ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 763006 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

蝶ヶ岳 日本の屋根にも雪が

日程 2015年11月12日(木) [日帰り]
メンバー furuhiro
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
安曇野市 アルプス安曇野公園
林道を三俣へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間0分
合計
6時間50分
S三股スタート07:2007:50力水08:40まめうち平08:5009:20蝶沢10:20最終ベンチ10:40蝶ヶ岳山頂11:2012:20蝶沢13:00まめうち平13:1013:50力水14:10三股ゴールG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 6:30 安曇野穂高発
 7:10 三股駐車場
<復路>
14:20 駐車場発
15:00 自宅着 (往復42km)
コース状況/
危険箇所等
気温が高く
雪がなければ問題ない
その他周辺情報穂高温泉郷
新そばの季節

写真

11月の平日
ガラガラの駐車場 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11月の平日
ガラガラの駐車場 
1
計画を出し
携帯の電波状況確認
さすが!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
計画を出し
携帯の電波状況確認
さすが!
大好きな登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好きな登山道
ほぼ中間地点
でもここからが長い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ中間地点
でもここからが長い
2
途中美しい常念岳が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中美しい常念岳が!
8
常念の方に
頸城山系 高妻山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念の方に
頸城山系 高妻山
3
稜線に出ると
絶景!が待っている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると
絶景!が待っている
3
槍・南岳までの稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・南岳までの稜線
6
穂高連峰と大キレット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰と大キレット
3
御嶽・乗鞍・焼岳
三つの火山が並ぶ
手前が霞沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽・乗鞍・焼岳
三つの火山が並ぶ
手前が霞沢
2
美ヶ原・八ヶ岳・富士・南アルプス
手前 鍋冠山・大滝山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美ヶ原・八ヶ岳・富士・南アルプス
手前 鍋冠山・大滝山
表銀座の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表銀座の稜線
1
穂高・槍
蝶ヶ岳山頂より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高・槍
蝶ヶ岳山頂より
2
雪を被る槍
先週からするとだいぶ融けた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪を被る槍
先週からするとだいぶ融けた
18
四阿山・浅間山
雲海の下が安曇野
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四阿山・浅間山
雲海の下が安曇野
1
下山途中
蝶沢からの常念!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中
蝶沢からの常念!
3
ゴジラみたいではなくティラノ!
間違え探し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴジラみたいではなくティラノ!
間違え探し
4
力水を少し登った地点にある
行くたびに表情が変わる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
力水を少し登った地点にある
行くたびに表情が変わる
2

感想/記録

2015(平成27年)11月12日(木)

蝶ヶ岳へ(12回目)

常念山脈への今シーズン最後の山行。
東信の四方原山へと計画を立てていたが
しょうちゃんの諸事情により
急遽、蝶へと一人向かった。

日本の屋根 北アルプスに雪が

信州の里では紅葉がそろそろ終わろうとしている。
天候に恵まれた一日
蝶ヶ岳を訪れたのは大正解だった。

日本の屋根 北アルプス、
その代表 槍・穂高にはうっすらと雪が
舞い降りていた。

槍・穂高の岩壁の中には
雪をも近づけない厳しさが
黒い岩肌の筋
力強く幾筋も
そこに徐々に雪がつき
白の世界へと
日本の屋根も冬に突き進む。

すそ野には茶色の山肌が広がる。
光の具合でセピア調に
光の差し具合か
暖かさも感じて
秋をも思わせる。

冬へ向かう北アルプスに
まだ秋の名残が麓に広がる。

今シーズン最後の常念山脈で
秋から冬への移り変わりを
視覚で確認した。

p.s.
NHK長野「撮るしん」
信州の美しさを知る100枚の写真
に私の写真
29番「そろそろ花の山に来ませんか」
が選ばれています。
さらにカレンダーにするための投票が行われていますので
その他の素晴らしい信州・長野の美を見ていただき
投票していただければ嬉しいです。

ふるちゃん








訪問者数:683人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ