ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795870 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲の難所 手強かった大月地獄谷

日程 2016年01月09日(土) [日帰り]
メンバー Rila, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
1時間0分
合計
7時間34分
S渦森橋バス停07:4908:38大西谷出合い10:15大月地獄大滝10:3113:04みよし観音13:4814:04六甲ガーデンテラス15:00大西谷出合い15:23渦森橋バス停15:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大月地獄谷は、何個も何個も堰堤を登ります。
最後には堰堤を見るのも嫌になるくらいのルートでした。
下調べが不十分で、2つ目の池ポチャと言われる堰堤で詰まりました。
正解は堰堤の柵をくぐり対岸から巻き道ありました。そこだけ少し迷いましたが、後はテープやリボンに注意していれば路迷いはありません。

滝の高巻きはツルツルの岩なので、とても危険で注意が必要です。
堰堤や滝の高巻きは、落差が大きいので落ちたら大ケガします。

体力を使った頃に出てくるA9を過ぎると、みよし観音まで永遠と感じる藪藪の道。
これが精神的にもダメージ受けるくらい辛くしんどい登りでした。

ザイル、スリング、ガチャ類はザック中に準備して背負いましたが、今回は使用しませんでした。

写真

バス停は渦森橋で下車しました。
バス苦手な私ですが、最近は六甲方面多いので少しづつ克服してきました。
2016年01月09日 07:47撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停は渦森橋で下車しました。
バス苦手な私ですが、最近は六甲方面多いので少しづつ克服してきました。
1
しばらく霊園方向に車道を歩き、ヘヤピンカーブが今回の大月地獄谷への入り口。
2016年01月09日 08:00撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく霊園方向に車道を歩き、ヘヤピンカーブが今回の大月地獄谷への入り口。
記念すべきひとつめの堰堤越え。
これから嫌と言うほど堰堤を越えることに。
2016年01月09日 08:12撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念すべきひとつめの堰堤越え。
これから嫌と言うほど堰堤を越えることに。
2
序盤はしばらくなだらかです。
2016年01月09日 08:17撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤はしばらくなだらかです。
険しい大月地獄谷を期待しまていました。
初めて来たので「こんなもん?」と思うくらい、なだらかが続くので期待を裏切られた感を感じました。
2016年01月09日 08:20撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい大月地獄谷を期待しまていました。
初めて来たので「こんなもん?」と思うくらい、なだらかが続くので期待を裏切られた感を感じました。
見えてきました!!
2016年01月09日 08:38撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました!!
ついに最初の大きな堰堤を目の前に!
これをいくつも越えるのかと、少しテンション上がります。
2016年01月09日 08:27撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに最初の大きな堰堤を目の前に!
これをいくつも越えるのかと、少しテンション上がります。
3
堰堤を横から見てみる。
大きいです!
2016年01月09日 08:48撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を横から見てみる。
大きいです!
1
更に進むと、比較的古い堰堤。
以前はここに梯子があったとか。
まだまだ余裕(^−^)
2016年01月09日 08:55撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に進むと、比較的古い堰堤。
以前はここに梯子があったとか。
まだまだ余裕(^−^)
4
いくつも堰堤を登って、そして下る。
これを繰り返します。
2016年01月09日 09:07撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつも堰堤を登って、そして下る。
これを繰り返します。
1
さらに急登出てきました。
だんだん面白くなってきます。
2016年01月09日 09:20撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに急登出てきました。
だんだん面白くなってきます。
1
要所要所にトラロープあります。
2016年01月09日 09:24撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要所要所にトラロープあります。
1
ここの木に巻き付けているトラ模様の印は、赤滝谷との分岐。
右の谷を進みます。
2016年01月09日 09:42撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの木に巻き付けているトラ模様の印は、赤滝谷との分岐。
右の谷を進みます。
1
ひとつめの難所が出てきました。
当然、滝の真横なので濡れています。
2016年01月09日 09:48撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとつめの難所が出てきました。
当然、滝の真横なので濡れています。
慎重に足場を選んで・・・
3点支持を守りながら登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に足場を選んで・・・
3点支持を守りながら登る。
4
登りながら足元と滝を撮ってみる。
落ちたら大ケガ間違いなし。
これが序章であることは、後で思い知らされる・・・。
2016年01月09日 09:50撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りながら足元と滝を撮ってみる。
落ちたら大ケガ間違いなし。
これが序章であることは、後で思い知らされる・・・。
1
横幅の広い登山靴では少し登りにくかったです。
何とかクリアー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横幅の広い登山靴では少し登りにくかったです。
何とかクリアー。
2
ここは水が流れる堰堤の下を通過。
濡れないように急ぎ足で超えたいが、足元が濡れているだけに急げない。
2016年01月09日 09:55撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは水が流れる堰堤の下を通過。
濡れないように急ぎ足で超えたいが、足元が濡れているだけに急げない。
3
とても効率よく高さを稼げるタラップですが(笑)
堰堤だけに必ずと言ってよいほど下るのが悲しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても効率よく高さを稼げるタラップですが(笑)
堰堤だけに必ずと言ってよいほど下るのが悲しい。
4
どのレポートにもでてくる鋼製の堰堤。
ハチの巣はまだ健在でした。
夏場は要注意です。
2016年01月09日 10:11撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どのレポートにもでてくる鋼製の堰堤。
ハチの巣はまだ健在でした。
夏場は要注意です。
1
来ました!大月大滝
だんだん名所が現れて、大月地獄谷の楽しさを味わう。
(木製の看板は地面に置いていましたので、水量多くなっても流れず、看板が見えやすい斜面に移しておきました)
2016年01月09日 10:16撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来ました!大月大滝
だんだん名所が現れて、大月地獄谷の楽しさを味わう。
(木製の看板は地面に置いていましたので、水量多くなっても流れず、看板が見えやすい斜面に移しておきました)
4
ふたつめの滝が出てきました。
2016年01月09日 10:22撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたつめの滝が出てきました。
1
ここは見た目よりも、さほど難かしくありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは見た目よりも、さほど難かしくありませんでした。
3
そして名物と言われるひとつめの池ポチャ。
幸いにも水はありませんでした(*^_^*)
2016年01月09日 10:36撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして名物と言われるひとつめの池ポチャ。
幸いにも水はありませんでした(*^_^*)
3
そして問題の堰堤。
ここまでは非常にスムーズに行きましたが・・・
2016年01月09日 10:41撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして問題の堰堤。
ここまでは非常にスムーズに行きましたが・・・
2
ふたつめの池ポチャには、とてもとても浸かれそうにない深さ・・・
さて、この先どうやって進むのか?
2016年01月09日 10:41撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたつめの池ポチャには、とてもとても浸かれそうにない深さ・・・
さて、この先どうやって進むのか?
1
堰堤の右かわにうっすらと人が通ったような、巻き道っぽい跡がありましたので登ってみました。
2016年01月09日 10:43撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の右かわにうっすらと人が通ったような、巻き道っぽい跡がありましたので登ってみました。
途中から垂直に近い崩落防止フェンスの崖。
こんな登りがルートな訳がない(−−〆)
引き返しました。
2016年01月09日 10:47撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から垂直に近い崩落防止フェンスの崖。
こんな登りがルートな訳がない(−−〆)
引き返しました。
1
迷いました。
この先進む道が解らない。登ったり下ったり。。
インターネット繋がる場所まで戻り、ヤマレコで情報を得る!
正解はこの昨を越えて、堰堤を渡り対岸に行きます。
2016年01月09日 11:13撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迷いました。
この先進む道が解らない。登ったり下ったり。。
インターネット繋がる場所まで戻り、ヤマレコで情報を得る!
正解はこの昨を越えて、堰堤を渡り対岸に行きます。
6
有りました!
巻き道発見!!
2016年01月09日 11:35撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有りました!
巻き道発見!!
2
そしてA−7ポイント。
この先に見たものは・・・
2016年01月09日 11:44撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてA−7ポイント。
この先に見たものは・・・
1
このルート一番の難所と言ってよいと思われる滝。
とても落差を感じました。
足場となる岩はツルツルです。
ロープ垂れていますが、信用できるのでしょうか。
2016年01月09日 11:45撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルート一番の難所と言ってよいと思われる滝。
とても落差を感じました。
足場となる岩はツルツルです。
ロープ垂れていますが、信用できるのでしょうか。
4
びくびくしながら登り始める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びくびくしながら登り始める。
5
ひゃ~!!
怖いです!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひゃ~!!
怖いです!!
3
足場は滑ります!!!
めちゃめちゃ危険な滝の高巻きでした!
2016年01月09日 11:47撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場は滑ります!!!
めちゃめちゃ危険な滝の高巻きでした!
3
大月地獄谷
やはり手強い・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大月地獄谷
やはり手強い・・・
2
上部に常設ロープありましたが、この登りはヤバすぎました!
何とかクリアー。絶対に熟練者や経験者との同行が必要な登りと言えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部に常設ロープありましたが、この登りはヤバすぎました!
何とかクリアー。絶対に熟練者や経験者との同行が必要な登りと言えます。
2
そろそろ大月地獄谷も終盤に差し掛かる。
2016年01月09日 12:19撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ大月地獄谷も終盤に差し掛かる。
1
穏やかな滝。
西山谷のそうめん滝のように思えました。
2016年01月09日 12:21撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかな滝。
西山谷のそうめん滝のように思えました。
1
もう堰堤は見たくない。
この辺りから古い堰堤が連発。
それよりも苦しめられた事は・・・
2016年01月09日 12:26撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう堰堤は見たくない。
この辺りから古い堰堤が連発。
それよりも苦しめられた事は・・・
1
藪藪!
多少の草木がうるさい道なら耐えれますが。。
2016年01月09日 12:36撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪藪!
多少の草木がうるさい道なら耐えれますが。。
1
ここが体力的にも精神的もキツイ最後の登り。
本当に思いました。
「大月地獄谷」なめたらあかん。。。
2016年01月09日 12:40撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが体力的にも精神的もキツイ最後の登り。
本当に思いました。
「大月地獄谷」なめたらあかん。。。
3
泣きながら登りました(涙)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泣きながら登りました(涙)
3
ようやく観音様に到着!
2016年01月09日 14:01撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく観音様に到着!
2
ここまで5時間15分位。
コースタイムが物語る。六甲の日帰り登山ではキツいルートでした。無事登頂にお礼をしました。
2016年01月09日 13:06撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで5時間15分位。
コースタイムが物語る。六甲の日帰り登山ではキツいルートでした。無事登頂にお礼をしました。
3
少し遅いお昼ご飯。
今日はカレーにしました。
一押しのフリーズドライのカレーです。
トッピングして豪華盛りで♪
2016年01月09日 13:22撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し遅いお昼ご飯。
今日はカレーにしました。
一押しのフリーズドライのカレーです。
トッピングして豪華盛りで♪
4
下りは石切道。
2016年01月09日 14:02撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは石切道。
1
とてもとても平和な登山道。
2016年01月09日 14:29撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とてもとても平和な登山道。
2
今日も無事で良かった。
ヘヤピンカーブの登山口まで戻ってきました。
2016年01月09日 15:15撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も無事で良かった。
ヘヤピンカーブの登山口まで戻ってきました。
2
ここから番外編。
神戸、元町・三宮で食べ歩き飲み歩き♪
2016年01月09日 16:19撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから番外編。
神戸、元町・三宮で食べ歩き飲み歩き♪
神戸牛のコロッケと牛串。
15分並んで買いましたが、それはそれは肉の味が口に染みわたる美味しさでした。
2016年01月09日 16:34撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸牛のコロッケと牛串。
15分並んで買いましたが、それはそれは肉の味が口に染みわたる美味しさでした。
2
ここはとある立ち飲み屋。
これで680円。
コスパもさることながら、味も美味しいんです!
2016年01月09日 17:10撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはとある立ち飲み屋。
これで680円。
コスパもさることながら、味も美味しいんです!
4
南京町のぶたまん。
普段は大行列らしいのですが、今回はほとんど並ばずに買えました。
めちゃくちゃウマい!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南京町のぶたまん。
普段は大行列らしいのですが、今回はほとんど並ばずに買えました。
めちゃくちゃウマい!!!
2
山でガッツリとハラハラして。
登頂に達成感を得て。
美味しいものを食べて、たらふく酒を飲んで。
とても楽しい一日でした♪
2016年01月09日 18:15撮影 by 301F , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山でガッツリとハラハラして。
登頂に達成感を得て。
美味しいものを食べて、たらふく酒を飲んで。
とても楽しい一日でした♪
2

感想/記録
by Rila

3年越しに叶った大月地獄谷でした。
ここは滝は少なく、その代わりに堰堤の数が多いのに苦労しました。
となりの西山谷も険しく面白いですが、全くパターンが異なりますね。

滝の高巻きはとても緊張を有する登りで、後から思い返すとゾッとする登りです。過去にもたくさん事故あったのは納得できます。

そして最後の藪登りにノックアウト寸前。。
5時間以上のコースタイム長さ含めて、疲れたものの達成感は非常に高いものでした。これでようやく悲願の六甲の難ルートを制覇して、ひとつの自信につながりました。
訪問者数:1059人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/16
投稿数: 3
2016/1/12 20:12
 2つ目の池ポチャ
はじめまして。
昨年の真夏に、私もこの池ポチャで結構悩みました。
堰堤の柵を超え右岸側もチェックしたのですが、巻き道には気がつきませんでした。
結局、真夏だったし池ポチャの水も透き通るほど綺麗でしたので気持ちよく泳ぎましたけどね。
この時期は泳げませんので、貴重な情報ありがとうございます。
登録日: 2014/2/14
投稿数: 184
2016/1/12 21:02
 Re: 2つ目の池ポチャ
m128959様
はじめまして。この堰堤から先は普通に迷いますよね!
堰堤の柵には普通に「立入り禁止」表示あるし、テープやリボン無いし。
このルートが山と高原の地図に破線で載っていることが不思議でたまりません。

今回はさすがに池ポチャを泳ぐ発想はなかったですが、夏とはいえm128959様が池に浸かり強行突破のレコは見事でした!今後も情報共有できたら幸いです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

崩落 フリーズドライ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ