ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 802912 全員に公開 ハイキングアジア

太魯閣渓谷

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー higashino9
天候10:10 布洛灣 曇り 20℃
12:25 五間屋 曇り 18℃
14:50 新城(太魯閣)駅 晴れ 20℃
アクセス
利用交通機関
電車バス、 飛行機
【台北から太魯閣渓谷へ】
 鉄道:台北駅 6:10→8:16 花連駅 
 バス:花連駅 9:10→10:00 布洛灣
【太魯閣渓谷から台北市へ】
 バス:新城(太魯閣)駅 15:07→15:40 北埔駅
 飛行機:花連空港 17:00→17:45 台北松山空港
【運航時刻等の詳細は下記ホームページ参照】
 台湾鉄路管理局 http://www.railway.gov.tw/jp/ 
 花蓮客運 http://www.hualienbus.com.tw/bus/hualien_bus.php
 トランスアジア航空 http://www.tna.com.tw/jp/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
0分
合計
4時間44分
S布洛灣10:1411:58砂卡礑歩道入口13:09五間屋13:50砂卡礑歩道入口14:58新城(太魯閣)駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
太魯閣渓谷は大雨などの後は遊歩道及び車道の崩落あり。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

11:56
錦文橋より見た砂卡礑歩道
岩肌を削って作られた道はさながら日本の黒部峡谷下廊下の様に見える。
2016年01月31日 11:56撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:56
錦文橋より見た砂卡礑歩道
岩肌を削って作られた道はさながら日本の黒部峡谷下廊下の様に見える。
11:58
砂卡礑歩道入口
2016年01月31日 11:58撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:58
砂卡礑歩道入口
11:59
漫遊砂卡礑歩道案内板
2016年01月31日 11:59撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:59
漫遊砂卡礑歩道案内板
12:00
岩が覆いかぶさるように感じる砂卡礑歩道
2016年01月31日 12:00撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:00
岩が覆いかぶさるように感じる砂卡礑歩道
12:01
岩肌からは水がポタポタ落ちてくる。降雨後は雨具が必携かもしれない。
2016年01月31日 12:01撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:01
岩肌からは水がポタポタ落ちてくる。降雨後は雨具が必携かもしれない。
12:06
渓谷を望む
2016年01月31日 12:06撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:06
渓谷を望む
12:06
各所に休憩所がありハイカーの憩いの場になっている。
2016年01月31日 12:06撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:06
各所に休憩所がありハイカーの憩いの場になっている。
12:15
砂卡礑歩道は日本が統治していた時代に水力発電ダム建設のために作ったとのこと。
2016年01月31日 12:15撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:15
砂卡礑歩道は日本が統治していた時代に水力発電ダム建設のために作ったとのこと。
12:09
五間屋
コースの折り返し地点。お土産、軽食の販売有り。
2016年01月31日 12:19撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:09
五間屋
コースの折り返し地点。お土産、軽食の販売有り。
12:47
同じ道を戻る。入口の錦文橋が見えてきた。
2016年01月31日 12:47撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:47
同じ道を戻る。入口の錦文橋が見えてきた。

感想/記録

布洛灣から渓谷を下り長春祠、砂卡礑歩道散策。
大理石山肌に刻まれた太魯閣渓谷を歩いてきました。
燕子口〜天祥が落盤のため通行止めになっていて燕子口や九曲洞に行くことができず。せっかく日本からヘルメット持参しての訪問だったので残念でした。また来ないと。
訪問者数:108人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

廊下 崩落 ヘルメット 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ