ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799484 全員に公開 ハイキング東海

20160117 水晶山〜三森山

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー sibasan
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間29分
休憩
1時間6分
合計
4時間35分
S岩村ダム駐車場08:0408:06三森山登山口08:15水晶山登山口08:49水晶山09:11三角点 水晶10:34三森山10:4411:09三森神社12:0512:39岩村ダム駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

岩村ダム駐車場に設置されているルート図。
今回はこの図にないルートも歩いてみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩村ダム駐車場に設置されているルート図。
今回はこの図にないルートも歩いてみました。
1
駐車場から50mで三森山登山口に到着します。
三森神社の鳥居があります。

ここからは入山せずに林道をゆるゆると歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から50mで三森山登山口に到着します。
三森神社の鳥居があります。

ここからは入山せずに林道をゆるゆると歩きます。
登山口には観音像があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口には観音像があります。
文政4年=1821年です。
江戸後期ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文政4年=1821年です。
江戸後期ですね。
駐車場から10分ほどで登山口に到着しました。
この指標の左横から尾根に上がり尾根筋を登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から10分ほどで登山口に到着しました。
この指標の左横から尾根に上がり尾根筋を登りました。
距離は短いけれどもけっこう急です。
雪がつくとけっこう難儀しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
距離は短いけれどもけっこう急です。
雪がつくとけっこう難儀しそう。
急登を終えると道は右に折れます。
そのまま踏み跡をたどると水晶山から三森山へのメインルートに突き当たります。
ここを右に行くと水晶山、左へ行くと三森山に続きます。

新しく指標は追加されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を終えると道は右に折れます。
そのまま踏み跡をたどると水晶山から三森山へのメインルートに突き当たります。
ここを右に行くと水晶山、左へ行くと三森山に続きます。

新しく指標は追加されていました。
約45分で水晶山に到着しました。
樹林の中のなだらかなピークで眺望はありません。
写真を撮影して、すぐに今来た道を引き返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約45分で水晶山に到着しました。
樹林の中のなだらかなピークで眺望はありません。
写真を撮影して、すぐに今来た道を引き返します。
2
先ほどのT字分岐まで戻ってきました。
三森山に向かうので直進しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどのT字分岐まで戻ってきました。
三森山に向かうので直進しました。
1
2〜3つピークを超えると三角点に到着します。
三角点以降はしばらく短い笹がかぶり気味の踏み跡を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2〜3つピークを超えると三角点に到着します。
三角点以降はしばらく短い笹がかぶり気味の踏み跡を進みます。
観音像のポイントに到着しました。
最初に歩いた林道から水晶山を通らずにここへ通じるルートもあります。

観音像の左側を登り林道へ出ます。
林道を横断して踏み跡は続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音像のポイントに到着しました。
最初に歩いた林道から水晶山を通らずにここへ通じるルートもあります。

観音像の左側を登り林道へ出ます。
林道を横断して踏み跡は続きます。
林道を横断して少し進むと鈴ヶ根尾根。
木製のベンチがあったので少し休憩しました。
北側の樹間から御嶽山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横断して少し進むと鈴ヶ根尾根。
木製のベンチがあったので少し休憩しました。
北側の樹間から御嶽山が見えました。
三角点「図根」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点「図根」
2時間15分で三森山山頂に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間15分で三森山山頂に到着しました。
1
三森山山頂の雪はこんな感じ。
日が当たらない所にうっすらと残っている程度でした。
眺望はなかったので下山を始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三森山山頂の雪はこんな感じ。
日が当たらない所にうっすらと残っている程度でした。
眺望はなかったので下山を始めました。
1
三十三観音のラストです。
ここを左に折れ、帝釈梵天に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三十三観音のラストです。
ここを左に折れ、帝釈梵天に向かいます。
トラバース気味の踏み跡をたどり、帝釈梵天に到着。
祠の前は整地されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース気味の踏み跡をたどり、帝釈梵天に到着。
祠の前は整地されています。
石組の上に小さな祠(お堂)があります。
引き返して下山を続けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石組の上に小さな祠(お堂)があります。
引き返して下山を続けます。
下山途中に合体木がありました。
ひめこ桧とナラが絡み合って生育したようです。
現在は桧の勢いが強いように見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中に合体木がありました。
ひめこ桧とナラが絡み合って生育したようです。
現在は桧の勢いが強いように見えました。
1
異樹種の枝がにょっきり出ているように見えて面白いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
異樹種の枝がにょっきり出ているように見えて面白いです。
昔の道しるべ。
私には読めないので解説の看板がありがたいです(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の道しるべ。
私には読めないので解説の看板がありがたいです(笑)
観音像がポチポチとあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音像がポチポチとあります。
右へ行くと奥の院です。
以前行ったことがあったので今回はパスしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へ行くと奥の院です。
以前行ったことがあったので今回はパスしました。
登山道をふさぐ注連縄。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道をふさぐ注連縄。
前の写真のすぐ横に三森神社の鳥居があります。
こちらも注連縄が張ってあります。
通れないので鳥居の外側を巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真のすぐ横に三森神社の鳥居があります。
こちらも注連縄が張ってあります。
通れないので鳥居の外側を巻きます。
1
三森神社は寛永17年(1640年)に開かれたそうです。
江戸初期ですね。
現在の社殿は明治23年(1890年)に再建されたもの。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三森神社は寛永17年(1640年)に開かれたそうです。
江戸初期ですね。
現在の社殿は明治23年(1890年)に再建されたもの。
三森神社に参拝を済ませて、少し奥にある展望台に向かいました。
展望台にはベンチが設置されています。
ベンチを少し下ると北側に本日二回目の御嶽山が臨めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三森神社に参拝を済ませて、少し奥にある展望台に向かいました。
展望台にはベンチが設置されています。
ベンチを少し下ると北側に本日二回目の御嶽山が臨めました。
御嶽山のアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山のアップ。
1
ベンチに戻り少し早めのランチにしました。
ストーブはOptimusのPolaris、クッカーはゼブラ社のフードキャリー(12cm)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチに戻り少し早めのランチにしました。
ストーブはOptimusのPolaris、クッカーはゼブラ社のフードキャリー(12cm)。
12時5分から下山を再開しました。
観音像は一つ一つ表情が違って見飽きません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時5分から下山を再開しました。
観音像は一つ一つ表情が違って見飽きません。
登山口まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。

感想/記録

今回は未踏だった岩村ダムから水晶山へのショートカットルートを歩いてきました。

岩村ダム駐車場からすぐに三森山登山口がありますがここを通過してそのまま林道を登ります。左手に指標が見えてくるのでこの指標の左側を通って尾根に取り付きました。尾根は急登でウォーミングアップが終わっていないのでふくらはぎが痛くなってしまったのでペースを落としてゆっくりと歩きました。
急登箇所を登り切ると汗が出てきたのでフリースをぬえで体温調節。緩やかに踏み跡をたどると水晶山〜三森山へのメインルートに突き当たり、ここを右折。もう一度急登を登り切ると水晶山です。眺望は無いのですぐに引き返して三森山へ向かいました。2〜3つピークを超えると三角点に到着します。さらに進むと石像のある分岐に出ます。分岐を右に進み林道へ上がり、横断してそのまま進めば鈴ヶ根尾根のベンチ。このあたりからは北に御嶽山が見えました。笹道を歩くと稜線伝いのルートになり、三森山への登りがあります。途中雪がついていると手を使わなければならない急な下りがあります。右側が切れ落ちているので凍結時、積雪時は注意が必要ですが、無雪期ならば初級者でも大丈夫だと思います。三森山の頂上から三森山登山口までは古くからの参拝道なので安心して歩けるルートです。

三森山の手前から登山道の左右にイワカガミが見られます。このイワカガミの群生は三森山下山途中まで続き、5月のシーズンはとても綺麗なので春にまた歩きたいと思います。

終日一人も会わない静かな山歩きができました。鈴ヶ根尾根近くで茂みがガソゴソいったので一瞬どっきりしました。熊ではなく鹿でした。ルート上でも鹿の糞が5箇所以上見かけられました。馬酔木が多いことからも鹿の生息数が増えているように感じられました。
訪問者数:346人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ