ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 766468 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

阿梨山,帯那山,奥帯那山,棚山等(甲府エリア)

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー eclat(CL), その他メンバー1人
天候晴時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
行き:JR甲府駅→タクシー→幸潤院
帰り:ほったらかし温泉→タクシー→JR山梨市駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
1時間36分
合計
7時間53分
Sスタート地点07:5008:57阿梨山09:0210:03見越山10:0410:17帯那山10:3910:44奥帯那山10:5510:59帯那山11:3111:42見越山11:4311:58穴口峠分岐12:0012:11帯那山林道始点12:1312:36太良峠12:4013:16神峰13:30棚山13:4613:57棚山前こぶ15:36ほったらかし温泉15:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
棚山からの下山路は,要注意。昭文社地図とは異なるルートあり。特に「重ね石」以降踏み跡不明瞭,悪路。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ 熊鈴

写真

感想/記録
by eclat

 今回は,甲府から山梨市までにかけて山を縦走した。それは,まずは,阿梨山というマイナーな山を目指し,その後,山梨100名山である帯那山,少し北寄りの奥帯那山を経由し,棚山に登った。棚山からの下山路は,後述するとおり,難航した。詳述すると,以下のとおりとなる。
 中野駅始発の中央線(4:43発)で甲府駅に,甲府駅からタクシーで阿梨山登山口である「幸潤院」という寺院に向かった。幸潤院にある墓苑の裏手に山道があり,そこから阿梨山までの尾根に取り付くのであるが,尾根までの道のりがやや分かりにくい。踏み跡は不明瞭で,木々に覆われた景色により,進路がつかみ難いのである。阿梨山山頂は,景色は望めず,渋い風景である。早々に後にし,次の帯那山に向かった。
 帯那山までは,尾根筋を忠実に歩けば迷うことはなく,登りは緩やかなので,快適な歩行であった。帯那山山頂は,真正面に富士山を一望でき,広々とした山頂と相まって,中々居心地の良い所である。
 帯那山からやや北に進んだ所にある奥帯那山をピストンした。往復30分弱である。
 帯那山から棚山までは,踏み跡が不明瞭ながら,ここも尾根筋を忠実に歩けば迷うことはない。棚山山頂手前は,急な登りがある。
 棚山山頂は,甲府盆地と山々が一望でき,景色が良い。
 棚山からは下山路であるが,この下山路で難航した。GPSがなければ,遭難の危険もあった。それは,重ね岩からの下山路において,尾根筋でない上,踏み跡が全くなく,かつ,道標やマーキングテープもないことから,どこを歩けば良いか判断に迷った。地形図とGPS(ガーミン)を確認しながら歩いたが,進路が悪路であり,大きく登山道とされるルートから離れて歩行した。軌道修正も中々容易でなく,結局,下山できそうな場所を直感で選択し,そこに向けて強引に降下した。藪こぎなどを繰り返し,約2時間かけて予定の場所に下山できた。参考にしていた昭文社「山と高原の地図」は,あまりあてにできない(過去にも,実際と異なる記載があった)。
 下山後は,「ほったらかし温泉」に入浴し,帰路についた。
 この行楽シーズンにおいても,山中では,誰にも会わなかった。阿梨山,特に帯那山は,お勧めしたい山である。
訪問者数:393人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

GPS 高原 ピストン 道標 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ