ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794001 全員に公開 山滑走道南

太櫓岳

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー aofukuroh
天候雪 / 上の方は風強め
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夏道の登山口へ続く林道は除雪されていた。
普段も除雪されているかは不明。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
7分
合計
6時間26分
Sスタート地点05:5007:15尾根取り付き10:44太櫓岳10:5111:35林道合流12:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

林道は入り口から数百メートル奥まで除雪されていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は入り口から数百メートル奥まで除雪されていた
3
林道終点から沢方向
ここを進んで行くのは無理そうだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点から沢方向
ここを進んで行くのは無理そうだった
3
尾根はブッシュが多くて難儀した
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根はブッシュが多くて難儀した
4
ずっと続くブッシュにうんざり気味
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと続くブッシュにうんざり気味
3
ようやくブッシュから解放
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくブッシュから解放
5
後ろを振り返ると薄っすらと下の方が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると薄っすらと下の方が見えた
3
上に行くと樹氷が綺麗だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上に行くと樹氷が綺麗だった
5
上の方は疎林の斜面が広がる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方は疎林の斜面が広がる
3
太櫓岳の山頂で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太櫓岳の山頂で
9
山頂から遊楽部岳方向
遊楽部岳は雲の中だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から遊楽部岳方向
遊楽部岳は雲の中だった
3
山頂から
一瞬だけど下界が良く見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
一瞬だけど下界が良く見えた
6
雲が出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が出てきた
3
山頂から少し下ったところで記念撮影!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し下ったところで記念撮影!
18
滑る斜面
こっちの斜面の方がブッシュが少なかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑る斜面
こっちの斜面の方がブッシュが少なかった
3
ブッシュはあるがそれなりに楽しい滑りだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブッシュはあるがそれなりに楽しい滑りだった
3
途中から沢沿いを滑った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から沢沿いを滑った
3
最後は林道を戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は林道を戻る
4

感想/記録

遊楽部岳まで行く予定だった。しかしヤブと悪天候でいまいちモチベーションが上がらず太櫓(ふとろ)岳までの往復で撤退となった。

遊楽部岳の登山口へ続く林道は何かの作業のためか除雪されていた。入り口から少し入ったところに大きく除雪されたスペースがあったのでそこに駐車。駐車場所があるかどうかが心配だったけど良かった。

まずは暗闇の林道をヘッドライトをつけて進んで行く。天気予報では寒い一日だと言っていたので厚着したのに思ったほど寒くなくて暑くて暑くてたまらなかった。おかげで大汗かいてしまった。

林道終点からは沢が埋まっていれば太櫓川沿いに進んで遊楽部岳山頂へ延びる尾根へ取り付こうかと考えていた。しかし沢は大きく開いており進むことは厳しそうだった。もう沢へは落ちたくないし。
第2プランへ変更し左側の太櫓岳へ続く尾根へ取り付く。

それにしてもこの尾根はブッシュが酷くてめっちゃ難儀した。結構な急斜面のうえに微妙なブッシュが多くて思い通りに登って行けない。何度もヤブのパンチを受けてしまった。痛い。
あまりのブッシュ処理の面倒さに途中で何度も止めようかと思いながら登っていた。

この登りルートは完全に失敗。崖になっているところも多くて登るルートとしてはイマイチだった。まだ積雪が少ないのが原因だと思う。もう少し積雪が増えれば簡単に登れるような気がする。滑ったルートはブッシュも薄かったので、そっちから登るのが正解だった思う。

標高850m辺りまで登って広い尾根に上がるとようやブッシュから解放。あとは正面に見える尾根を登って行くだけ。サクサク登れて快適だった。その後少し登って太櫓岳の山頂に到着。
全体的に風は強めだったけど山頂直下まで樹林が続くこの山はほぼ風の影響を受けることもなかった。

太櫓岳からは尾根沿いに遊楽部岳まで行く予定だった。しかし天気もイマイチだし予定よりも時間が掛かって帰りの時間も微妙だし何といってもヤブとの格闘でめっちゃ疲れてモチベーションも上がらなかったので今回は中止することにした。
少し戻ったところでシールを外す。

登りに使ったルートの上から見て右側の方へ滑る。こっちの方が藪が薄くて雪も豊富に見えた。これは正解だった。雪も軽くてオーバーヘッドの激パウ状態でめっちゃ楽しい滑りだった。
途中からは沢地形の方へ入る。少しスリリングな滑りだがめっちゃ楽しかった。沢が開いてきたところで左側の斜面をトラバース。その後もブッシュを避けながらのそれなりに楽しい快適な滑りだった。

最後は林道を戻る。緩い登り返しはあるけど半分は自動運転といった感じで戻ることが出来た。楽ちん。

太櫓岳は以外と滑りも楽しめるいい山だと思った。
次は十分に雪が積もった時期に天気のいい日を選んで遊楽部岳まで登ろうと思う。
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 撤退 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ