ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 801026 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

きんいろのとき ★年明けは櫟山から

日程 2016年01月05日(火) [日帰り]
メンバー Honoca
天候冬凪
アクセス
利用交通機関
自転車
自宅から三廻部の櫟山登山道までチャリ
下山後は再びチャリに乗りJR国府津駅まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

チャリ区間
9:30自宅ー境川CR・長後・寒川・伊勢原・秦野(水無川遡上)堀川・三廻部・13:00三廻部林道の櫟山登山口に駐輪

登山区間
登山口13:10ー13:50櫟山14:30ー登山口15:00

チャリ区間
15:00登山口ー寄入口・15:30上大井・酒匂川CRー鴨宮ー17:00JR国府津駅から輪行


PCが入院していたのでうpが遅れました(苦笑
1月5日の記録です
コース状況/
危険箇所等
地図上のコースは写真を結んだだけのざっくりです目安にどうぞ
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

あけまして キタワァ
━.+:。(n'∀')η゜.+:。━ッ!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あけまして キタワァ
━.+:。(n'∀')η゜.+:。━ッ!!
5
(写真2)江ノ島ー町田をカバーする境川CR。チャリでぶらぶらします。ここは休憩所の近く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(写真2)江ノ島ー町田をカバーする境川CR。チャリでぶらぶらします。ここは休憩所の近く
3
伊勢原の戸田から見る大山。左に見える大山南山稜を手前から巻いていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢原の戸田から見る大山。左に見える大山南山稜を手前から巻いていきます
6
東海大学近く。左端が弘法山でその先端を廻って北上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海大学近く。左端が弘法山でその先端を廻って北上
7
(写真5)三廻部集落に入っていきます。中央・凹山が櫟山で山頂に松が見えています。右側の杉山は栗ノ木洞
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(写真5)三廻部集落に入っていきます。中央・凹山が櫟山で山頂に松が見えています。右側の杉山は栗ノ木洞
6
三廻部集落。羽子板遊びがいかにも松の内ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三廻部集落。羽子板遊びがいかにも松の内ですね
6
四十八瀬川沿いの三廻部林道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四十八瀬川沿いの三廻部林道
6
13:10 林道と交差する櫟山登山口に駐輪します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:10 林道と交差する櫟山登山口に駐輪します
2
登り始めてすぐ馬頭観音像が。この周辺に峠越えの古道があったってことか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐ馬頭観音像が。この周辺に峠越えの古道があったってことか?
5
尾根に出ました。右が自然林で左が杉植林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。右が自然林で左が杉植林
2
葉を落としているので三廻部が一望できました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉を落としているので三廻部が一望できました
6
芝生の広場への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芝生の広場への分岐
5
芝生の広場はこの林道を歩いてですがパス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芝生の広場はこの林道を歩いてですがパス
展望台方面という分岐ですが、山頂からも眺めがいいので矢張りパス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台方面という分岐ですが、山頂からも眺めがいいので矢張りパス
松が点在している山頂近く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松が点在している山頂近く
3
13:50 櫟山の頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:50 櫟山の頂です
9
ゆるふわです。誰もいませんw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるふわです。誰もいませんw
5
鍋割山が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山が見えます
8
右奥に湘南平、その向こうの相模湾は少し苦しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に湘南平、その向こうの相模湾は少し苦しい
5
(写真20)山名に反して三本松が櫟山のシンボルです。正月気分の穏やかな風が吹いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(写真20)山名に反して三本松が櫟山のシンボルです。正月気分の穏やかな風が吹いていた
10
14:00 遅いお昼
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:00 遅いお昼
8
右奥・湘南平、左奥は大山南山稜。・・そろそろ降りますかぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥・湘南平、左奥は大山南山稜。・・そろそろ降りますかぁ。
5
自転車で寄に降りて行きます。このまま新松田まで超絶降りです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自転車で寄に降りて行きます。このまま新松田まで超絶降りです
2
途中・第二東名の工事現場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中・第二東名の工事現場
1
向かいの山まで橋をかけ、ブルーシートの場所に隧道を造るそうです ε=(・д・`*)…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいの山まで橋をかけ、ブルーシートの場所に隧道を造るそうです ε=(・д・`*)…
2
(写真26)ここは巻きの平地ですがその先がまたも超絶降り・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(写真26)ここは巻きの平地ですがその先がまたも超絶降り・・
小田急。県道72号の籠場っていう辺り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小田急。県道72号の籠場っていう辺り
国道255に出て
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道255に出て
1
酒匂川を渡り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酒匂川を渡り
3
(写真35)酒匂川CRに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(写真35)酒匂川CRに
8
国府津に向かう途中の双体道祖神も正月気分です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国府津に向かう途中の双体道祖神も正月気分です
5
17:00 電車で一杯。ゆるふわな初旅でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:00 電車で一杯。ゆるふわな初旅でした
7

感想/記録
by Honoca

今年初の山旅は、1月5日のサイクリング+櫟山山行でした。
1月23日、ようやくPCが直ったのでうpします(´Д`;)

写真2
境川をぶらつきます。高尾南山稜の町田を発し江ノ島に至っていて、小さな川なのに割と長旅をしております。
年末・年明けとパッと替われるほど私は便利ではないかな。な感じです。
去年今年(こぞことし)=一夜明ければ昨日は去年であり、今年は今年である。たちまちのうちに年去り年来るという時の歩みの速さに深い感慨を覚える言葉。

 境川光まといし去年今年 ほの香


写真5
初旅=旅始、旅行始:新年になって初めての旅行のこと
目的の山が近くなってくる

 初旅や山近くおり櫟山  ほの香


写真20
初風=春の初風、初松籟:凛々として激しい寒風もあれば、暖冬の柔らかい微風もある。
松籟:松の梢に吹く風、またはその音

 初松籟さらに清けし櫟山  ほの香
(はつしょうらいさらにさやけしくぬぎやま)


写真26
虎落笛(もがりぶえ):木枯らしなどが竹や策に吹き付けて発する笛のような音。広範囲の風音にも用いる。
チャリに速度計は義務がないので付いていない。何キロ出ているのか自分では解らない。車検もないので点検は運転者に任されている。ロードレーサーは安定しているのですが、壊れてから交換・調整するとか危ないのです

 ダウンヒル耳元で鳴る虎落笛  ほの香


写真35
 乗初やモザイクの金酒匂川  ほの香
(のりぞめやモザイクのきんさかわがわ)

金色と書いて”こんじき”と読みます。”きんいろ”とは読みません。
そう読ませたい時は”きんいろ”と開くか、金(きん)と書くか。金=”かね”というパターンもあるので気をつけねばw
話が逸れましたが、山あるところに河が有り、河を遡って山に行って河を降りてくる。そんな長い行程をこなして河堤も走れるチャリンコならでは。
写真は光(金)がなく失敗していますがw 酒匂川の夕暮れで御座いました。
訪問者数:136人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/12
投稿数: 280
2016/1/24 19:18
 初旅はチャリ山行
写真5をみて
ピンク橋思い高まる変速機  はだひろ
山の方でなく橋に目が行ってしまいました。
私にとっては、思い出の場所なので悪しからず。
松の内に初旅を味わえて良かったです。
今年もよろしくお願いいたします。
登録日: 2013/9/15
投稿数: 892
2016/1/25 22:25
 Re;初旅はチャリ山行
わたしもあのピンク橋は大好きで、この地を走ったチャリダー(サイクリスト)ならではの感想と爆笑してしまいました。
歩きの人はあまり通らない径でしょう


ではここで赤ペンw

 ピンク橋思い高まる変速機  はだひろ
 ピンク橋乗初の風変速機  ほの香

わたしキャリア三ヶ月の駆け出しなので検討会レベル。怒らないでくださいねw

ポイント1:季語は絶対につき必需。つうか季語に任せてしまえば勝手に読者が想像します
例えば新年の季語の、乗初(のりぞめ)を入れてみました
ポイント2:もう一つは臨場感で、思い高まる想像よりもその先に何があるの?ということで、ディレーラーを賛美?する”風”を入れてみました
ポイント3:感情を出さない。嬉しいとか悲しいとかいわない。”思い高まる”を置き換えて嬉しいと感じる言葉


 退院の母の一歩へ春の風

嬉しいとは書いていませんが嬉しいと思いません?


客が五七五を詠んで主人が七七で返すやり取りを”俳諧”というそうです
歌を返してくれてありがとう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 タワ 山行 馬頭観音 道祖神 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ