ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 778425 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

塔ノ岳(大倉尾根ピストン)

日程 2015年12月12日(土) [日帰り]
メンバー terutakatai
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
フリーパス利用
小田急渋沢駅経由、神奈中バス大倉停留所
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
1時間18分
合計
6時間25分
S大倉バス停10:4210:46大倉山の家11:07観音茶屋11:23雑事場ノ平11:28見晴茶屋12:04駒止茶屋12:14堀山12:22堀山の家12:2712:46天神尾根分岐13:11花立山荘13:1513:27花立13:32金冷シ13:52塔ノ岳14:4515:00金冷シ15:04花立15:12花立山荘15:1515:30天神尾根分岐15:40堀山の家15:4915:55堀山16:02駒止茶屋16:24見晴茶屋16:2816:33雑事場ノ平16:46観音茶屋17:03大倉山の家17:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

大倉尾根の入り口。ここんとこ何度も通ってますが、明るい時間に通ることなかったからいままで気付きませんでした。
2015年12月12日 10:48撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根の入り口。ここんとこ何度も通ってますが、明るい時間に通ることなかったからいままで気付きませんでした。
3
こちらも新たなる発見ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも新たなる発見ですね。
時間が遅いだけに、人が少ないのはいい感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が遅いだけに、人が少ないのはいい感じです。
明るいと葉っぱの色にも気づかされます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るいと葉っぱの色にも気づかされます。
いつもは街の灯りが見える見晴茶屋からの景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもは街の灯りが見える見晴茶屋からの景色。
今日は暑い。汗が止まらん。久々に滴り落ちる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は暑い。汗が止まらん。久々に滴り落ちる。
紅葉ももうお終いです。これは黄色ですけどね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉ももうお終いです。これは黄色ですけどね。
今週も富士山こんにちは。
2015年12月12日 12:12撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今週も富士山こんにちは。
5
角度が変わって木の枝がなくなりました。何度見ても綺麗です。
2015年12月12日 12:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角度が変わって木の枝がなくなりました。何度見ても綺麗です。
2
花立山荘からの富士山。
2015年12月12日 13:11撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘からの富士山。
2
花立からの富士山。
2015年12月12日 13:27撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立からの富士山。
1
中央遠くに見えるのが先週登った蛭ヶ岳。山荘まで目視出来ます。
2015年12月12日 13:37撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央遠くに見えるのが先週登った蛭ヶ岳。山荘まで目視出来ます。
1
左に大山。中央が三ノ塔。その手前が烏尾山。
2015年12月12日 13:41撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に大山。中央が三ノ塔。その手前が烏尾山。
2
最後の階段は今日も青空に続いています。
2015年12月12日 13:49撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の階段は今日も青空に続いています。
1
塔ノ岳山頂の交通標識と富士山。ここは、登山者の分岐点です。休むもよし、先へ進もよし、引き返すのもありです。
2015年12月12日 13:51撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂の交通標識と富士山。ここは、登山者の分岐点です。休むもよし、先へ進もよし、引き返すのもありです。
ズームアップ
2015年12月12日 13:59撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームアップ
1
いつかは泊まってみよう。夜景に朝焼け、霧氷に日の出と、楽しみはいろいろ。
2015年12月12日 14:00撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつかは泊まってみよう。夜景に朝焼け、霧氷に日の出と、楽しみはいろいろ。
1
じゃあ、またね。富士山。
2015年12月12日 14:45撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
じゃあ、またね。富士山。
1
ヘリコプターやってきた。
2015年12月12日 15:04撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリコプターやってきた。
1
なぜか巡回中。あれに襲われてミサイルやら機関銃うたれたら逃げ切れないでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜか巡回中。あれに襲われてミサイルやら機関銃うたれたら逃げ切れないでしょうね。
そんなバカなこと考えてたら、ヘリコプターは去って行きました。遭難者がいたわけではないようで何より。
2015年12月12日 15:07撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんなバカなこと考えてたら、ヘリコプターは去って行きました。遭難者がいたわけではないようで何より。
1
夕陽の中、一人で歩く木道は雰囲気いいです。
2015年12月12日 16:00撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽の中、一人で歩く木道は雰囲気いいです。
1
見晴茶屋まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋まで戻ってきました。
大倉でバス待ち中。バス出たばっかなので人少ないです。
2015年12月12日 17:18撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉でバス待ち中。バス出たばっかなので人少ないです。
1

感想/記録

3週連続の山登り。今週も富士山がみれてよかったです。

塔ノ岳は何度も登りましたが、大倉尾根は一度しか登り切ってないことが判明したため、自分の体力を測る尺度としての山行記録。
山登りを始めた直後の前回は、いずれも休憩込みで、登り3時間10分、下り2時間56分。
今回は、登り3時間10分と前回となんら変わりませんでしたが、下りは2時間22分と30分程度の短縮が見られました。
登りの時間に差異が無いのはなんとなく釈然としませんが、いろいろ景色や周りを把握する余裕が持てるようになったんじゃないかと自己評価することで納得。
下りの時間は、前回の記憶をたどると膝が痛くて歩くのが大変だったはず。
今回はサポーターのおかげか膝は痛くならなかったので、多少の筋肉はついたということでこちらもなんとか納得。

少しだけですが、成長していて何よりです。
訪問者数:327人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 山行 ピストン 霧氷 木道 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ