ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786758 全員に公開 雪山ハイキング道東・知床

2015年締め括り☆雌阿寒岳(温泉登山口ピストン)

日程 2015年12月30日(水) [日帰り]
メンバー zzzin
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、
【駐車場】
・オンネトー温泉近くに公共駐車場があります。無料でトイレ併設。

【高速道路】
・前日に小樽から帯広近辺まで移動。夕張IC〜占冠IC〜トマムICの開通により小樽築港から高速道路のみで十勝まで行けます。帯広近辺から雌阿寒岳までは、池田IC〜足寄IC間だけ高速道路が使えますが、正直使わなくても到着時間は変わりません。

【フェリー】
・新日本海フェリーを利用。舞鶴→小樽は20時間15分で行けます。0:30出発、20:45到着ですが、私が利用した日は悪天候により1時間遅れで到着。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
15分
合計
4時間52分
S雌阿寒温泉登山口07:5310:29雌阿寒岳10:4412:32雌阿寒温泉登山口12:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【危険個所】
・とくにありませんが、2015/11/13に登山規制解除されたばかりですので、登山当日の火山情報収集と、この時期に登られる場合は防寒対策を万全にすることをお勧めします。
その他周辺情報【山バッチ】
・野中温泉で販売しています。400円。

【温泉】
・私は予定があったため利用できませんでしたが、駐車場近くにオンネトー温泉、野中温泉があります。野中温泉は開湯大正3年とのこと。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

空も大地も広大な北海道の朝焼け
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空も大地も広大な北海道の朝焼け
あれ?今日って晴れのはずじゃ。。。中央が雌阿寒岳、右が阿寒富士です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?今日って晴れのはずじゃ。。。中央が雌阿寒岳、右が阿寒富士です。
1
まずは静寂なアカエゾマツの森の中を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは静寂なアカエゾマツの森の中を進みます
モノトーンな世界
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノトーンな世界
大雪山系でしょうか。北海道の山々はまだ位置がはっきり把握できていません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪山系でしょうか。北海道の山々はまだ位置がはっきり把握できていません。
1
真っ白なオンネトー。巨大なスケートリンク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白なオンネトー。巨大なスケートリンク。
1
ほんのり霜のフップシ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんのり霜のフップシ岳
2
7合目。まだ立ち入り禁止の看板が設置されています。2015/11/13にLv2→1に変更されていますが、ヘルメットして登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目。まだ立ち入り禁止の看板が設置されています。2015/11/13にLv2→1に変更されていますが、ヘルメットして登ります。
8合目。読めません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目。読めません。
2
例年ならこの岩たちも雪の下なんでしょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年ならこの岩たちも雪の下なんでしょう
1
阿寒湖。右側が湖畔に沿って凍っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒湖。右側が湖畔に沿って凍っています。
大量のチビモンスター
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大量のチビモンスター
外輪に取り付いたところでパチリ。もうすぐ山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪に取り付いたところでパチリ。もうすぐ山頂です。
無事に登頂!!。1499m。あと1m欲しかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に登頂!!。1499m。あと1m欲しかった。
7
阿寒富士へと続く外輪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒富士へと続く外輪
白銀の世界。ここは本当に日本?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白銀の世界。ここは本当に日本?
曇ってくると余計にモノトーンに。白黒に加工しているわけではないですよ、実写です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇ってくると余計にモノトーンに。白黒に加工しているわけではないですよ、実写です。
モクモクと噴煙が立ち上っています。奥にはかなりうっすらとですが阿寒富士が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モクモクと噴煙が立ち上っています。奥にはかなりうっすらとですが阿寒富士が見えます。
雌阿寒岳は雄々しい山容です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳は雄々しい山容です
1
それにしても立派な外輪です。あまりの雄々しさに極寒の中、立ち止まって感動中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても立派な外輪です。あまりの雄々しさに極寒の中、立ち止まって感動中。
1
北海道の中央部に座す山々。まさに北海道の背骨。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道の中央部に座す山々。まさに北海道の背骨。
1
もう今日は誰にも会わないかな、と思った矢先に出会った噂のチロル。人懐っこいかわいいワンちゃんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう今日は誰にも会わないかな、と思った矢先に出会った噂のチロル。人懐っこいかわいいワンちゃんでした。
4
自然構造美。アーティスト顔負けの出来栄えです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然構造美。アーティスト顔負けの出来栄えです。
2
こちらはJOJO顔負けの波紋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはJOJO顔負けの波紋
1
下山後に阿寒湖と雄阿寒岳まで遠征。雌阿寒岳は足寄町、阿寒湖は釧路市と、ちょっとややこしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後に阿寒湖と雄阿寒岳まで遠征。雌阿寒岳は足寄町、阿寒湖は釧路市と、ちょっとややこしい。
1

感想/記録
by zzzin

今年最後の締め括りに雌阿寒岳に行ってきました。2015/11/13に噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から1(平常)に引下げられたこと、暖冬で雪も比較的少ないこと、ここ数日は好天という、なんとも登ってくれと言わんばかりのシチュエーション。

車を走らせますが、雌阿寒岳の上空にはなんとも怪しい雲。あれ、、、晴れのはずじゃ。ともあれ行かないという選択肢はないので、駐車場で準備して早速出発。エゾアカマツの森を進みます。なんとも静寂でモノトーンな世界。3合目くらいまではこの世界を進みます。

4合目くらいから樹林帯も抜け、寒さも一段階UP。ここからは目出し帽とヘルメットを装備しました。目出し帽は今年導入した装備のひとつですが、これがすごい効果。隙間なしの完全防備。ゴーグルももちろんありましたが、景色を楽しみたいので、我慢できなくなるまでゴーグルはお預け。結局下りの向かい風になるまで装着しませんでした。

山頂はやはり生憎のガス模様で、楽しみにしていた阿寒富士や外輪がはっきり見えることはありませんでしたが、時折みえる姿はやはり雄大。そして轟々と噴煙を巻き上げる火口。これにはちょっとだけビビりました(笑)

登っている途中、後ろにそびえる北海道の背骨の大雪山系と日高山脈が立ち並ぶ絶景がものすごい良かったです。残念ながらひとつひとつのピークをはっきりと言い当てることはまだできません。勉強しておきます。あとは阿寒湖方面(地図上では白湯山やフレベツ岳あたり?)の白銀世界がかなり印象的でした。かなりの美しさを兼ね備えた、静寂でモノトーンな世界でした。歩くとすごい気持ちよさそう!

そして下山を初めて数分、8合目くらいから上空に変化が。めっちゃ晴れてる!!でも再度登り返すのもなにか違うと思ってそのまま下山。大丈夫。まだ次がきっとあるはず!
訪問者数:353人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ