ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 770263 全員に公開 ハイキング丹沢

塩地窪沢ノ頭〜善六山〜畦ヶ丸〜権現山 (西丹沢自然教室から周回)

日程 2015年11月27日(金) [日帰り]
メンバー cjirou
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢自然教室 無料
8時20分の時点で教室前の駐車場は埋まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西沢コース〜塩地窪沢ノ頭 
取り付きは急ですが紫リボンをはじめ、目印は多数あるので迷うことはありませんでした。

塩地窪沢ノ頭〜善六山
分岐からすぐにあるコルなど、慎重に行く必要がある箇所があるので足元の悪い日は注意した方がいいと思います。

畦ヶ丸南東尾根〜前権現山
トレースは割りにはっきりとしていますが、目印があまりないので読図する必要があります。権現へ行く場合は分岐で一軒家方面に行かないように。
最後の登りが多少急になっていますので、注意が必要です。

前権現山〜西沢コース第二堰堤上
途中、目印などあまりなくなる上にトレースもほぼ無いような箇所もあるのでしっかりとここも読図が必要になります。山頂から少し行ったあたりで尾根が急降下するあたりが滑りやすく危険でした。それ以降は目印も多数あり、特に危険はありませんが地図上にもルートが無いのでおすすめしません。
その他周辺情報中川温泉 ぶなの湯 \700

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 携帯 サングラス タオル カメラ

写真

三つ目の堰堤を越した後、塩地窪沢ノ頭への尾根に取りつきます。
2015年11月27日 08:53撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ目の堰堤を越した後、塩地窪沢ノ頭への尾根に取りつきます。
踏みあとは若干ありますが、かなり急登です。
2015年11月27日 09:02撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏みあとは若干ありますが、かなり急登です。
もうほとんど紅葉は終わりでした。
2015年11月27日 09:15撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうほとんど紅葉は終わりでした。
2
紫のビニールテープが目印です。
2015年11月27日 09:17撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫のビニールテープが目印です。
赤い杭も同じく。
2015年11月27日 09:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い杭も同じく。
分岐までもう少し。
2015年11月27日 09:31撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐までもう少し。
加入道?がよく見えました。
2015年11月27日 09:32撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加入道?がよく見えました。
分岐を右へ。
2015年11月27日 09:43撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を右へ。
一つ目のピーク、塩地窪沢ノ頭に到着‼
山頂は何もありませんでした。
来た方へ戻り善六山へ。
2015年11月27日 09:45撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目のピーク、塩地窪沢ノ頭に到着‼
山頂は何もありませんでした。
来た方へ戻り善六山へ。
やせ尾根が出てきます。
2015年11月27日 09:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根が出てきます。
写真ではわかりにくいですがコルになってます。
2015年11月27日 10:01撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいですがコルになってます。
善六山への登り。
2015年11月27日 10:06撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善六山への登り。
二つ目のピーク、善六山に到着。
2人の先行カップルが休憩中でした。
私もここでコーヒーを淹れて、おにぎりを食べました。
2015年11月27日 10:16撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目のピーク、善六山に到着。
2人の先行カップルが休憩中でした。
私もここでコーヒーを淹れて、おにぎりを食べました。
畦ヶ丸がよく見えます。
2015年11月27日 10:16撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸がよく見えます。
3
善六ノタワへ。
2015年11月27日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善六ノタワへ。
いつもの道が見えてきました。
2015年11月27日 10:43撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの道が見えてきました。
1
善六ノタワから30分で山頂に到着です。
2015年11月27日 11:15撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善六ノタワから30分で山頂に到着です。
山頂から休憩する間もなく南東尾根へ。
2015年11月27日 11:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から休憩する間もなく南東尾根へ。
綺麗な苔のさくです。
2015年11月27日 11:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な苔のさくです。
大倒木が出てきた左手方向へ道が続きます。
2015年11月27日 11:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倒木が出てきた左手方向へ道が続きます。
トレースはわかりやすくなります。
2015年11月27日 11:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースはわかりやすくなります。
マイナーな道ですが、作業している人たちがいます。
2015年11月27日 11:54撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイナーな道ですが、作業している人たちがいます。
せっかくですが富士山曇ってます。
2015年11月27日 11:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくですが富士山曇ってます。
林業なのか治水作業なのか、大規模な工事をしています。
2015年11月27日 11:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林業なのか治水作業なのか、大規模な工事をしています。
そろそろ権現と一軒家方面への分岐に出ます。
2015年11月27日 11:59撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ権現と一軒家方面への分岐に出ます。
本日最後のピークが見えてきました。
2015年11月27日 12:01撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日最後のピークが見えてきました。
やせた尾根が続きます。
2015年11月27日 12:13撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせた尾根が続きます。
崩落している箇所もあります。
2015年11月27日 12:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落している箇所もあります。
西沢方面との分岐です。
2015年11月27日 12:15撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢方面との分岐です。
権現山はまっすぐです。
2015年11月27日 12:16撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山はまっすぐです。
廃れていますがしっかりした道が残っています。
2015年11月27日 12:20撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃れていますがしっかりした道が残っています。
最後へ登りもなかなか急です。
2015年11月27日 12:22撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後へ登りもなかなか急です。
山頂には少し変わったベンチがあります。
2015年11月27日 12:32撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には少し変わったベンチがあります。
念願の権現山‼
2015年11月27日 12:32撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念願の権現山‼
1
丹沢湖と奥丹沢の集落が一望できます。
正面には大涌谷がよく見えました。
2015年11月27日 12:32撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢湖と奥丹沢の集落が一望できます。
正面には大涌谷がよく見えました。
2
当初西沢の分岐へ戻るつもりでしたが、トレースもありそうなので、このまま自然教室方面へ降りることにしました。
2015年11月27日 13:04撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初西沢の分岐へ戻るつもりでしたが、トレースもありそうなので、このまま自然教室方面へ降りることにしました。
目星をつけた尾根から外れてしまい、登り返しのあと、きわどい所をトラバースして行きます。
2015年11月27日 13:23撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目星をつけた尾根から外れてしまい、登り返しのあと、きわどい所をトラバースして行きます。
1
殆ど人も歩いていないのかトレースもわかりずらいです。
2015年11月27日 13:25撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殆ど人も歩いていないのかトレースもわかりずらいです。
1
リカバリー後に目印を見つけほっとしましたが、
この後は一時ほとんどなくなります。
2015年11月27日 13:30撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リカバリー後に目印を見つけほっとしましたが、
この後は一時ほとんどなくなります。
どうしても下りで下降方向が見えなくなるとそれが嫌で尾根から外れてしまう習性があります。この先は急でザレた斜面でしたので右手側から巻きましたが、本日で最も危険な箇所でした。
2015年11月27日 13:33撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしても下りで下降方向が見えなくなるとそれが嫌で尾根から外れてしまう習性があります。この先は急でザレた斜面でしたので右手側から巻きましたが、本日で最も危険な箇所でした。
1
危険箇所を通過したあとは特に問題ありませんでした。
2015年11月27日 13:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険箇所を通過したあとは特に問題ありませんでした。
しばらく歩くと目印は沢山出てきます。
2015年11月27日 13:45撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと目印は沢山出てきます。
紫、ピンクに黄赤テープなどの目印がいっぱいあります。
2015年11月27日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫、ピンクに黄赤テープなどの目印がいっぱいあります。
1
最後は檜?林が出てきます。
2015年11月27日 14:06撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は檜?林が出てきます。
出口を発見‼
2015年11月27日 14:08撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出口を発見‼
堰堤が見えます。
2015年11月27日 14:08撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤が見えます。
振り返って入口です。
2015年11月27日 14:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って入口です。
1
写真の左手から降りてきました。
2015年11月27日 14:10撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真の左手から降りてきました。
1
西沢コースの丸太橋が見えました。🙌
2015年11月27日 14:10撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢コースの丸太橋が見えました。🙌
1
撮影機材:

感想/記録
by cjirou

前回は天気もよくなく、おまけに歩きすぎて山飯も食べることができなかったので先週に引き続き西丹沢へ。すっかり紅葉は終わりに近づいていましたが、天気はよかったので地図とスマホを片手にマイナールートを歩くにはもってこいでした。

いつもは夜明け前には出発ですが、時間にゆとりのある行程の為、当日に支度をし家を出発すると通勤ラッシュなのか246で渋滞にはまり予定よりも遅れてのスタート。まずはマイナールートではよくあるだだっ広い尾根の急斜面から登っていきます。

登り始めてから1時間弱で何もない塩地窪沢ノ頭へ。裏十丹とも囁かれるピークで本日の目的と言っても過言ではありませんでしたが、あっさり到達したのとあまりにも何もない為さっさと善六山へ。やせ尾根を歩いてすぐに山頂へ。マイナーな山なので人に会わないと思っていましたが、先行者の方たちがいらっしゃいました。
コーヒーを淹れて休憩しましたが、動きを止めると寒く、早々に店仕舞いし歩きはじめました。

善六ノタワから一般道に合流し、数人の登山者とすれ違いました。やはりお天気がいいので歩いている人も若干多めなようでした。畦ヶ丸の山頂に着くと、さっそく南東尾根を探し、山頂の石碑がある正面の藪の向こうに道を見つけます。入口から何の目印もないのでヤマップと西丹沢詳細地図を片手に慎重に進んで行きましたが、大倒木がわかりづらく直進してしまい戻ります。そこからはトーレスもわかりやすく、進んでいくと作業径路になっていてとても歩きやすい道になります。

ですが、分岐を一軒家方面に少し歩いてから間違いに気づき権現山へ。分岐以降は廃道と言った感じの趣に変わり、寂しい感じもしてきましたがどこか哀愁がありテンションが上がります。遭難事件が多発し廃道となって以来、自然教室からも近く、眺めもいい山頂であるにもかかわらず忘れ去れてしまったようなその存在が丹沢マニアの心を揺さぶります。

山頂手前が若干急斜面の上、ザレている為地図上でも危マークが付いていますが、今でも歩いている人がいるといった感じもするのでそれほど危険ではありませんでした。山頂からは評判通りの眺望が広がり、長いことマイナーなルートを歩いてやってきた甲斐がありました。

当初は西沢分岐まで戻り、そこからコースに戻り本棚あたりで昼休憩をしようかと考えていたのですが、時間も丁度13時。山頂には一応ベンチもあり、風もなく、日差しがあって暖かかったのでここで山飯タイムにすることに。とは言え、いつものエスプレッソパスタにブロッコリーを入れただけでしたが、少し焦がしはしたもののまずまずの出来でした。全部で30分くらい休憩したあと、結局来た方向へは戻らずに地図を見ながら降りられそうな尾根を見つけ、そのまま下っていくことにしました。

はじめのうちは若干トレースもあり、例の紫ビニテの目印もあったのですが、次第になくなっていき、気がつくと尾根を外していて、そのまま下ってもいけなさそうなことはありませんでしたが、やはり目星を付けたほうの尾根はしっかりしていることが確認できたので、登り返して戻ることにしました。

どこで間違えたのかわからないまま登り返すのが面倒になり、途中でトラバースして隣の尾根へと移りましたが、山頂付近はザレた砂や落ち葉が多く、滑落しそうになりながらもリカバリーに成功します。すると黄色いテープも現れ、やっぱりこっちかと思いながら歩いていくと突出した岩場のような所が出てきてヒヤヒヤしながらも、内心「この道で大丈夫かなぁ。」と若干弱気になりながら進むと、次第にトレースもはっきりしてきて、それからは目印も沢山出てきました。

檜林の手前あたりで右手方向に進もうか迷う箇所がありましたが最後まで気を抜かずに、そのまま尾根を直進していくと西沢コースを歩き始めて2つ目にある堰堤の丁度上に降りてきました。ヤマレコでのトレースでは私が右に曲がろうか迷った所を曲り、より自然教室に近いところへ出ているものもあるのでもしかするとコースがあるのかもしれません。(詳しいことはわかりませんが)

いつものように長い距離で行程を組んでしまうとあまり行ったことのない道を行く時間がなくなって、どちらを取るかで悩ましいものがありますが、今回はいつもよりも短めのコースで設定したぶんゆっくりと読図をしたり、山頂で休憩することができ、それはそれで充実した山行になりました。

例年だと12月は山に行かれないことが多かったのですが、今年は行かれそうなので、最後はやっぱり縦走しておこうかなぁと考えています。

帰りにブナの湯で休憩しているとテレビで皇太子さまが石老山に登られたニュースが放送されていました。「中央自動車道を利用する際に 車窓からたびたび目にするこの山に、以前から一度登ってみたかった。」とのエピソードが紹介されているのがとても印象的で、富士山や、丹沢の眺望を楽しまれたのだそうです。
訪問者数:371人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ