ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786847 全員に公開 雪山ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

明神平・国見山

日程 2015年12月30日(水) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道大又小川線終点手前の駐車場を利用。駐車場までの道路に凍結なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間19分
休憩
34分
合計
3時間53分
S大又林道終点10:2711:47明神平12:1012:23水無山12:47国見山12:5013:11水無山13:1213:22明神平13:2914:20大又林道終点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

好天に恵まれたので、霧氷に期待して明神平へ。大又駐車場に辿り着いたのが10時を過ぎ、やや遅い出発となってしまいました。県道大又小川線を経て、
2015年12月30日 10:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
好天に恵まれたので、霧氷に期待して明神平へ。大又駐車場に辿り着いたのが10時を過ぎ、やや遅い出発となってしまいました。県道大又小川線を経て、
3
大又林道を歩いていくと、早速、行く手に白く染まる稜線が垣間見え、期待は高まるばかり。それにしてもこの辺り、全く雪がありません。凍結すればツルツルの滑り台と化してしまう急坂も難なく通り過ぎ、
2015年12月30日 10:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大又林道を歩いていくと、早速、行く手に白く染まる稜線が垣間見え、期待は高まるばかり。それにしてもこの辺り、全く雪がありません。凍結すればツルツルの滑り台と化してしまう急坂も難なく通り過ぎ、
横倉谷出合から山道に入ってしばらくすると1回目の渡渉地点に差し掛かり、ロープを頼りに通過します。
2015年12月30日 10:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横倉谷出合から山道に入ってしばらくすると1回目の渡渉地点に差し掛かり、ロープを頼りに通過します。
続いて2回目の渡渉地点といったように渡渉を繰り返し、
2015年12月30日 10:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて2回目の渡渉地点といったように渡渉を繰り返し、
明神滝を眺めながら高巻道を進みます。
2015年12月30日 11:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神滝を眺めながら高巻道を進みます。
明神滝上流のベンチでは、雪だるまがひと休みしていました。ようやくこの辺りから登山道も白くなり、
2015年12月30日 11:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神滝上流のベンチでは、雪だるまがひと休みしていました。ようやくこの辺りから登山道も白くなり、
3
ジグザグを切りながら斜面を登っていくと、日影から日向の領域に入ります。頭上の木々は霧氷をまとい始め、日差しを浴びてきらきらと輝きます。
2015年12月30日 11:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザグを切りながら斜面を登っていくと、日影から日向の領域に入ります。頭上の木々は霧氷をまとい始め、日差しを浴びてきらきらと輝きます。
1
霧氷を透かして見える山肌も白く染まっています。
2015年12月30日 11:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷を透かして見える山肌も白く染まっています。
2
やはり青空の下での霧氷はひときわ見栄えがします。
2015年12月30日 11:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり青空の下での霧氷はひときわ見栄えがします。
1
頭上を仰ぎ見ると、もうお昼前ということもあって、霧氷がはらりはらりと落ちてきます。霧氷の破片を踏みしめながら先に進むと、
2015年12月30日 11:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上を仰ぎ見ると、もうお昼前ということもあって、霧氷がはらりはらりと落ちてきます。霧氷の破片を踏みしめながら先に進むと、
4
明るく開放的な明神平に到着します。雲一つない澄み渡った青空と、純白の霧氷に覆われた山肌が眩しいコントラストを描きます。
2015年12月30日 11:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るく開放的な明神平に到着します。雲一つない澄み渡った青空と、純白の霧氷に覆われた山肌が眩しいコントラストを描きます。
5
明神平をぐるりと見渡します。雪は少な目で、地肌が見えているところもあります。
2015年12月30日 11:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神平をぐるりと見渡します。雪は少な目で、地肌が見えているところもあります。
3
あしび山荘のテラスでひと息つきながら西に目を向けると、竜門山塊の先には金剛山・大和葛城山や奈良盆地を望みます。
2015年12月30日 12:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あしび山荘のテラスでひと息つきながら西に目を向けると、竜門山塊の先には金剛山・大和葛城山や奈良盆地を望みます。
この先は国見山を目指します。スロープ状の斜面を登り始め、
2015年12月30日 12:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は国見山を目指します。スロープ状の斜面を登り始め、
2
明神平を背に、急斜面を登りきると、
2015年12月30日 12:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神平を背に、急斜面を登りきると、
2
一つ目のピークである水無山の頂稜部に差し掛かります。
2015年12月30日 12:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目のピークである水無山の頂稜部に差し掛かります。
霧氷の合間に目指す国見山を見定めながら、下りに転じると、
2015年12月30日 12:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の合間に目指す国見山を見定めながら、下りに転じると、
1
霧氷の隙間から挿しこむ日差しを浴びながら進みます。
2015年12月30日 12:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の隙間から挿しこむ日差しを浴びながら進みます。
1
北東方向には三峰山や局ヶ岳。彼方には伊勢湾まで見通せます。
2015年12月30日 12:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東方向には三峰山や局ヶ岳。彼方には伊勢湾まで見通せます。
2
エビのしっぽを張り巡らした木々の合間を進みます。
2015年12月30日 12:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビのしっぽを張り巡らした木々の合間を進みます。
5
小刻みな起伏を繰り返して、国見山の頂上に到着します。周囲は霧氷をまとった木々に囲まれていますが、
2015年12月30日 12:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小刻みな起伏を繰り返して、国見山の頂上に到着します。周囲は霧氷をまとった木々に囲まれていますが、
1
北西方向に、音羽山と生駒山に囲まれた奈良盆地が見通せます。
2015年12月30日 12:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西方向に、音羽山と生駒山に囲まれた奈良盆地が見通せます。
霧氷越しに水無山を経て前山に続く尾根を眺めながら、来た道を引き返します。
2015年12月30日 12:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷越しに水無山を経て前山に続く尾根を眺めながら、来た道を引き返します。
2
左手には、桧塚奥峰に伸びる稜線が霧氷の額縁に収まります。
2015年12月30日 13:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には、桧塚奥峰に伸びる稜線が霧氷の額縁に収まります。
煌めくエビのしっぽ。
2015年12月30日 13:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
煌めくエビのしっぽ。
明神平まで戻ってくると、
2015年12月30日 13:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神平まで戻ってくると、
名残りを惜しみつつ、
2015年12月30日 13:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残りを惜しみつつ、
2
薊岳を眺めながら下り始めます。
2015年12月30日 13:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薊岳を眺めながら下り始めます。
2
往路を辿ってから2時間しか経過していませんが、木々を彩っていた霧氷もかなり融け落ちてしまったようです。それでも、明神岳上部のベンチの雪だるまは幾分くたびれながらもまだ頑張っていました。
2015年12月30日 13:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路を辿ってから2時間しか経過していませんが、木々を彩っていた霧氷もかなり融け落ちてしまったようです。それでも、明神岳上部のベンチの雪だるまは幾分くたびれながらもまだ頑張っていました。
渡渉を繰り返しながら下ります。雪が少なく足下が確かなので、思ったよりも早く駐車場に戻ることができました。
2015年12月30日 13:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉を繰り返しながら下ります。雪が少なく足下が確かなので、思ったよりも早く駐車場に戻ることができました。
2
撮影機材:

感想/記録

雲一つない快晴のもと、素晴らしい霧氷見物が楽しめました。少し出発が遅くなってしまいましたが、雪が少なめで、沢筋を歩く明神平までの行程で思ったよりも時間がかからなかったのは幸いでした。
訪問者数:331人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 渡渉 出合 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ