ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 762526 全員に公開 沢登り奥秩父

富士川水系笛吹川 雷川

日程 2015年11月07日(土) 〜 2015年11月08日(日)
メンバー motch, その他メンバー1人
天候11/6 曇時々晴
11/7 雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
塩山駅南口前タイムズに駐車 78台 1日800円
http://times-info.net/map/parkdetails/BUK0021501.html

【往路】
塩山駅南口
 ↓西沢渓谷線
笛吹の湯と川浦温泉の間で下車
 ↓
雷集落から入山

【復路】
柳沢峠 10:10バス
 ↓
塩山駅南口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間12分
休憩
0分
合計
5時間12分
S川浦温泉バス停10:0815:20雷川源頭部(藤谷ノ頭西部)
2日目
山行
1時間3分
休憩
0分
合計
1時間3分
雷川源頭部(藤谷ノ頭西部)08:3509:38柳沢峠バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
明るくよく開けた快適な沢。
ただ、枝沢が多いのでルーファイ注意。

ロープを使うような場面はないが、
ナメ滝が多く、滑るとオオゴト。
その他周辺情報大菩薩の湯などあちこちに。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 沢装備一式

写真

今回の秘密兵器で、雪国の除雪でも使われるという防寒テムレス。確かに非常に暖かくて頑丈でムレない優れものですが、厚みもあるので、登攀要素がある沢ではちょっと使いにくいかな。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の秘密兵器で、雪国の除雪でも使われるという防寒テムレス。確かに非常に暖かくて頑丈でムレない優れものですが、厚みもあるので、登攀要素がある沢ではちょっと使いにくいかな。。。
雷集落へ入ってきます。ここから入渓までがまたバカに長い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷集落へ入ってきます。ここから入渓までがまたバカに長い。
この手の集落には必ずいる雑種犬。これまた風情があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この手の集落には必ずいる雑種犬。これまた風情があります。
1
土壁の家。だいぶ古い集落です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土壁の家。だいぶ古い集落です。
1
熊用の罠。昨年もこの場所にありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊用の罠。昨年もこの場所にありました。
紅葉はもう終わってる感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉はもう終わってる感じ。
集落入口から1時間超歩いてやっと入渓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落入口から1時間超歩いてやっと入渓。
3
。。。と思ったら、堰堤にぶち当たってまた林道へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
。。。と思ったら、堰堤にぶち当たってまた林道へ。
1
去年も見つけた昭和50年式くらいのトラック(マツダ・タイタン)。タイムスリップしたかのような気分になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年も見つけた昭和50年式くらいのトラック(マツダ・タイタン)。タイムスリップしたかのような気分になります。
2
この細くて急な流れからようやく本格的な沢登りに入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この細くて急な流れからようやく本格的な沢登りに入ります。
2
15mナメ。エッジにソールを効かせれば問題なく直登できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15mナメ。エッジにソールを効かせれば問題なく直登できます。
2
核心にして最大の見せ場である30m超の大ナメ。アクアソールなら中央左から行けるかもしれませんが、フェルトだったし、見た目より急なので、水線の右から上がりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心にして最大の見せ場である30m超の大ナメ。アクアソールなら中央左から行けるかもしれませんが、フェルトだったし、見た目より急なので、水線の右から上がりました。
3
大ナメを登った後。滑ったら下まで落ちてしまいそうな巨大滑り台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ナメを登った後。滑ったら下まで落ちてしまいそうな巨大滑り台。
4
上流部も基本はナメっぽさが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流部も基本はナメっぽさが続きます。
1
最後の堰堤。こんな上流に堰堤を打ったのは、この上に沢の分岐があるからでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の堰堤。こんな上流に堰堤を打ったのは、この上に沢の分岐があるからでしょうか。
1
流れが細くなってもナメナメ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れが細くなってもナメナメ。
2
落ち葉の下もナメなので、かなり滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の下もナメなので、かなり滑ります。

感想/記録
by motch

昨秋に沢を再開するきっかけとなった、
笛吹川水系の雷川を遡上しました。

枝沢は多いものの、特に難しいところはなく、
水に浸かるシーンもない、
明るく開けたナメが広がる快適な沢です。

今回はのんびりのんびりとした遡上で、
朝もゆっくり、さっさと源頭部についてビバーク、
翌朝は雨が降っていたので朝ゆっくり出発して、
柳沢峠からのバスに合わせてのんびり下山。
普通にいけば日帰りのルートですが、
たまにはこういう歩きも悪くないと思いました。

全部で7本の沢を登り、大いに楽しんだ今年の沢はこれにて終わり。
これから雪と氷を愛でる季節がやってきます。

また来年。
訪問者数:262人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ