ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799099 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

ぐんま百名山・お天狗山と城下町小幡散策

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー yamaonse
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宝積寺の第一駐車場に駐車し、林道を往復しました。
城下町小幡は、歩くとそれだけでレコできる距離になりそうなので、行ったことのない場所を中心に車で回りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間45分
休憩
1分
合計
1時間46分
S宝積寺第一駐車場12:0212:59天狗山13:0013:48宝積寺第一駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
お天狗山の東斜面はかなりの急勾配です。
山頂から白倉神社へ下りる箇所は要注意だと思いました。
なお、全体に道を外れると滑落しそうな急斜面はたくさんありそうです。
また、冬は猟期でハンターの方が複数往来していました。熊避け鈴は必須です。
その他周辺情報城下町小幡は、武田氏に従い小幡の赤備え軍団として活躍した地元の豪族、小幡氏の名前にちなんでいますが、江戸時代になり織田宗家七代が治世を行いました。その後藩主は変わりましたが、当時の遺物がたくさん残されています。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

甘楽町に行く途中に寄り道し、よく行く藤岡市郊外の大龍で、五目ラーメンを食べます(^^)
2016年01月17日 11:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甘楽町に行く途中に寄り道し、よく行く藤岡市郊外の大龍で、五目ラーメンを食べます(^^)
22
道草しているうちに雲行きが怪しくなりましたが、ぐんま百名山の天狗山麓に着きました
2016年01月17日 12:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道草しているうちに雲行きが怪しくなりましたが、ぐんま百名山の天狗山麓に着きました
1
広い第一駐車場には、お隣の宝積寺参拝者を含め、ほかに誰もいません(汗)
2016年01月17日 12:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い第一駐車場には、お隣の宝積寺参拝者を含め、ほかに誰もいません(汗)
7
宝積寺は少し高台にあるのですでにこの眺望、見えるは我が母なる山、赤城山です
2016年01月17日 12:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝積寺は少し高台にあるのですでにこの眺望、見えるは我が母なる山、赤城山です
8
付近は梅やロウバイが満開でした
2016年01月17日 12:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
付近は梅やロウバイが満開でした
9
少し上がると榛名山が恥ずかしげに顔を見せ始めます
2016年01月17日 12:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し上がると榛名山が恥ずかしげに顔を見せ始めます
3
宝積寺の巨大な本堂を見下ろします(実は本堂の裏から登ったほうが近道でした)
2016年01月17日 12:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝積寺の巨大な本堂を見下ろします(実は本堂の裏から登ったほうが近道でした)
1
林道から振り返って熊倉山を見上げる
2016年01月17日 12:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から振り返って熊倉山を見上げる
ところどころ眺望のいい場所があります
2016年01月17日 12:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ眺望のいい場所があります
途中、直進道が下りになっている場所を左折(帰路に振り返って撮影)
2016年01月17日 13:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、直進道が下りになっている場所を左折(帰路に振り返って撮影)
1
歩き始めてしばらくで、菊ヶ池分岐の標識あり
2016年01月17日 12:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めてしばらくで、菊ヶ池分岐の標識あり
1
芝生の広がる場所(ここが桜公園らしい)の先に再び標識、直進すると轟コースらしいが、怪しげなので標識に従い、天狗山=林道コースを進む
2016年01月17日 12:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芝生の広がる場所(ここが桜公園らしい)の先に再び標識、直進すると轟コースらしいが、怪しげなので標識に従い、天狗山=林道コースを進む
下界から石垣か切り株のように見えていた場所に到着しました
2016年01月17日 12:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界から石垣か切り株のように見えていた場所に到着しました
1
天狗山の標識に沿って伐採地の右端を登ります
2016年01月17日 12:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗山の標識に沿って伐採地の右端を登ります
1
ここからはなぜかあちこちに標識あり
2016年01月17日 12:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはなぜかあちこちに標識あり
しかし、天狗山の指す方向には
2016年01月17日 12:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、天狗山の指す方向には
道らしき道はありません
2016年01月17日 12:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道らしき道はありません
6
苗をカバーする袋を避けて斜めに上がっていくと、しばらくでキャタピラ道に合流します
2016年01月17日 12:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗をカバーする袋を避けて斜めに上がっていくと、しばらくでキャタピラ道に合流します
1
テーブルマウンテンな荒船山
2016年01月17日 12:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルマウンテンな荒船山
5
伐採地のおかげで、浅間山と手前の妙義山もよく見渡せます
2016年01月17日 12:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採地のおかげで、浅間山と手前の妙義山もよく見渡せます
14
左の三角錐が浅間隠山、真ん中は白砂山のあたりかな
2016年01月17日 12:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の三角錐が浅間隠山、真ん中は白砂山のあたりかな
4
あっという間に天狗山山頂に到着!
2016年01月17日 13:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に天狗山山頂に到着!
14
標高667mです
2016年01月17日 13:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高667mです
6
四等三角点がありました
2016年01月17日 13:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四等三角点がありました
4
尾根の東側は深い谷です
2016年01月17日 13:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の東側は深い谷です
1
お天狗さまをお祀りした白倉神社は東側の谷に下りた場所ですが、登山道は谷側に歪んだ感じで落ち葉もあって危なそうなのでパスします
2016年01月17日 13:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天狗さまをお祀りした白倉神社は東側の谷に下りた場所ですが、登山道は谷側に歪んだ感じで落ち葉もあって危なそうなのでパスします
2
キャタピラ道から熊倉山、天気良ければ行くつもりでしたが、あいにくの雲行きを口実に、こちらもパスします(^_^;)
2016年01月17日 13:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャタピラ道から熊倉山、天気良ければ行くつもりでしたが、あいにくの雲行きを口実に、こちらもパスします(^_^;)
3
浅間山方面、なかなかの眺望です
2016年01月17日 13:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山方面、なかなかの眺望です
5
麓の轟集落と、小幡氏の居城、国峰城のあった城山、その奥に富岡の神成山、大桁山系の稜線を経て、妙義と浅間山
2016年01月17日 13:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓の轟集落と、小幡氏の居城、国峰城のあった城山、その奥に富岡の神成山、大桁山系の稜線を経て、妙義と浅間山
4
なかなかの高度感なのに、天気が悪いせいか、麓の犬の鳴き声とかも聞こえちゃう懐の広さです
2016年01月17日 13:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの高度感なのに、天気が悪いせいか、麓の犬の鳴き声とかも聞こえちゃう懐の広さです
4
上越国境の白い山並みはうっすらと
2016年01月17日 13:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上越国境の白い山並みはうっすらと
5
途中の林道まで降りて、天狗山を見上げます
2016年01月17日 13:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の林道まで降りて、天狗山を見上げます
4
同じ場所から見下ろす赤城山
2016年01月17日 13:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ場所から見下ろす赤城山
3
水沢山と子持山、上州武尊山
2016年01月17日 13:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢山と子持山、上州武尊山
3
宝積寺まで降りてきました(この目玉の車進入禁止道を入ると境内裏手に出ます)
2016年01月17日 13:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝積寺まで降りてきました(この目玉の車進入禁止道を入ると境内裏手に出ます)
6
本堂裏の墓地には、小幡氏歴代の墓
2016年01月17日 13:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本堂裏の墓地には、小幡氏歴代の墓
小幡氏に寵愛されたがゆえにお菊ヶ池に埋められたという、悲しい伝説の残るお菊親子の墓が真隣にあります
2016年01月17日 13:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小幡氏に寵愛されたがゆえにお菊ヶ池に埋められたという、悲しい伝説の残るお菊親子の墓が真隣にあります
2
そんな伝説知ってか知らぬか、あっけらかんとしたロウバイの花
2016年01月17日 13:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんな伝説知ってか知らぬか、あっけらかんとしたロウバイの花
16
巨大な菊女観音像、菊女伝説は番町皿屋敷の原型になったとも言われ、真田氏の家来となった小幡氏は、その後もこの女性につきまとわれます(怖)
2016年01月17日 13:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な菊女観音像、菊女伝説は番町皿屋敷の原型になったとも言われ、真田氏の家来となった小幡氏は、その後もこの女性につきまとわれます(怖)
4
菊女観音像の後ろにある巨大なしだれ桜と、この銀杏の巨木が甘楽町の名木十選に認定されています
2016年01月17日 13:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菊女観音像の後ろにある巨大なしだれ桜と、この銀杏の巨木が甘楽町の名木十選に認定されています
1
みがわり地蔵、みんなが触るので首が取れそうになり、後ろのつっかえ棒で補強されています
2016年01月17日 13:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みがわり地蔵、みんなが触るので首が取れそうになり、後ろのつっかえ棒で補強されています
5
車で数分移動し、織田宗家七代の墓
2016年01月17日 13:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で数分移動し、織田宗家七代の墓
1
ひときわ大きい、織田信長の次男、信雄の墓(京都大徳寺に葬られ、領地だった奈良の室生寺と小幡崇福寺に分骨されたのだそうです)
2016年01月17日 13:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひときわ大きい、織田信長の次男、信雄の墓(京都大徳寺に葬られ、領地だった奈良の室生寺と小幡崇福寺に分骨されたのだそうです)
4
今日のスイセン、曇り空でしょんぼり
2016年01月17日 14:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のスイセン、曇り空でしょんぼり
8
墓のある崇福寺境内のロウバイは、お天気関係なさげ
2016年01月17日 14:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
墓のある崇福寺境内のロウバイは、お天気関係なさげ
6
薄日の差す境内には室町時代の特徴が残る石仏たち
2016年01月17日 14:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄日の差す境内には室町時代の特徴が残る石仏たち
3
織田家の位牌も安置されています
2016年01月17日 14:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
織田家の位牌も安置されています
2
参道入口には双体道祖神
2016年01月17日 14:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道入口には双体道祖神
江戸時代初期に造られた下馬の碑、後醍醐天皇直筆の額がかかった勅使門があったんだとか
2016年01月17日 14:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江戸時代初期に造られた下馬の碑、後醍醐天皇直筆の額がかかった勅使門があったんだとか
次に向かったのは長厳寺
2016年01月17日 14:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に向かったのは長厳寺
裏の岩山にある、この巨大磨崖仏が見たかったんです
2016年01月17日 14:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏の岩山にある、この巨大磨崖仏が見たかったんです
9
顔アップ、昭和60年と新しいものですが、町内には歴史の古い磨崖仏もあるのだとか
2016年01月17日 14:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
顔アップ、昭和60年と新しいものですが、町内には歴史の古い磨崖仏もあるのだとか
6
ここからは国指定名勝の楽山園、こちらは甘楽町指定文化財、織田信雄直筆の書状
2016年01月17日 14:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは国指定名勝の楽山園、こちらは甘楽町指定文化財、織田信雄直筆の書状
園内からは先ほど登った天狗山方面が見渡せます
2016年01月17日 14:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
園内からは先ほど登った天狗山方面が見渡せます
3
庭と借景の山がきれいに見えるお茶室で、抹茶400円也を頂きました(この建物は、テレビドラマ・天皇の料理番のロケで使われたのだとか)
2016年01月17日 14:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庭と借景の山がきれいに見えるお茶室で、抹茶400円也を頂きました(この建物は、テレビドラマ・天皇の料理番のロケで使われたのだとか)
13
夏に飛び交うホタルの餌となるタニシなどの餌として、キャベツが所々に置かれています
2016年01月17日 15:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏に飛び交うホタルの餌となるタニシなどの餌として、キャベツが所々に置かれています
3
大名庭園としては群馬県内唯一の庭園です
2016年01月17日 15:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大名庭園としては群馬県内唯一の庭園です
9
最近では台湾からの団体客が多いのだとか
2016年01月17日 15:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近では台湾からの団体客が多いのだとか
5
心許ないお日さまが、雲の中に浮かびます
2016年01月17日 15:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心許ないお日さまが、雲の中に浮かびます
6
楽山園の巨大な門
2016年01月17日 15:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽山園の巨大な門
2
甘楽町歴史民俗資料館に移動、この建物は大正期に造られた繭倉庫を利用しています
2016年01月17日 15:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甘楽町歴史民俗資料館に移動、この建物は大正期に造られた繭倉庫を利用しています
2
名水百選、雄川堰と白壁の道が目の前にあります
2016年01月17日 15:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名水百選、雄川堰と白壁の道が目の前にあります
2
資料館1階は主に絹遺産関連
2016年01月17日 15:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
資料館1階は主に絹遺産関連
1
2階には、なんと円空仏3体(小幡八幡宮所蔵)
2016年01月17日 15:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2階には、なんと円空仏3体(小幡八幡宮所蔵)
1
小幡氏ゆかりの赤備えの鎧
2016年01月17日 15:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小幡氏ゆかりの赤備えの鎧
6
左の鎧も赤備え、よく残っていたものです
2016年01月17日 15:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の鎧も赤備え、よく残っていたものです
8
戦に使う陣太鼓も、小幡氏のものと松平氏のものが二つ残されています
2016年01月17日 15:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戦に使う陣太鼓も、小幡氏のものと松平氏のものが二つ残されています
1
帰り道、国道254号にある白倉神社里宮への鳥居と天狗面、次回はちゃんとお参りしますからね
2016年01月17日 15:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道、国道254号にある白倉神社里宮への鳥居と天狗面、次回はちゃんとお参りしますからね
1

感想/記録

下り坂の天気の割に遅く起きたら晴れていた日曜日、慌てて身支度をして、とりあえず里山にして未踏破のぐんま百名山、天狗山へ向かいます。今月号の新ハイキングには、天狗山から熊倉山へのルートが出ていたし、天気保ちそうなら周回しようかな。

途中のラーメン屋で寄り道し、目的地の甘楽町に近づくにつれ、日差しはどんどん薄くなっていきます。なんだかんだで広い駐車場のある宝積寺に着くと、ちょうどお昼のサイレン。気楽な低山歩きだし、天気悪ければ天狗山だけでもよしとしよう。

お寺の境内を避けて山に向かう舗装路を歩く。いくつかのカーブを曲がり、道はどんどんと標高を上げていくが、標識はなし。途中で軽トラに乗ったオレンジ色のベストを着たハンターに道を教えてもらい、未舗装になった林道を進みます。

植林地帯からときどき広がる眺望に励まされ、目印にしてきた伐採地に着くと、天狗山は目の前。車高の高い車なら、林道から15分で登れるはず。西上州にありがちな、地味でマイナーな山ながら、伐採地からの眺望はそれなりものがありました。

足下がよくなさげなのと、下り坂の天気に背中を押され、山頂からは大人しく来た道を戻ります。宝積寺で小幡氏歴代の墓や、悲しい伝説の残るお菊親子の墓などの史跡を見学し、車で織田宗家七代の墓や、巨大磨崖仏を見てから、名勝楽山園へ。

話し好きな女性のいる茶室で楽山園の今昔を教えてもらい、お隣の美術館では近代日本の巨匠たちの絵画にため息を漏らし、民俗資料館では案外掘り出し物がたくさんある骨董店に来たような気分で陳列された資料を興味深く拝見して来ました。

城下町小幡は見るところが多すぎて、下山後のおまけにはもったいない場所です。近くには八幡山や紅葉山、連石山などの200m級の里山や、ハイキングコースもあるようです。少し離れた場所には小幡氏ゆかりの国峰城のある城山428mもあります。

さて、下り坂の天気はこの冬一番の寒気と相まって、群馬県地方は大雪警報になってしまいました。一昨年の大雪みたいに、しばらくは山お預けになってしまうのかな。明日の朝は心配だし、予報が少しでも外れることを祈りたいです。
訪問者数:539人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/7
投稿数: 413
2016/1/18 1:45
 五目ラーメン 美味しそう😋
yamaonseさん
こちらでも 本格的に雪になってきました。
明日は休みなので
久しぶりに 山行を考えていたのですが
この雪では ちょっと無理かもしれません…

甘楽の小幡や秋畑あたりの里山
以前から 気になっていました。
天狗山から 藤岡の日野地区へ
抜けられれば 面白そうですね🎵

明日 雪が止んだら
さる山の庚申山でも歩いてみようかな
もちろん お昼は大龍で
登録日: 2013/10/1
投稿数: 1859
2016/1/18 6:10
 予報が外れませんでしたね
yamaonseさん、おはようございます。

こちら三多摩地区も雪になってしまいました。
そちらでは積雪は多いのでしょうか。

昨日は午後から急に寒くなり天気も良くありませんでしたので午後からのお出かけはされなかったかと思っていましたがさすがですね。
庭園を眺めながら抹茶を頂くなど余裕の散策を楽しまれましたね。

Landsberg
登録日: 2014/10/12
投稿数: 135
2016/1/18 15:28
 母なる山
こんにちは。yamaonseさん。

群馬・埼玉・茨城の境あたりは晴れ間がでたりしてだいぶ雪もとけてきています。
明日の朝の凍結が心配ですね。

私も昨日の朝遅く起きて、思ったより強い陽射しに悔しくなりましたが急いで身支度をせずに山には行きませんでした。
代わりに食べたいものめぐりに出掛けました笑

埼玉生まれ群馬在住の私の母なる山は筑波山ですが、yamaonseさんは我らが群馬の赤城山が母なのですね。
実は微妙に遠い赤城山は数える程しか行っていないので、群馬ラヴァーとして今年は数回行こうと思っています。
もちろん暖かくなってからですが…

2週間近く山に行けていないので、ヤマレコを見るのが楽しみになっています。明日夜勤前にどこか行けるかな?
登録日: 2013/7/25
投稿数: 710
2016/1/18 20:24
 白倉神社
こんばんはyamaonseさん
天狗山、3年半ほど前に林道が未舗装になる手前に路駐して登ったことが有ります。
写真でいうと10の手前辺りになると思いますが、林道も植林地もこれほど綺麗に整備されていなくまだ新人だった自分は心細さも感じました
でも植林地から山頂までの斜面は同じく展望が良かったですね
山頂から2,3分で白倉神社でしたが森の中に真っ赤な鳥居と子天狗、大天狗
それと松の前を対の鶴が舞っている彫刻などが飾られた社殿が鎮座されてました
とても趣のある空間でした 御存知でしたらごめんなさい
登録日: 2012/5/17
投稿数: 1374
2016/1/18 21:51
 Re: 五目ラーメン 美味しそう😋
mikaboさん、こんばんわ!
大雪予報、当たっちゃいましたね。
とりあえず、一昨年の大雪まではならなくてよかったですが、
明日朝の凍結が心配ですね。
そして残雪の庚申山、大龍のラーメンはどうだったですか?
きっと足跡いっぱい付けて、童心に還ることができたことでしょう。

甘楽地区、お天狗山から熊倉山の稜線まで出れば、日野は反対側です。
ただ、山自体は低い割に癖があるというか、崖のような斜面多数あり。
ただし、地理院地図で見る限り、熊倉山の南斜面には林道らしきもの
も見えるし、少し南西に行くと「ほうろく峠」なるモノもある様子。
もし探検するようなら、間違い斜面に注意してお出かけくださいませ
登録日: 2012/5/17
投稿数: 1374
2016/1/18 22:05
 Re: 予報が外れませんでしたね
Landsbergさん、こんばんわ。悪い予報はなかなか外れないですね。
積雪、結局今回は20センチで済んだようですが、秩父は34センチ、
熊谷15センチ、八王子も15センチ積もったようです。
一昨年ほどではないですが、轍で車のおなかは擦りそうだし、明日朝の
凍結がいまから心配です。

そして天気下り坂の日のお散歩、あまり無理はできないのですが、
朝のうちの天気の良さにつられて、出掛けてしまいました。
やはり、悪くなるときの予報はよく当たりますね
でも早く切り上げたおかげで、歴史の街歩きは楽しかったです
登録日: 2012/5/17
投稿数: 1374
2016/1/18 22:11
 Re: 母なる山
pisai5さん、こんばんわ!
群馬中央部ですが、午前中は雪かきしているそばから雪が積もり、
午後晴れるもつかの間、雨の時間が少なかったせいか、雪解けもいまいちです。
朝曇りのつもりで起きたら晴れの日、山の代わりに街歩きや、グルメ三昧もいいですね。

群馬生まれでも見える山の範囲は微妙に違うので、榛名や妙義が母なる山だったりする
地域もきっとあるとは思いますが、県央部はもちろん赤城山です。
きっと、埼玉でも本庄や深谷、熊谷あたりまでは、一番存在感あるのは赤城なのでは。

冬は空っ風吹き下ろし、厳しいところもあるお母さんですが、裾野の広さは懐の広さ。
といいつつ、暫く行ってないので、そろそろお伺いしてみなければと思っています。
pisai5さんは、明日どの山で新雪プチ冬山登山、するのかな
登録日: 2012/5/17
投稿数: 1374
2016/1/18 22:17
 Re: 白倉神社
Blue-Greenさん、こんばんわ!
はじめて行ったお天狗山、10年前のガイド本「まるごとガイドぐんま百名山」の内容と
状況が一変していて、これほど林道歩きをするとは思わなかったので、心細かったです。

この物寂しさが西上州ファンにはたまらないのではないかと思いますが、熊出そうだし、
お菊さんの池とかは違うものも出てきそうだし、ちょっと怖いですね
一見の価値があるのは伐採地の眺望、これは標高の割に真下を見下ろす感が素敵でした。

白倉神社は斜めに歪んで落ち葉でデコレートされたトラバース道でやる気を失いました。
今度行くとしたら、山慣れた人と一緒に、白倉集落から登って、神社から天狗山、宝積寺
への周回とか、熊倉山まで足伸ばすとかしてみたいです。
登録日: 2012/1/31
投稿数: 1294
2016/1/31 10:39
 蔵造りの街並み
こんにちは。

道の真ん中に水路が通る小幡の街並み、一度歩いてみたい場所です。古いレンガ造りの蔵を資料館に改装するとは粋な計らい…! よく考えてみると物の保管に適した蔵を資料館として利用するのは理にかなっていますね

赤い鎧甲冑がカッコイイです
登録日: 2012/5/17
投稿数: 1374
2016/2/1 1:08
 Re: 蔵造りの街並み
tabidoriさん、こんばんわ。
小幡の街に流れる水路は「雄川堰」と呼ばれ、環境省の名水百選にも選ばれています。
水路沿いには桜が咲き、両脇の家は昔のままの風情を今に伝えています。
資料館もぐんま絹遺産に指定された由緒あるものだし、中の収蔵物も見応えがありました。
鎧もいろいろあって、びっくりしました。
歴史のある街を歩くって、楽しいですね・・・

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ