ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780610 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

藤原岳のピークを全て登ろう【木和田尾から聖宝寺ルートで周回】

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー onetotani
天候曇り 午後より晴れ 風は10m程?
【気温】巡視路入口:5℃  頭陀ヶ平:0℃
    袴腰:2℃    聖宝寺へ下山:8℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
簡易パーキング・ふじわら
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
2時間5分
合計
8時間30分
S巡視路入口07:0007:40No205鉄塔08:00子向井山08:25R201鉄塔08:3008:45坂本谷分岐08:5009:30頭陀ヶ平09:4010:00天狗岩10:2010:45P112811:0011:10藤原山荘:昼食11:4012:05袴腰12:1512:50展望台13:0513:20藤原山荘13:50大貝戸八合目13:5514:50聖宝寺15:0015:30簡易パーキングG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
簡易パーキング:トイレは水洗完備、但し登山届ポストは有りません。
        (登山計画表は車内のフロントへ置きます。)
聖宝寺ルート入山口:登山届ポスト有り。
その他周辺情報R477(鈴鹿スカイライン)が12/17より冬季閉鎖に、
同じくR306の鞍掛峠も冬季閉鎖となりました。

過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

朝陽が拝めて、晴天を期待したが・・・
2015年12月19日 06:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽が拝めて、晴天を期待したが・・・
9
子向井山を示す木札が無くなってしまった。
2015年12月19日 07:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子向井山を示す木札が無くなってしまった。
3
見つけて根元に置きました。
2015年12月19日 07:57撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見つけて根元に置きました。
4
冬枯れの尾根
2015年12月19日 08:00撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れの尾根
2
R201鉄塔から見る烏帽子岳、霊仙山?方面。
2015年12月19日 08:21撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R201鉄塔から見る烏帽子岳、霊仙山?方面。
2
眼下の展望を楽しむ。
2015年12月19日 08:22撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下の展望を楽しむ。
3
伊勢湾と工業地帯。
2015年12月19日 08:24撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢湾と工業地帯。
4
今日も影との二人連れ。
2015年12月19日 08:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も影との二人連れ。
5
坂本谷分岐にて一休み。
2015年12月19日 08:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本谷分岐にて一休み。
2
稜線へ延びる尾根を上がる。
2015年12月19日 08:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線へ延びる尾根を上がる。
3
L203鉄塔より霊仙山を望む
2015年12月19日 08:55撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
L203鉄塔より霊仙山を望む
5
微かに御嶽が見られる。
2015年12月19日 08:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微かに御嶽が見られる。
6
L201鉄塔の建つ稜線は目の前だ。
2015年12月19日 09:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
L201鉄塔の建つ稜線は目の前だ。
2
東ボタンブチが正面に。
2015年12月19日 09:20撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東ボタンブチが正面に。
9
頭陀ヶ平の三角点へ向かう。(鉄塔はR198)
2015年12月19日 09:20撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭陀ヶ平の三角点へ向かう。(鉄塔はR198)
2
期待通り見られた今シーズン初の霧氷。
2015年12月19日 09:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
期待通り見られた今シーズン初の霧氷。
9
ピーク1:頭陀ヶ平(1143m)にも木札が掛けられたんだ。
2015年12月19日 09:30撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク1:頭陀ヶ平(1143m)にも木札が掛けられたんだ。
4
頭陀ヶ平の霧氷。
2015年12月19日 09:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭陀ヶ平の霧氷。
7
雪の稜線。
2015年12月19日 09:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の稜線。
3
鹿の跡を追って。
2015年12月19日 09:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の跡を追って。
6
鈴鹿もいよいよ雪の季節になりました。
2015年12月19日 09:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿もいよいよ雪の季節になりました。
2
次のピーク、天狗岩へ。
2015年12月19日 09:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピーク、天狗岩へ。
2
天狗岩の断崖。
2015年12月19日 10:01撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩の断崖。
3
ピーク2:藤原岳最高点の天狗岩(1171m)。
2015年12月19日 10:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク2:藤原岳最高点の天狗岩(1171m)。
6
藤原岳展望台の三角錐が美しい。
2015年12月19日 10:04撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原岳展望台の三角錐が美しい。
4
【天狗岩にて】北側の台地。
2015年12月19日 10:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【天狗岩にて】北側の台地。
2
【天狗岩にて】土倉尾根を展望
2015年12月19日 10:12撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【天狗岩にて】土倉尾根を展望
3
【天狗岩にて】展望台〜竜ヶ岳へ延びる県境稜線。
2015年12月19日 10:13撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【天狗岩にて】展望台〜竜ヶ岳へ延びる県境稜線。
3
なだらかな稜線
2015年12月19日 10:13撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな稜線
6
新雪を踏んで。
2015年12月19日 10:22撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪を踏んで。
1
カルスト地形の頂上稜線から、
2015年12月19日 10:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カルスト地形の頂上稜線から、
2
頭陀ヶ平を振り返る。
2015年12月19日 10:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭陀ヶ平を振り返る。
3
展望台とP1128の間には竜ヶ岳が。
2015年12月19日 10:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台とP1128の間には竜ヶ岳が。
2
初めてのP1128へ。
2015年12月19日 10:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてのP1128へ。
2
ピーク3:岩が集まるP1128
2015年12月19日 10:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク3:岩が集まるP1128
3
【P1128から展望】御池岳と天狗岩。
2015年12月19日 10:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【P1128から展望】御池岳と天狗岩。
4
【P1128から展望】展望丘と頂上台地。
2015年12月19日 10:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【P1128から展望】展望丘と頂上台地。
2
【P1128から展望】藤原山荘を見下ろす。
2015年12月19日 10:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【P1128から展望】藤原山荘を見下ろす。
3
【P1128から展望】竜ヶ岳は大きな山だな。
2015年12月19日 10:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【P1128から展望】竜ヶ岳は大きな山だな。
4
【P1128から展望】伊吹山。
2015年12月19日 10:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【P1128から展望】伊吹山。
5
頂上台地の高みに出た。
2015年12月19日 11:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上台地の高みに出た。
5
冬枯れの台地では一寸目立ちすぎる「藤原岳雨量観測所」
2015年12月19日 11:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れの台地では一寸目立ちすぎる「藤原岳雨量観測所」
1
頂上台地から見る展望台
2015年12月19日 11:45撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上台地から見る展望台
2
まるで牙のようだ。
2015年12月19日 11:48撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで牙のようだ。
6
袴腰からの展望。
2015年12月19日 11:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袴腰からの展望。
3
ピーク4:袴腰の三角点(1009m)
2015年12月19日 12:00撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク4:袴腰の三角点(1009m)
9
【袴腰にて】伊吹山
2015年12月19日 12:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【袴腰にて】伊吹山
5
【袴腰にて】ここでしか見られない藤原岳頂上台地の南端。
2015年12月19日 12:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【袴腰にて】ここでしか見られない藤原岳頂上台地の南端。
4
【袴腰にて】県境稜線と竜ヶ岳。
2015年12月19日 12:04撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【袴腰にて】県境稜線と竜ヶ岳。
2
袴腰を振り返る。
2015年12月19日 12:21撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袴腰を振り返る。
3
カレンフェルトがすごい!。鈴鹿でもこの密度は珍しい。
2015年12月19日 12:22撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カレンフェルトがすごい!。鈴鹿でもこの密度は珍しい。
4
台地南端から展望台へ向かう。
2015年12月19日 12:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台地南端から展望台へ向かう。
2
頂上台地が広がる。
2015年12月19日 12:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上台地が広がる。
3
孫太尾根を見ながら、
2015年12月19日 12:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫太尾根を見ながら、
5
展望台突端までもう少しだ。
2015年12月19日 12:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台突端までもう少しだ。
2
突端から眺める頂上台地と袴腰。
2015年12月19日 12:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突端から眺める頂上台地と袴腰。
3
突端から展望台へ向かう。
2015年12月19日 12:45撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突端から展望台へ向かう。
2
ピーク5:最後のピーク、展望台(1140m)。今日一番の青空だ。
2015年12月19日 12:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク5:最後のピーク、展望台(1140m)。今日一番の青空だ。
6
【展望台にて】霧氷越しの御池岳と天狗岩。
2015年12月19日 12:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【展望台にて】霧氷越しの御池岳と天狗岩。
4
【展望台にて】雲を吐き出すような天狗堂。
2015年12月19日 12:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【展望台にて】雲を吐き出すような天狗堂。
4
天狗岩とP1128。
2015年12月19日 13:04撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩とP1128。
3
苔生す聖宝寺ルートを下る。
2015年12月19日 13:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔生す聖宝寺ルートを下る。
2
きつかった聖宝寺ルートも終わりだ。
2015年12月19日 14:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きつかった聖宝寺ルートも終わりだ。
4
撮影機材:

感想/記録

今年は木和田尾の紅葉時期を外してしまったが、そろそろ頭陀ヶ平も
霧氷の季節だろう。
土曜日は曇り予報だが幸い気温も、風も霧氷には条件が揃いそうだ。
登山には不向きだが、シーズン初の霧氷が見たい欲求に負けて・・・。

藤原町に近づくとなんと雨。早朝の簡易パーキングでしばらく止むのを
待ってから、予定の30分遅れで出発する。
国道から林道へ入る頃、空がオレンジ色に染まって、やがて山の端に
朝陽まで輝きだした。予報が外れて早くから晴天が期待できるのかな?。

いつものように巡視路から植林帯へ入る。
すっかり葉を落として明るくなったNo.204鉄塔からの尾根が、
凸形状を無くし広い斜面に吸い込まれるとやがて子向井山の
三角点だが、木に掛けられた山名の木札も腐ってしまったのか
無くなっていた。
ただでさえ気づかず通過しそうな場所だ。気になって辺りを探し、
見つけた木札を根元に置いていく。

冬枯れの明るい尾根筋に季節を感じながら行くと、右から尾根を併せ
R201鉄塔に出る。木和田尾の楽しみでもある鉄塔からの展望は
今日は今一つだ。三重県側は明るく見通せるが、滋賀県側は少し雲が多く
御池岳も伊吹山も捉えられない。
しかし頭陀ヶ平辺りには霧氷らしき白いものが見られる。
霧氷である事を期待して木和田尾の主尾根に入ると足元には雪が現れた。
鈴鹿もいよいよ雪の季節を迎えたようだ。

坂本谷分岐から尾根通しで県境稜線へ向かう。
振り返ると相変わらず霊仙山の左半分が雲に隠れ、伊吹山など滋賀県側の
見通しが悪いままだ。

積雪した尾根を急登し頭陀ヶ平に上がると、やはり期待したように
今シーズン初の霧氷に出逢う事が出来た。
青空があれば一層美しいと思うが、今日は見られただけで満足だ。

山名の木札もかかって少しは三角点らしくなった頭陀ヶ平から、
今日は順に連なるピーク巡りを始めよう。

すっかり白くなった県境縦走路の雪を踏んで藤原岳の最高点・天狗岩を
踏んだ後、カルスト地形の稜線へ出ると、次は右手に見える
ピーク・P1128だ。いつもは眺めるだけのピークへ初めて向かう。
何処でも歩ける斜面を、手前の小ピークを捲くようにして岩の集まる
ピークに上がると、広々とした眺めが広がる。
見慣れたはずの眺めが少し角度を変えるだけで新鮮な景色に変わる。
天狗岩から頂上台地を従えた展望台に至る藤原岳のスケールの大きさを
確認して藤原山荘へ降りる。

山荘で昼食を摂り時計を見ると、出発が遅れたがほぼ計画通りだ。
午後になり天気も回復してきたし、予定通り大好きな頂上台地へ向かう。

展望台へ向かう登山道から逸れて林の中へ入り、気の向くまま高みを
歩いて袴腰の三角点に出る。
此処から眺める藤原岳の南端は多志田川に向かって一気に落ち込み、
のんびりした台地と対照的な凛々しい姿だ。

県境稜線が延びた先に竜ヶ岳、その奥に御在所岳、目前に延びる孫太尾根
などを見ながら南端のへりに沿って展望台突端へ向かうと、同じコースを
下ってくる登山者に出逢う。珍しいなと思ったらなんとwwさんだった。
しばし雑談を楽しんだ後、今日最後のピークとなる展望台に出て
藤原岳全てのピーク巡りを終える。

相変わらず風は強いが今日一番の青空が広がり眺望も利いてきた。
能郷白山らしき山や御嶽〜中央アルプスなどの遠望を楽しみながら
ゆっくりしたいが日暮れの早い時期だ。
簡易パーキングまで戻る距離、泥濘の道を考えて裏道の聖宝寺ルートから
下ることにしよう。

【早朝の雨に出鼻をくじかれたが、期待通り霧氷に出逢うことができた。
新雪を踏んで雪山の到来が近いことを実感でき、大きな藤原岳を
静かに思うまま楽しめた一日だった。少し疲れたけどね・・・。】
訪問者数:325人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 2940
2015/12/21 7:16
 鈴鹿もようやく冬ですね
おはようございます。
こちらも霧氷ですね
onetotaniさん定番のルートですが、頂上台地は、ほとんど雪がないのにビックリです。
やっぱり暖冬なんですね。
あの辺り一帯が白銀の世界になるのは、何時なんでしょうね?
登録日: 2012/6/23
投稿数: 1955
2015/12/21 12:49
 いよいよ
onetotaniさん
こんにちは
いよいよ鈴鹿も白い世界になりましたね。
今季初めての霧氷は如何でしたか?
私も早く見てみたいものです。
藤原のピーク色々あって楽しめる様子がうかがえましたが私にはハードかもと思っております❗
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2015/12/21 13:47
 onetotaniさん、こんにちは。
計画を一日前倒しされたんですね。
他の方のレコを拝見してますと
翌日は、雪も減り、霧氷も
融けてしまったようで
正解だったかもですね。
藤原岳を望みながら
南進する、今回のルートは
気分爽快でしょうね。
僕は、木和田尾は、まったく
歩いたことがないのですが
マーキングとか、どんな
感じでしょうか。
機会がありましたら、よろしく
お願いします。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1744
2015/12/21 17:55
 Re: 鈴鹿もようやく冬ですね
totokさん 今晩は。
何とか霧氷を見る事が出来ました。
このコースは春の福寿草、秋の紅葉、冬は霧氷を求めて
何度も足を運んでしまいます。
年末にかけて寒波が来そうですので本格的な雪山はこれからでしょうね。

無理せず積雪期の鈴鹿を楽しみたいと思います。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1744
2015/12/21 18:06
 Re: いよいよ
kazu97さん 今晩は。

頭陀ヶ平は霧氷の見られる確率が高いんです。
藤原岳は白瀬峠から展望台に至るまでいくつもピークを持つ大きな山ですが
稜線に上がってしまえば大きなアップダウンもありません。
大貝戸ルートと異なり四季を通じて静かに山歩きを楽しめるコースですので、
ぜひ一度お出かけください。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1744
2015/12/21 18:25
 Re: onetotaniさん、こんにちは。
komakiさん 今晩は。
日曜日は穏やかな登山日和でしたが、今回は霧氷狙いの為あえて土曜日に
出かけました。
僅かでしたが積雪もあり、気持ちよくピークを巡ってきました。

オーバーユースの大貝戸と違い、木和田尾はいつ来てもじっくりと歩けるので
つい足を運んでしまいます。
以前と比べ適度にマークも増え、尾根好きの人向きだと思います。

こちらこそ都合が合えば是非ご一緒しましょう。
登録日: 2012/12/25
投稿数: 3917
2015/12/22 19:57
 霧氷
onetotani さん、こんばんは

流石ですね。霧氷のタイミングばっちりでしたね。
本格的なスノーハイクはまだ先のようですが、やはり雪はいいですね。
袴腰も行かれたのですね。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1744
2015/12/22 21:31
 Re: 霧氷
higurasiさん 今晩は。
日曜日は穏やか過ぎて霧氷には不向きだろうと思い
土曜日にして正解でした。何とか狙い通り見られました。

昨年のこの時期には鈴鹿も本格的に積雪していましたが、
今年はまだまだこれからですね。
週末には寒波が来そうですが、装備の選択には迷います。

これからはスノーハイクか霧氷狙いか悩みますが、
年末年始の休暇は雪山を楽しみたいですね。
登録日: 2012/9/30
投稿数: 1151
2015/12/23 9:51
 定番コースになりつつありますね
こんにちは。
この週末はお互いに良い山旅ができましたね。
私もこの周回コース好きです。大貝戸ピストンではちょっと芸がありませんから。
以前、簡易Pに自転車をデポし、大貝戸を登り木和田尾で下りました。

onetotaniさん、
早く雪が積もって欲しいですね。
展望台から袴腰へぐるっと一周楽しみたいです。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1744
2015/12/23 12:10
 Re: 定番コースになりつつありますね
yoshikun1さん こんにちは。
以前夏にも歩いてみて、No.205鉄塔に出る谷辺りでヒルに噛まれましたが、
他のスリーシーズンはそれぞれの趣がありますね。
特に春の福寿草・セツブンソウ、冬の霧氷と雪原は見応えがあり
年中行事のように、外せないコースになりました。

本格的な積雪期になれば、また素晴らしい景色を見せてくれると思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 三角点 紅葉 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ