ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799252 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20160117_松尾谷西尾根

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー toshi_a_2014
天候
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間49分
休憩
0分
合計
1時間49分
S岡本八幡神社10:2710:36八幡谷鉄塔巡視道鉄塔 1 番目10:37右手踏み跡11:39矢印の木11:58今日の終点(少し開けたところ)12:07八幡谷鉄塔巡視道で、入ったところより上に出た12:09八幡谷鉄塔巡視道鉄塔 1 番目12:16岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回も、入ったところに下りてくることができなかった。
コース状況/
危険箇所等
尾根筋の南東側は急な崖になっている。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 サブザック 非常食 飲料 保険証 携帯 時計 ストック

写真

八幡谷東鉄塔巡視道の 1 番目の鉄塔を過ぎて倒木をくぐってすぐの右手に踏み跡があるので、ここから入ってみる。
2016年01月17日 10:38撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷東鉄塔巡視道の 1 番目の鉄塔を過ぎて倒木をくぐってすぐの右手に踏み跡があるので、ここから入ってみる。
八幡谷東鉄塔巡視道から踏み跡の奥を覗いたところ。
2016年01月17日 10:38撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷東鉄塔巡視道から踏み跡の奥を覗いたところ。
2015 年 12 月 30 日の山行記録にある、金鳥山を示す矢印の木にたどり着いた。矢印が示すここから右手、尾根筋を登る方向は、重なった倒木と深い藪で、進めない。
2016年01月17日 11:47撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2015 年 12 月 30 日の山行記録にある、金鳥山を示す矢印の木にたどり着いた。矢印が示すここから右手、尾根筋を登る方向は、重なった倒木と深い藪で、進めない。
木の手前の地面の標識。
2016年01月17日 11:48撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の手前の地面の標識。
木の手前を 1 段下りて戻ったところに、登りで見て右手、東方向に踏み跡があった(写真 2 枚前の木の手前が分岐になっていた)。
そこを東へ、細い踏み跡をたどると、赤いてっぺんの境界標識があった。右側は崖。
そのさらに先は、2 本の倒木が折り重なっているところをくぐるが、その足下は、崖の上に積もった落ち葉と枯れ枝という危うい状態の所が 2 歩分ある。倒木につかまりながら、あまり体重をかけないように、その危うい落ち葉の上を踏んで、倒木をくぐる。
2016年01月17日 11:55撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の手前を 1 段下りて戻ったところに、登りで見て右手、東方向に踏み跡があった(写真 2 枚前の木の手前が分岐になっていた)。
そこを東へ、細い踏み跡をたどると、赤いてっぺんの境界標識があった。右側は崖。
そのさらに先は、2 本の倒木が折り重なっているところをくぐるが、その足下は、崖の上に積もった落ち葉と枯れ枝という危うい状態の所が 2 歩分ある。倒木につかまりながら、あまり体重をかけないように、その危うい落ち葉の上を踏んで、倒木をくぐる。
1
倒木をくぐった先に少し開けたところがあるが、その先は、藪。
2016年01月17日 12:01撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木をくぐった先に少し開けたところがあるが、その先は、藪。
一つ前の写真の左前方にこういう木があり、この木の下まで行ってみたが、こちらはその先に進めない。
一つ前の写真の右手が、やや藪が浅い尾根筋のようだが、今日はここまで。
2016年01月17日 12:01撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ前の写真の左前方にこういう木があり、この木の下まで行ってみたが、こちらはその先に進めない。
一つ前の写真の右手が、やや藪が浅い尾根筋のようだが、今日はここまで。
訪問者数:92人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

倒木 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ