ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 777898 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

桐生アルプス縦走(吹上バス停〜鳴神山〜大形山〜吾妻山〜桐生駅)

日程 2015年12月12日(土) [日帰り]
メンバー shokunpapa
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
(行き)
→(東武鉄道)7:53足利市駅・・徒歩1.3km・・8:13足利駅(JR)→8:30桐生駅
9:00桐生駅北口(おりひめバス)→9:35吹上バス停
(帰り)
16:50桐生駅(わたらせ渓谷鉄道)→16:55相老駅17:04(東武鉄道)→
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
46分
合計
6時間49分
S吹上バス停09:3909:56駒形登山口11:11肩の広場11:20鳴神山11:5411:56仁田山岳12:07肩の広場12:46四等三角点 / 市畑13:05三峰山13:26金沢峠13:45大形山14:19三叉分岐15:04女吾妻山15:17吾妻山15:2916:20西桐生駅16:28桐生駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■所要時間:6時49分
■歩行時間:375分(小休止を含む、昼食休憩を含まず。)
■距離:15km
■累積標高差:+1200m,-1400m
■行程量:68P(34EK)(★★★)
■ラップタイム:5:51分/P(マイペース登高能力:+408m/h、ランク掘
■エネルギー定数:375*0.03+1.2*10+1.4*0.6+15*0.3=28.59
■山のグレーデイング:3B
■消費カロリー:28.59*(78.0+(8.3+6.2)/2)=2,437kcal
※各指標の説明は、私のプロフィールに掲載。
コース状況/
危険箇所等
■鳴神山への登りは、岩のゴロゴロした谷を登ります。
■吾妻山から麓の公園までの下りにも岩場が出てきます。
■全般的に、この季節、落葉が厚く積もっている所があるので、特に下りでの滑りや、ルートをはずした落葉踏み抜きに注意する必要があります。
その他周辺情報■コンビニは、上毛電鉄西桐生駅の南側にセブンイレブンがあります。桐生駅からも約200mと近い。
■おりひめバスの時刻は、次のWebを参照。
http://www.city.kiryu.gunma.jp/web/home.nsf/39f1c87d0d44690349256b000025811d/60199688aab49e9849257e0c00804285?OpenDocument
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ザックカバー ヘッドライト 携帯ラジオ 予備電池(単3単4) 替えメガネ 細引き3mmX10m 折り畳み傘 タオル 手袋 雨具上下 ツエルト 洗濯ハサミ4本 敷物用シート 携帯トイレ サムスプリント 三角巾 レスキューシート ガーゼ ハサミ 付箋 テーピングテープ バンドエイド 消毒薬 綿棒 応急ギブス 救急用手袋 ストック2本 ライター 地図コピー シルバコンパス 筆記具 裁縫道具 アーミーナイフ テイシュペーパー ペットボトル(1L) ペットボトル(0.5L) 非常用水ペットボトル(0.5L) ハイドレーションチューブ テルモス(お湯0.5L) ゼリー飲料3個 非常食(カロリーメイト・コンデンスミルク) おにぎり2個 カップラーメン 武器セット 財布 保険カード 携帯電話

写真

8:55 朝の桐生駅北口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:55 朝の桐生駅北口
1
8:59 川内方面、吹上行きのおりひめバスに乗り込みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:59 川内方面、吹上行きのおりひめバスに乗り込みます。
9:45 終点の吹上バス停を出発してしばらく歩いた所。紅葉が残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:45 終点の吹上バス停を出発してしばらく歩いた所。紅葉が残っています。
1
9:46 一番奥の集落。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:46 一番奥の集落。
9:50 鳴神山が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:50 鳴神山が見えてきました。
3
9:55 駒形登山口の駐車場。道路脇の空地が駐車場になっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:55 駒形登山口の駐車場。道路脇の空地が駐車場になっています。
9:56 駒形登山口。この先、林道工事のため、歩行者のみ通行可能。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:56 駒形登山口。この先、林道工事のため、歩行者のみ通行可能。
10:01 林道工事現場の仮設トイレですが、ハイカーも使って良いそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:01 林道工事現場の仮設トイレですが、ハイカーも使って良いそうです。
10:04 登山道に入りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:04 登山道に入りました。
10:07 鳴神山の説明板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:07 鳴神山の説明板
10:10 谷に沿って登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:10 谷に沿って登ります。
10:19 岩の迫った谷を登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:19 岩の迫った谷を登っていきます。
10:20 岩を乗り越えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:20 岩を乗り越えます。
10:39 鳴神山の登山口と山頂の中間点を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:39 鳴神山の登山口と山頂の中間点を通過
10:46 谷を詰めて行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:46 谷を詰めて行きます。
10:59 レンゲショウマの保護のためのネットがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:59 レンゲショウマの保護のためのネットがありました。
11:00 稜線が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:00 稜線が見えてきました。
11:11 鳴神山の肩の広場(930m)まで上がってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:11 鳴神山の肩の広場(930m)まで上がってきました。
11:11 肩から鳴神山のピークに登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:11 肩から鳴神山のピークに登ります。
11:17 鳴神山は双耳峰になっており、最高点のある桐生岳と、仁田山岳があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:17 鳴神山は双耳峰になっており、最高点のある桐生岳と、仁田山岳があります。
11:20 鳴神山(桐生岳)の山頂(980m)に到着。祠があります。周りにはベンチが置かれていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:20 鳴神山(桐生岳)の山頂(980m)に到着。祠があります。周りにはベンチが置かれていました。
1
日光連山(男体山と太郎山)は、雪が解けて秋に戻ってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光連山(男体山と太郎山)は、雪が解けて秋に戻ってしまいました。
3
武尊山と日光白根山は雲に隠れて見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山と日光白根山は雲に隠れて見えず。
1
関東平野の眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東平野の眺め。
食後のショウガ湯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食後のショウガ湯
11:56 双子峰のもう一つのピーク、仁田山岳の山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:56 双子峰のもう一つのピーク、仁田山岳の山頂に到着。
11:57 仁田山岳の祠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:57 仁田山岳の祠
11:58 仁田山岳の第一展望所からの眺め。赤城連峰が真正面に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:58 仁田山岳の第一展望所からの眺め。赤城連峰が真正面に見えます。
3
榛名山も霞んで見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榛名山も霞んで見えます。
12:03 仁田山岳からの下り道。急な坂で落葉が積もっていて滑るので、下りるのに難儀しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:03 仁田山岳からの下り道。急な坂で落葉が積もっていて滑るので、下りるのに難儀しました。
12:07 肩の広場に下りてきました。ここから吾妻山まで8.4km、3時間20分の道のりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:07 肩の広場に下りてきました。ここから吾妻山まで8.4km、3時間20分の道のりです。
肩の広場の横に大きな岩があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の広場の横に大きな岩があります。
12:22 この後、ピークへの登り下りを繰り返しながら、吾妻山まで稜線をたどります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:22 この後、ピークへの登り下りを繰り返しながら、吾妻山まで稜線をたどります。
12:35 葉を落とした林。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:35 葉を落とした林。
12:40 振り返ると鳴神山が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40 振り返ると鳴神山が見えています。
12:40 ピークに向けて登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40 ピークに向けて登ります。
12:46 市畑、四等三角点(812m)に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:46 市畑、四等三角点(812m)に到着。
1
12:54 松林の道を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:54 松林の道を下ります。
13:05 三峰山山頂(679m)に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:05 三峰山山頂(679m)に到着。
お地蔵さんがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんがあります。
13:26 金沢峠(565m)に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:26 金沢峠(565m)に到着。
13:35 急な登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:35 急な登り
13:45 大形山(682m)に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:45 大形山(682m)に到着。
尾根道を下りて行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道を下りて行きます。
14:03 開けた植林地に出て、これから歩く山々が見えました。吾妻山が2つ向こうに霞んで見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:03 開けた植林地に出て、これから歩く山々が見えました。吾妻山が2つ向こうに霞んで見えています。
2
14:19 三叉路。ここから関東ふれあいの道に合流して、吾妻山に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:19 三叉路。ここから関東ふれあいの道に合流して、吾妻山に向かいます。
赤城連峰の眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城連峰の眺め
3
関東ふれあいの道の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道の看板
1
14:30 気温はこの季節としては高めの10度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:30 気温はこの季節としては高めの10度。
まだ紅葉が残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ紅葉が残っています。
14:43 村松峠(365m)に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:43 村松峠(365m)に到着。
この先、階段が多くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、階段が多くなります。
青空とのコントラスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空とのコントラスト
まだまだ登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ登ります。
ようやく頂上らしきものが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく頂上らしきものが見えてきました。
15:04 女吾妻山の山頂(480m)に到着。吾妻山はここから先に下って登り返した所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:04 女吾妻山の山頂(480m)に到着。吾妻山はここから先に下って登り返した所。
女吾妻山のケルン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女吾妻山のケルン
吾妻山に向けた最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻山に向けた最後の登り。
15:17 吾妻山(481m)に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:17 吾妻山(481m)に到着。
1
祠がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠がありました。
1
時計は3時17分を指しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時計は3時17分を指しています。
桐生の街を眺めます。お正月には初日の出を見に、凍った岩だらけの道を吾妻山まで登る人がいるそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桐生の街を眺めます。お正月には初日の出を見に、凍った岩だらけの道を吾妻山まで登る人がいるそうです。
2
足利行道山の方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足利行道山の方向
3
吾妻山の環境保全地域の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻山の環境保全地域の看板
15:31 岩のゴロゴロした道を下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:31 岩のゴロゴロした道を下山します。
第二男坂と第二女坂があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二男坂と第二女坂があります。
15:38 第二男坂を下から眺めたところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:38 第二男坂を下から眺めたところ。
15:46 第二と第一の間の斜度が緩んだ所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:46 第二と第一の間の斜度が緩んだ所。
15:52 第一男坂と第一女坂の登り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:52 第一男坂と第一女坂の登り口。
15:53 吾妻山登山口の標識。登山の心得が書かれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:53 吾妻山登山口の標識。登山の心得が書かれています。
15:54 緩やかな道を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:54 緩やかな道を歩きます。
15:57 道路を陸橋で渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:57 道路を陸橋で渡ります。
16:00 張りだした尾根の道を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:00 張りだした尾根の道を歩きます。
16:03 公園の道路に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:03 公園の道路に出ました。
上がっていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上がっていきます。
16:03 吾妻山(左端)と歩いてきた尾根筋が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:03 吾妻山(左端)と歩いてきた尾根筋が見えています。
16:05 公園に入りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:05 公園に入りました。
16:06 公園の頂上の広場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:06 公園の頂上の広場。
16:06 トイレを発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:06 トイレを発見。
16:10 公園の南面駐車場に向けて下りていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:10 公園の南面駐車場に向けて下りていきます。
16:13 南面駐車場。吾妻山に登る人たちにも良く利用されているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:13 南面駐車場。吾妻山に登る人たちにも良く利用されているようです。
南面駐車場横のトイレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南面駐車場横のトイレ
16:15 坂を下りて行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:15 坂を下りて行きます。
16:20 上毛電鉄の西桐生駅前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:20 上毛電鉄の西桐生駅前
16:25 桐生駅前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:25 桐生駅前
1
16:28 桐生駅に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:28 桐生駅に到着
ご当地名物の、ひもかわうどんをいただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご当地名物の、ひもかわうどんをいただきました。
4
帰りに、わたらせ渓谷鉄道に2駅区間だけ乗車。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに、わたらせ渓谷鉄道に2駅区間だけ乗車。
2

感想/記録

 「桐生アルプス」という名前を知ったのは、桐生の吾妻山から鳴神山までの稜線を往復縦走した方々のヤマレコ記録からです。
 吾妻山の麓から鳴神山の往復で10時間以上かかるハードな記録でした。

 今回は、日も短かく、電車を使うために朝早くからは歩けないため、往復縦走はあきらめて、鳴神山に登ってから吾妻山まで片道縦走して桐生駅に戻ることにしました。

 桐生駅から鳴神山登山口の最寄りの吹上まで、おりひめバスで行きました。35分も乗りましたが、桐生市の補助が入っているのか、200円で利用させていただきました。

 吹上バス停から鳴神山の駒形登山口までの1.3kmは、舗装された道を歩きましたが、そのあとは、谷沿いの岩のゴロゴロした所を登りつめて行きました。
 
 鳴神山は岩が多い山で、地質に恵まれてカッコウソウなどの貴重な花が咲くそうです。谷沿いには、レンゲショウマを鹿から守る柵が設けられていました。

 稜線にある鳴神山の肩の広場まで谷を登りつめました。肩の広場には、桐生岳と仁田山岳の二つの神社の鳥居がありました。どちらに登れば鳴神山の山頂に行くのか、一瞬とまどいました。

 鳴神山は、桐生岳と仁田山岳の二つのピークがある双耳峰でした。
 桐生岳の山頂は、眺望が良いため、休憩するのにちょうど良く、ベンチが置かれていました。小春日和で風もなく暖かい日でした。
 もうひとつの仁田山岳は眺望がありませんが、少し離れた所に展望所があって、赤城連峰がよく見えました。

 仁田山岳から鳴神山の肩の広場に戻るのに、桐生岳に登った道とは別の道を通りましたが、急坂で落葉が積もっていて、下るのに難儀しました。先に仁田山岳に登ってから桐生岳に回った方が良いと思いました。

 肩の広場(930m)から吾妻山(481m)までの8.4kmの稜線は、全体に下り基調ですが、アップダウンを繰り返しました。落葉したコナラ林が綺麗でした。ここでも落ち葉が積もっていて、下りには注意しました。
 大形山や女山・吾妻山の手前では登りが長く続きました。
 途中の三叉路からは関東ふれあいの道に合流し、歩いている人が多くなりました。

 肩の広場から3時間以上歩いて、ようやく吾妻山に到着し、桐生の街を眺めることができました。15時を過ぎても、麓から登ってくる人たちが多くいらっしゃいました。ちなみに、お正月の初日の出を見るために登る人も多いとのことです。

 吾妻山からの下りは、結構急な岩場になっていました。男坂と女坂がそれぞれ2か所ずつあって、私はどちらも女坂を下りました。
 地元の方々は、ここを頻繁に登っていらっしゃるようで、皆さん慣れていて、歩くのが早いです。

 吾妻山の麓の水道山には公園が整備されていました。ようやくトイレを見つけて休憩しました。日が傾いて夕日がきれいでした。

 この後は、山を下りて、桐生駅に向かいました。
訪問者数:604人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ