ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786863 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

明神山 〜 乳岩峡から 〜

日程 2015年12月30日(水) [日帰り]
メンバー usofuyu
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇登山口脇の駐車場に自家用車を駐車。
・駐車場は十数台駐車できます。
・スタート時は自分の車を含め4台、下山時には10台以上の車が駐車していました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
19分
合計
4時間35分
S乳岩峡入り口07:0507:17乳岩分岐07:50乳岩分岐08:36鬼岩乗越08:4008:46胸突八丁ノ頭09:10六合目合流点09:1109:48明神山10:0210:31六合目合流点10:49胸突八丁ノ頭10:55鬼岩乗越11:28乳岩分岐11:37乳岩峡入り口11:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【乳岩峡登山口⇔乳岩分岐】【乳岩周回コース】
◆観光客でも歩けるように整備された道です。
◆乳岩周回コースの途中の鉄の梯子が腐食して折れている段、折れそうな段がありました。補強している段もありましたが…。
【乳岩分岐⇔三ツ瀬登山口分岐】
◆苔がついて滑りやすい岩や木の根が張り出していて滑りやすい所があります。降雨後は特に慎重に歩く必要があります。
【三ツ瀬登山口分岐⇔明神山山頂】
◆鎖場があります。鎖場の岩場は手掛かり足掛かりが無い所や丸くなって滑りやすくなっている所が多いです。鎖に頼って登り下りするか、万が一に備えて鎖に手をかけていた方が良いでしょう。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

右に写っている建物がトイレです。
綺麗な水洗トイレでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に写っている建物がトイレです。
綺麗な水洗トイレでした。
2
清流脇の一枚岩を歩いていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清流脇の一枚岩を歩いていきます。
2
仄かなエメラルドグリーンの透き通った水が何とも綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仄かなエメラルドグリーンの透き通った水が何とも綺麗です。
13
整備された道を登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された道を登っていきます。
1
乳岩周回コース分岐点。
寄り道してみることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳岩周回コース分岐点。
寄り道してみることにしました。
1
休憩できるように簡素な四阿がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩できるように簡素な四阿がありました。
1
乳岩周回コースの案内板。
この案内板の所まで、分岐点から数分かかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳岩周回コースの案内板。
この案内板の所まで、分岐点から数分かかります。
1
別の登山(?)ルートとの分岐点。
周回コースは向かって右手に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別の登山(?)ルートとの分岐点。
周回コースは向かって右手に進みます。
1
鉄の梯子を登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄の梯子を登っていきます。
3
一部腐食が進み、痛んでいる段がありました。要注意です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部腐食が進み、痛んでいる段がありました。要注意です。
9
岩の間を抜けていきます。
楽しい♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の間を抜けていきます。
楽しい♪
11
大きな岩壁の横を歩いていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩壁の横を歩いていく。
5
通天門を下から撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通天門を下から撮影。
3
よくも崩れないものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よくも崩れないものです。
5
洞窟のある岩を外から撮影。
ここが乳岩?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞窟のある岩を外から撮影。
ここが乳岩?
3
洞窟に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞窟に向かいます。
4
洞窟の中から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞窟の中から。
13
洞窟の中には何体もの石像が設置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞窟の中には何体もの石像が設置されています。
3
手すり付きのコンクリートの道を下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手すり付きのコンクリートの道を下っていきます。
1
明神山への登山道に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山への登山道に戻ってきました。
1
少し歩くと水場がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと水場がありました。
1
ここで少し休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで少し休憩しました。
2
登山道はこんな感じ。
木の根が張り出しているので、降雨後はスリップしそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はこんな感じ。
木の根が張り出しているので、降雨後はスリップしそう。
1
沢を横切る所があります。
水量が少ないため、渡渉というほどでもありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を横切る所があります。
水量が少ないため、渡渉というほどでもありません。
1
鬼岩の少し上の開けた所。
登りの場合は、登山道が左手に続いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼岩の少し上の開けた所。
登りの場合は、登山道が左手に続いています。
2
鬼岩乗越に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼岩乗越に到着。
2
岩の下を潜る所もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の下を潜る所もあります。
4
ここから胸突八丁だそうです。
距離は短いので、ゆっくり歩けば、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから胸突八丁だそうです。
距離は短いので、ゆっくり歩けば、
1
傾斜がきつくなり、木の根が張り出していて歩きにくい所もありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜がきつくなり、木の根が張り出していて歩きにくい所もありました。
1
胸突八丁ノ頭に到着。
ここから傾斜が緩みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突八丁ノ頭に到着。
ここから傾斜が緩みます。
3
三ツ瀬登山口からのルートとの合流点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ瀬登山口からのルートとの合流点。
1
木々の間から南アルプスが見えた!
こちらの角度から見るのは初めてで、どのピークがどの山なんだろうとしばらく考えながら歩きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から南アルプスが見えた!
こちらの角度から見るのは初めてで、どのピークがどの山なんだろうとしばらく考えながら歩きました。
12
鎖が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖が出てきました。
2
別の鎖場。ここはホールドがほとんどないので、鎖を頼って登る方が安全です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別の鎖場。ここはホールドがほとんどないので、鎖を頼って登る方が安全です。
3
前の画像の鎖場の脇には鎖を使わなくても登り降りできるように道が付けられています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の画像の鎖場の脇には鎖を使わなくても登り降りできるように道が付けられています。
2
中央アルプスも見えた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスも見えた!
6
八合目。
七合目までの標識あった?三ツ瀬登山口からの登山道には設置されているのでしょうか。
梯子を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目。
七合目までの標識あった?三ツ瀬登山口からの登山道には設置されているのでしょうか。
梯子を登ります。
1
梯子を上ると「馬の瀬」。
幅があるので、あまり怖くはありません。
左右に展望が開けていたので、しばらく眺望を楽しみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子を上ると「馬の瀬」。
幅があるので、あまり怖くはありません。
左右に展望が開けていたので、しばらく眺望を楽しみました。
4
「馬の瀬」から見た鳳来湖方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「馬の瀬」から見た鳳来湖方面
7
「馬の瀬」から見た南アルプス方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「馬の瀬」から見た南アルプス方面
4
9合目からは急登となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目からは急登となります。
3
山頂の展望台が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の展望台が見えてきた。
1
明神山山頂到着。
トイレも設置されていましたが、中は確認せず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山山頂到着。
トイレも設置されていましたが、中は確認せず。
7
展望を楽しみながら休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望を楽しみながら休憩。
6
中央アルプス。
右手手前の大きな立派な山が南駒ヶ岳だと思います。
宝剣岳や木曽駒ヶ岳、三ノ沢岳も見えていると思うのですが、確信が持てません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス。
右手手前の大きな立派な山が南駒ヶ岳だと思います。
宝剣岳や木曽駒ヶ岳、三ノ沢岳も見えていると思うのですが、確信が持てません。
10
南アルプス方面。
案内板を頼りに、山座同定をして、楽しみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面。
案内板を頼りに、山座同定をして、楽しみました。
5
一番左に仙丈ケ岳。一番右に塩見岳。
北岳と間ノ岳の頭も見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番左に仙丈ケ岳。一番右に塩見岳。
北岳と間ノ岳の頭も見えています。
11
一番右の雪に覆われた立派な山が聖岳。左に兎岳(、小兎岳)、中盛丸山、大沢岳と続く。
兎岳の奥に赤石岳。大沢岳の奥に悪沢岳。大沢岳の左に荒川岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番右の雪に覆われた立派な山が聖岳。左に兎岳(、小兎岳)、中盛丸山、大沢岳と続く。
兎岳の奥に赤石岳。大沢岳の奥に悪沢岳。大沢岳の左に荒川岳。
17
ここが一番難しかった。
案内板によると、一番左が池口岳、画像右1/3にあるのが黒沢山だそうです。
となると、その間に見えるゆったりとした山が中ノ尾根山かな。
中ノ尾根山の向こうに見える山は光岳?かなり自信がありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番難しかった。
案内板によると、一番左が池口岳、画像右1/3にあるのが黒沢山だそうです。
となると、その間に見えるゆったりとした山が中ノ尾根山かな。
中ノ尾根山の向こうに見える山は光岳?かなり自信がありません。
3
一番奥の山列は、左から、不動岳、鎌崩の頭、丸盆岳、黒法師岳(頭しか見えていない)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番奥の山列は、左から、不動岳、鎌崩の頭、丸盆岳、黒法師岳(頭しか見えていない)。
3
富士山も頭だけ見えました。雲に包まれかけています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も頭だけ見えました。雲に包まれかけています。
6
画像では良く分からないかもしれませんが、遠州灘がきらめいていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画像では良く分からないかもしれませんが、遠州灘がきらめいていました。
4
絶景を楽しめたので、下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景を楽しめたので、下山します。
1
登山口近くまで、無事に戻ってこれました。
それにしても思わず飛び込みたくなるほど綺麗な水ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口近くまで、無事に戻ってこれました。
それにしても思わず飛び込みたくなるほど綺麗な水ですね。
11

感想/記録

奥三河にある明神山に行ってきました。
明神山は、地元の山好きの人と話すと時折話題に上がる山です。
愛知県の山なのですが、三遠南信道が一部開通したことで、浜松からのアクセスが良いのです。
アクセスに時間がかからず、手軽に登れそうなので、登ってみることにしました。

歩いてみて、人気がある山だということに肯ける山でした。
乳岩峡からのコースは変化に富んでいて、適度に歩き応えがあるルートです。
そして、「馬の瀬」や山頂の展望台などからは展望も得られます。
この日出会った登山者は23人。登山道を外れた所から声が聞こえてきたので、クライマーさんも何人か山に入っていたようです。

今年はこれで登り納めです。
今年は、特に怪我や事故もなく、多くの山行を楽しめた一年でした。
来年も、多くの山に登り、絶景を楽しみたいです。
訪問者数:634人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ