ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789463 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー shumiyama
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

【記録】

木地屋橋 7:20---矢筈山(11:44--12:22)---石堂山(13:36-13:57)---白滝山 (14:42-15:00)---石堂神社 15:42--林道大惣線登山口 (16:07-16:13)---木地屋橋 16:22
コース状況/
危険箇所等
今回は 雪が極端に少ない 状態でした。

平年並みに 雪があるときは かなり手ごわい 雪深い山になります。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

片川沿いに進む 

大雪の年は難渋するところだが

雪が少ないので問題なく進める
2016年01月02日 07:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片川沿いに進む 

大雪の年は難渋するところだが

雪が少ないので問題なく進める
2連橋 ここも 大雪の時は 橋がキノコ状になり 大変危険な状態で スノーブリッジで 渡渉するほうが 安全確実になる。
2016年01月02日 07:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2連橋 ここも 大雪の時は 橋がキノコ状になり 大変危険な状態で スノーブリッジで 渡渉するほうが 安全確実になる。
もっとも 大雪の時  2連橋経由は 南面の捲き道で積雪状態によっては 南面斜面が デブリで埋まるところもあって 

さらに大高捲きしなければならなくなるところが出てきたりする。

大雪の時は 片川右岸沿いに進むコースのほうが 雪崩リスクが少なくて済む。
2016年01月02日 07:42撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっとも 大雪の時  2連橋経由は 南面の捲き道で積雪状態によっては 南面斜面が デブリで埋まるところもあって 

さらに大高捲きしなければならなくなるところが出てきたりする。

大雪の時は 片川右岸沿いに進むコースのほうが 雪崩リスクが少なくて済む。
1
2連橋をわたらずに 一連橋を渡ろうとしたら 落橋。
そういえば 昨年 橋下に大きな流木がはさみ込んでいたと思ったら 橋桁が流されていた。
2016年01月02日 07:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2連橋をわたらずに 一連橋を渡ろうとしたら 落橋。
そういえば 昨年 橋下に大きな流木がはさみ込んでいたと思ったら 橋桁が流されていた。
流されないようにするには もっと 高く設置するしかない。
2016年01月02日 07:46撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流されないようにするには もっと 高く設置するしかない。
小さな尾根に出る ここで 2連橋経由の道と合流
大雪の 積雪期は2連橋経由でなく

片川右岸ルートをリコメンドします。
2016年01月02日 08:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな尾根に出る ここで 2連橋経由の道と合流
大雪の 積雪期は2連橋経由でなく

片川右岸ルートをリコメンドします。
完全に埋まっていない。 底まで潜るので 結構 時間はかかる。
気温高く びっしょり
2016年01月02日 11:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に埋まっていない。 底まで潜るので 結構 時間はかかる。
気温高く びっしょり
白滝山山頂
山頂標識 腕木式 の ひとつが折れている

これは 多雪による 雪の重みのためと おもわれる。

平年の積雪量は この標識が埋まる程度。

雪が締まって 沈下するときの 力は 強大で ガードレールなども曲げてしまう。

積雪地帯での 腕木式 標識は 腕木が破損しやすい。

2016年01月02日 14:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白滝山山頂
山頂標識 腕木式 の ひとつが折れている

これは 多雪による 雪の重みのためと おもわれる。

平年の積雪量は この標識が埋まる程度。

雪が締まって 沈下するときの 力は 強大で ガードレールなども曲げてしまう。

積雪地帯での 腕木式 標識は 腕木が破損しやすい。

山頂標識 腕木式 の ひとつが折れている
2016年01月02日 14:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識 腕木式 の ひとつが折れている
山頂標識 腕木式 の ひとつが折れている
多雪地帯では どちらかというと 単純に 垂直に立つ棒状のほうが 雪に強く こちらの採用が多い。
2016年01月02日 14:57撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識 腕木式 の ひとつが折れている
多雪地帯では どちらかというと 単純に 垂直に立つ棒状のほうが 雪に強く こちらの採用が多い。
この南面トラバース 夏道の箇所。

大雪の年には 雪崩の大量デブリで 通れない。

大雪の時は 稜線伝いに通るしかないだが 雪の少ない今冬 積雪期としては 久しぶりに夏道を 通る。
2016年01月02日 15:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この南面トラバース 夏道の箇所。

大雪の年には 雪崩の大量デブリで 通れない。

大雪の時は 稜線伝いに通るしかないだが 雪の少ない今冬 積雪期としては 久しぶりに夏道を 通る。
木地屋橋
2016年01月02日 16:22撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木地屋橋
木地屋橋
2016年01月02日 16:28撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木地屋橋

感想/記録


--------------------------------------------------
【山頂】

矢筈山 山頂 「-2.0度 西4.7m ガス 視界なし。雪少ない」(累計登頂回数 143回)

石堂山 山頂 「1.1度 西3.9m 曇 ガスがとれて 矢筈山 天狗塚見える」(累計登頂回数 95回)

白滝山 山頂 「1.9度 西3m 曇。雪少ない 三角点露出 」(累計登頂回数 59回)

--------------------------------------------------

【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157660751031783
--------------------------------------------------
【動画】
https://youtu.be/B28E-0cD8HU



--------------------------------------------------
【趣深山WEB】

■趣深山shumiyama.com 平成28年1月2日
http://shumiyama.com/mt/shumiyama_web/2016/01/2812-1848-1636-1526.html

■趣深山Jimdo 平成28年1月2日
http://shumiyama.jimdo.com/2016-1/20160102/

■fc2 平成28年1月2日
http://shumiyama.web.fc2.com/2016/20160102yahaz.html

■digi2 平成28年1月2日
http://shumiyama.digi2.jp/2016/20160102yahaz.html

■趣深山ブログgoo 平成28年1月2日
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/391582d10ebe5f34bc3374634bb191e9

■趣深山ブログfc2 平成28年1月2日
http://shumiyama2.blog.fc2.com/blog-entry-1058.html

--------------------------------------------------
訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ