく道も、
分岐にペンキのマークが付けられていました。
(今でもこのルートを歩く人がいるんだろうか?)

櫛形山からの稜線に合流した地点で、少し北に進み1884mピークにザックを置き、
源氏山と櫛形山の間の稜線まで辿ってみました。
合流地点は大峠山との分岐でした。

再び1884mピークに戻りました。
足馴峠には道標がありました。
源氏山へのショートカット道は不明瞭なようでした。

稜線上には随所にテープが付けられていました。
1821mピークに着くと岡松山の真新しい道標が立っていました。
足馴峠にも今後、道標が立ててもらえるのかもしれません

随所に目印のテープが付けられた尾根を進んで行きました。
三角点のある倉尾山にも真新しい道標が立てられていました。

ガイド本では、"この先は足馴峠〜十谷峠間でルート判断が最も難しい箇所"と書かれていましたが、
迷い込みやすい場所や、滑りやすい急斜面にはロープがたくさん張られていました。

標高1550mくらいまで高度を下げたところで、ロープ地帯が終わり、歩きやすい道になりました。
1534mピークを越えるようにルートが付けられていましたが、
道標を見てみるといずれ、西側に巻道を作るようでした。

1534mピークを越えて、十谷峠に幕営することにしました。


【2日目】

夜明け前に雨がシトシトと降りだしてきました。
それほど土砂降りにもなりそうに無かったので、予定通りに進むことにしました。

ここから先は古くから一般登山道のようで、随所に道標が置かれていました。

なだらかに登っていくと御殿山の山頂で、少し先に進むと三角点ピークでした。
1613mピークの先が山王峠とのことでしたが、道標はなく峠越えの道もわかりませんでした。

1638mピークを越えると堂平分岐でした。
その次が平須分岐でした。
2つとも立派な道標で、踏み跡が明瞭でした。

次のピークに山頂標がありましたが、
ここが三角点ピークではありませんでした。
更に進んでいくと1640.0mピークの富士見山山頂でした。

山頂から南側は一気に200mを下っていくことになり、灌木ヤブの中を進みました。
1466標高点から矢細工方面への踏み跡はどこにあるかわかりませんでした。

傾斜がゆるくなると、なんとなく踏み跡が現れてきました。
1516mピークはガイド本に山名が載っていませんでしたが、
山頂には大天上の標識が立てられていました。

1376mピークはシッコ山と呼ばれているようですが、
道標はなく、その代わりに電波施設がありました。

そこから先は保守管理の道と電線が続いていたので、目印のテープ代わりになりました。
1250m付近から1107ピークには電線を吊橋状に渡していました。

1107ピーク手前の鞍部までは、かなりの急坂を下っていきました。
踏み跡はかなり古いものがあり、歩けないことはありませんでした。

1107ピークからはまた、電線の横を進んでいきました。
ちらほらと小規模なアンテナを横に見ながら下っていき、
送電用の鉄塔の横も通りました。

更に下って行くと富士見山林道に降り立ちました。
200mほど東に行くと三叉路になっていたので、
ここから今度は820.8mピークに登りました。
山頂は切り拓かれていていました。

南側の尾根に踏み跡はありませんでしたが、ヤブもなく歩きやすかったです。
また、鉄塔の横を通りすぎて、標高700mの縁まで来ると、
眼下に、かなりの急斜面が落ち込んでいました。

その急坂を灌木につかまりながら、ズルズルと下っていくと、無事に舗装路にでました。
薬袋集落手前にはシカよけのゲートがあり、昼夜を問わず開け閉めするようになっていました。
集落から出るところにゲートは開けっ放しになっていました。

栄代橋で早川を渡ると右手に、建て替え中の早川町役場がありました。
次のバスまでかなり時間の余裕があったので、
七面山登山口の角瀬まで歩いていき、日帰り入浴してから帰京しました。


【まとめ】

歩き終わってから気づいたのですが、ここは南アルプスフロントトレイルとして、整備中のコースでした。
感想のまとめは夜叉神峠〜櫛形山、櫛形山〜足馴峠、足馴峠〜薬袋集落を
ひとつにまとめて日記に書こうと思います。
訪問者数:821人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

水場 カラマツ 下降点
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ