ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 772213 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲:一ヶ谷道西尾根(バリルートです)

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー GREENLABEL
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
阪急電鉄:六甲駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
50分
合計
4時間40分
S阪急六甲駅09:2509:50六甲ケーブル下駅11:05六甲ケーブル山上駅11:3011:40天狗橋11:55みよし観音12:05六甲ガーデンテラス12:3012:35みよし観音13:10油コブシ13:40六甲ケーブル下駅14:05阪急六甲駅14:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
写真配置、通過時間、ルートトレースは適当です。
コース状況/
危険箇所等
山と高原地図「六甲・摩耶」には載っていません。
踏み跡が薄い所もありますが、地形図あれば何となくわかると思います。
最後のゴール(六甲ケーブル山頂駅)付近では、完全に踏み跡をロストし、20分ほどウロチョロしました。
後ろから来たハイカーさんが、地形図で破線道を示して下さり、何とか踏み跡を発見し、車道に出ました。
その他周辺情報ガーデンテラスで、ジンギスカンラーメンを食しました。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

備考 手袋忘れた。

写真

AM9:25、阪急六甲駅を出発します。
バスを使わず、六甲ケーブル下駅まで、坂の舗装路をてくてく歩きます。
2015年11月29日 09:23撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AM9:25、阪急六甲駅を出発します。
バスを使わず、六甲ケーブル下駅まで、坂の舗装路をてくてく歩きます。
1
ケーブル下駅に到着です。
上に見えるのが、新土橋です。
今回はこの橋を通ります。
2015年11月29日 09:48撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブル下駅に到着です。
上に見えるのが、新土橋です。
今回はこの橋を通ります。
このままケーブルに乗ってしまうと、とっても楽なことはわかっていますが、山行になりません。
2015年11月29日 09:49撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このままケーブルに乗ってしまうと、とっても楽なことはわかっていますが、山行になりません。
1
六甲有料道路を少し歩きます。
2015年11月29日 09:53撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲有料道路を少し歩きます。
このフェンスの切れ目が取り付きです。
2015年11月29日 09:55撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このフェンスの切れ目が取り付きです。
1
1つ目の鉄塔。
2015年11月29日 10:00撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つ目の鉄塔。
2つ目の鉄塔。
2015年11月29日 10:05撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の鉄塔。
3つ目の鉄塔。(向こう側に見えるのが4つ目)
2015年11月29日 10:14撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目の鉄塔。(向こう側に見えるのが4つ目)
1
4つ目の鉄塔(真下から)
恐らくここが天望山でしょう。
2015年11月29日 10:17撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4つ目の鉄塔(真下から)
恐らくここが天望山でしょう。
4つ目の鉄塔から少し進んだ所に分岐があります。真っ直ぐ(写真左側)へ行くと、先ほどの六甲有料道路に降りちゃいます。正解は右側です。
2015年11月29日 10:18撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4つ目の鉄塔から少し進んだ所に分岐があります。真っ直ぐ(写真左側)へ行くと、先ほどの六甲有料道路に降りちゃいます。正解は右側です。
1
一旦降りて鞍部を登り返すと、平坦な尾根に出ます。
2015年11月29日 10:32撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦降りて鞍部を登り返すと、平坦な尾根に出ます。
2
今回は、先行するハイカーが付けたのであろう、この足を擦りつけたう様なマーキングに助けられました。
2015年11月29日 10:42撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、先行するハイカーが付けたのであろう、この足を擦りつけたう様なマーキングに助けられました。
1
わかりにくいですが、左側がアイスロードへの分岐です。
今回は直進します。
2015年11月29日 10:43撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかりにくいですが、左側がアイスロードへの分岐です。
今回は直進します。
1
最初は膝くらいまでの笹道ですが、
2015年11月29日 10:47撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は膝くらいまでの笹道ですが、
1
途中、背丈ほどの高さになります。
2015年11月29日 10:55撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、背丈ほどの高さになります。
2
石垣が見えて、すぐ先が六甲ケーブル山頂駅です。
2015年11月29日 11:04撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣が見えて、すぐ先が六甲ケーブル山頂駅です。
ここで、登山道出口への踏み跡をロストしたため、強引にケーブル駅から脱出しようかと思いましたが、プライドが邪魔して再度登山道へ戻ってしまいました。
2015年11月29日 11:10撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、登山道出口への踏み跡をロストしたため、強引にケーブル駅から脱出しようかと思いましたが、プライドが邪魔して再度登山道へ戻ってしまいました。
1
後ろから来たハイカーさんの地形図により、破線道を確認し、薄い薄い踏み跡を発見し、無事正規ルートで脱出できました。
2015年11月29日 11:24撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろから来たハイカーさんの地形図により、破線道を確認し、薄い薄い踏み跡を発見し、無事正規ルートで脱出できました。
1
ケーブル山頂駅からの眺望。
曇ってます。
2015年11月29日 11:29撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブル山頂駅からの眺望。
曇ってます。
2
ガーデンテラスまで移動し昼食にします。
写真は「六甲枝垂れ」
2015年11月29日 12:08撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガーデンテラスまで移動し昼食にします。
写真は「六甲枝垂れ」
今日の昼食は、ジンギスカンラーメンと日本酒(熱燗)!
2015年11月29日 12:11撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の昼食は、ジンギスカンラーメンと日本酒(熱燗)!
2
うまい!(๑´ڡ`๑)
2015年11月29日 12:13撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うまい!(๑´ڡ`๑)
2
来た道を少し戻って、下山は油コブシ経由の高羽道を使います。
2015年11月29日 12:52撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を少し戻って、下山は油コブシ経由の高羽道を使います。
寒天山道との分岐、右の油コブシへ行きます。
2015年11月29日 13:02撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒天山道との分岐、右の油コブシへ行きます。
いつも「きつい道」を使っているので、今回初めて「ゆるい道」を歩いてみます。
2015年11月29日 13:05撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも「きつい道」を使っているので、今回初めて「ゆるい道」を歩いてみます。
1
油コブシの下にある展望スペース。
2015年11月29日 13:08撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油コブシの下にある展望スペース。
持参したプリン体0、糖質0、アルコール度数6%の発泡酒をイタダキマス。
2015年11月29日 13:10撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
持参したプリン体0、糖質0、アルコール度数6%の発泡酒をイタダキマス。
1
ここも「ゆるい道」をチョイス。
2015年11月29日 13:21撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも「ゆるい道」をチョイス。
1
手すりが出てきたので、登山道も終了です。
2015年11月29日 13:33撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手すりが出てきたので、登山道も終了です。
六甲有料道路の新土橋まで戻ってきました。
2015年11月29日 13:42撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲有料道路の新土橋まで戻ってきました。
ケーブル下駅。
ここから、てくてく阪急六甲駅まで歩きました。
2015年11月29日 13:43撮影 by N-04E, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブル下駅。
ここから、てくてく阪急六甲駅まで歩きました。
1

感想/記録

まず初めにお断りしておきます。

今回の一ヶ谷道西尾根の取付き口へは、六甲有料道路を約100m程歩く事になるのですが、この道路はトンネル内のみ歩行禁止という説と全線歩行禁止という説があります。

鶴甲(高羽)からの入口付近には歩行禁止表示は無く、6年ほど前に一度同じルートを歩いた時はトンネル内のみ歩行禁止と思っていましたが、今回、後で確認したところ、2009年度版山と高原地図には、全線歩行禁止となっていました。

よって、本来は通ってはいけないルートだったのかもしれません。

地図に載っていないバリエーションルートではありますが、関西電力送電線鉄塔保守管理路である事には間違いなく、昔歩いた時は、ルートを外して一旦アイスロードに入ってしまい、そこから今回のコースに復帰したという苦い思い出があったので、今回はリベンジのつもりでルートを踏み外さずにゴールまで完遂する目的でしたが、結果的に歩行禁止区域を歩いてしまったかも知れないので、達成感は無いです。

今回、山行記録をアップするのもどうかと思いましたが、踏み跡状況から判断してマニアのハイカーは歩いているようですし、赤テープも貼られています。またウェブでは公にコース紹介されているようなので、注意喚起のつもりでアップさせて頂きました。

ちなみに、アイスロードや六甲有料道路と並行している旧車道からは、合流することが出来るので登山道としてのコースそのものは使い物になります。

訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

赤テープ 鞍部 高原 山行 コール
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ