ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 勘七ノ沢

勘七ノ沢(かんしちのさわ)

最終更新者 kamog
基本情報
場所 北緯35度26分03秒, 東経139度09分27秒
表丹沢でも屈指の人気沢。人気の秘訣はタイプの異なる滝を複数かけて、直登、へつりなど沢登りの技術を多様できること、それなりの詰めなど、沢登りの総合力が試されるからであろう。詰めは花立山荘に出るのが一般的。西山林道の二俣と呼ばれる箇所から入渓するが、しばらくで左側からF1で合流してくるので注意が必要。見過ごしてそのまま小草平ノ沢を遡行してしまう人も多い。ただしこのF1は最初の2mが核心でクライミング力が必要となる。ここを登れなければその先にも登る力はないと判断して撤退しよう。大滝であるF5(15m)は左壁から直登できるが、バンドから流芯沿いに移るところで岩が被る感じで要バランス。適期にはヤマビルもいるのでディート入りの虫除けスプレーや忌避剤は携行のこと。
2014年よりアプローチでもある西山林道は一般車両が完全通行止めとなるので、林道歩きの時間を計画段階で考慮したい。
遡行グレードは6段階評価で1級上(初級者向け)だが中級者も楽しめる。

勘七ノ沢 (基準標高896.3m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
8.2
平均気温
2.8
最低気温
-2.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 5.1 時間/日
降水量 5.6 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

すぐに勘七ノ沢F1−6m 左壁をカチ利用でクライミングする kiha58さん曰く「この滝が今日一番難しかった・・・」 しっかり支点のお世話になりました(笑 kiha
勘七ノ沢と小草平ノ沢の二俣 左側を気にしていないと勘七ノ沢を見落としてしまうので注意
先週の勘七ノ沢に引きつづき、超速スピードの登りで貫禄の違いを見せつけたN女史
勘七ノ沢の木橋。 清冽な沢を渡ります。 心地よい。
ここから入って行きます。勘七沢なのか勘七ノ沢か名前はどっちなのか、それともどっちでもないのか。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「勘七ノ沢」 に関連する記録(最新10件)

丹沢
  26     31 
2017年03月29日(日帰り)
丹沢
  32    30 
2017年03月22日(日帰り)
丹沢
  60    45  2 
tomo0705, その他4人
2017年03月18日(日帰り)
丹沢
  14     29  4 
pxsth851, その他1人
2017年03月11日(日帰り)
丹沢
  52    42  4 
mimimi333, その他1人
2017年03月11日(日帰り)
丹沢
  16    27  6 
2017年03月04日(日帰り)
丹沢
    2 
chakaran, その他20人
2017年03月04日(日帰り)
丹沢
  12    79 
2017年02月25日(日帰り)
丹沢
  16    21 
2017年02月19日(日帰り)
丹沢
  46    19 
2017年02月18日(日帰り)
ページの先頭へ