ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779841 全員に公開 沢登り丹沢

勘七の沢左俣

日程 2015年12月15日(火) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato(感想), その他メンバー3人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
表丹沢県民の森Pに停めた。
※Googleのナビで行くと、林道の入口あたりで「目的地に到着しました。お疲れ様でした。」と言われるが、それにメゲずにその先を数キロ登っていくと本来の目的地Pに到着します。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
9分
合計
8時間19分
S表丹沢県民の森駐車場07:3708:04二俣08:17小草平の沢渡渉地点08:1909:10勘七ノ沢09:1715:32二俣15:55表丹沢県民の森駐車場15:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

前衛の小滝を抱えたF1。12−15m?。正確な高さよくわからないですが、巻いて上がったらプロトレック上では標高差が20m以上ありました。
2015年12月15日 09:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前衛の小滝を抱えたF1。12−15m?。正確な高さよくわからないですが、巻いて上がったらプロトレック上では標高差が20m以上ありました。
1
F1の巻き。見た目は簡単だが、取りついてみたら厳しい、それが丹沢だということが最近わかってきました。(;・∀・) フォローでもヒィヒィ言いながら全部で3ピッチでなんとか巻き終了。所要時間1時間20分。Σ(゜Д゜)
2015年12月15日 10:18撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1の巻き。見た目は簡単だが、取りついてみたら厳しい、それが丹沢だということが最近わかってきました。(;・∀・) フォローでもヒィヒィ言いながら全部で3ピッチでなんとか巻き終了。所要時間1時間20分。Σ(゜Д゜)
2
そのあとは楽しい滝が続きます。これは階段状8m位。
2015年12月15日 11:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのあとは楽しい滝が続きます。これは階段状8m位。
4
この5mはボルダーぽくてとても楽しかった。僭越ながらトップで登らせていただき、ロープを出しました。リーダーが左足押さえてくれたからインチキです。(;・∀・)
2015年12月15日 12:07撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この5mはボルダーぽくてとても楽しかった。僭越ながらトップで登らせていただき、ロープを出しました。リーダーが左足押さえてくれたからインチキです。(;・∀・)
2
崩れかけた堰堤5連発の所で昼食休憩。その後歩きだしたらすぐ上にこんな大きな滝がありました。Σ(゜Д゜) F1より落差があり15−18m位? でも、右から巻いたら、F1より全然ラクだった。
2015年12月15日 13:11撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れかけた堰堤5連発の所で昼食休憩。その後歩きだしたらすぐ上にこんな大きな滝がありました。Σ(゜Д゜) F1より落差があり15−18m位? でも、右から巻いたら、F1より全然ラクだった。
2
そのあとは涸れ滝をいくつかこなしてから小丸尾根に移り、下山。紅葉がまだところどころ残ってるし、松がきれいで大感激でした。
2015年12月15日 15:15撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのあとは涸れ滝をいくつかこなしてから小丸尾根に移り、下山。紅葉がまだところどころ残ってるし、松がきれいで大感激でした。
1

感想/記録

やぶさわクラブの企画に、wktkで参加してきました。
こんなに人気でメジャーな丹沢で、遡行記録が見つからない沢があるとは思いませんでした。なんでだろう?!遡行価値がないからか、絶対無理な滝があるのか!?

やはりF1が砦の扉的な役割を果たして居る模様です。
滝を登るのは困難だし、巻きも相当悪い。。。

そのあとは楽しい小滝や登れる滝が続きました。

お昼休憩のあとにF1以上に落差のある滝が出てきて、
でもその巻きはF1に比べれば全然ラクでした。
やっぱF1が全てを撃退してる模様。

そのあとは涸棚がいくつかあっておいしいところはおしまい。

稜線にトラバースして小丸尾根で下山しましたが、
またこの尾根の植生や眺めの素晴らしいこと!
大感激しながら降りました。
ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。
大満足でした\(^o^)/
来年もどうぞよろしくお願いいたします。(^^)
訪問者数:199人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

左俣 紅葉 堰堤
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ